昆虫の霊を信じますか? 私の知り合いは、昆虫の霊を部屋で動画撮影し…昆虫

昆虫に詳しい方よろしくお願いします。

昆虫に詳しい方よろしくお願いします。
今家の塀にアゲハチョウの幼虫がへばりついているのを発見したのですが、この寒さの中おいていても大丈夫でしょうか?もしサナギになろうとしているところだとヘタにさわると死んでしまうので、保護していいのか迷っています…でも幼虫のまま越冬はできないしまた雨にも当たるところなので、保護した方が良いですか?ちなみに今の季節で寒い日だと朝晩は2℃くらいになるところです。
昆虫に詳しい方よろしくお願いいたしますm(_ _)m

おはようございます。
時期的にはやや遅いですが、へばりついて動かないのであれば、蛹になろうとしているものと思います。
今から場所を移すと上手く蛹になれなくなる可能性が高いので、そのまま見守ってやってください。
雨に当る場所でも全く問題はありません。
おっしゃる通り幼虫のままでは越冬できません。
そのままその場で蛹になるものと考えます。
場所的に邪魔だとかであれば、蛹になってからの移動としてください。
以上、参考になれば幸いです。

昆虫の羽化について。

昆虫の羽化について。
5才になる息子が虫が大好きで、特に蛹から成虫に羽化するのを観察するのが楽しいらしく、カブトムシとアゲハ類の幼虫を飼育し、蛹から成虫に羽化するのを観察しました。
また、夕方に近所の公園にセミの幼虫を捕りに行き、セミの羽化も観察しました。
質問は、カブトムシ、クワガタ、アゲハ類(蝶)、以外で比較的簡単に幼虫から飼育し羽化を観察できる昆虫はいますか?(エサの入手が簡単な昆虫)トンボやホタルなど、幼虫の時に水の中にいる昆虫以外で。

アゲハ類には入りますがアオスジアゲハは飼ったことのない人が多いのとアゲハと見た目が全く違う蝶が出てくるので意外と新鮮では、餌はクスノキ(街路樹などに多い)、ただし怒らせるとアゲハ以上に臭い角を出すのと、幼虫期間は若干長いかもしれません。
飼い方はアゲハとほぼ同じなのでこの点では新鮮味に欠けますが。
他にすぐ近くにいない場合もある、卵で冬を越すなど若干面倒ですが、ヤママユガは、カイコより遙かに高級な糸が取れるので長野県では養殖されています。
ただし幼虫はアゲハの倍以上にバカでかくなるので蛾とということとダブルでお母さんが抵抗を感じるかもしれません。
でもカブトムシクワガタはもちろん、日本産の昆虫は大半が成虫になるのは年1回です。
鈴虫を挙げた方もいらっしゃいますがこれは涼を運ぶという点ではオススメですが、不完全変態なので普通の脱皮しか見れません。

カブトムシ・クワガタが無難ですかね。>カブトムシは簡単です。
今すぐオスとメスを買ってきて同じ容器に入れて(土を深さ10センチ~15センチ)二匹を入れておけば交尾して卵うみます。

カブトムシは2ヶ月の寿命なので、死んだら土を取り出して見てみると卵や、小さい幼虫がいたりもしますので、それらを移し替えて大きな容器に入れてマットも10~20L入れて3月まで暗くて涼しげなとこに放置です。

2~3月になったら中を見てみると大きな幼虫になってますので、それらを2Lのペットボトルに1匹ずつ入れて(マット10センチ以上)おけば
羽化も観察できます。基本ほかっておけば羽化しますのでカブトムシは簡単です。途中でいじったり触ったりすると羽化は失敗します。>スズムシとかは?僕は鳴く虫をたくさん飼育してますが、羽化の時は綺麗ですよ!マツムシです↓>

昆虫を幼虫から育てている方に質問です。

昆虫を幼虫から育てている方に質問です。
コバエ、ダニ、臭い、汚れを全く無く飼育する事は可能ですか?主人から室内飼育のお願いをされていますが、絶対に上記の害は許せません。
以前、室内でクワガタを飼育したところ、クワガタのオシッコ?が壁に沢山シミになり、結局私が全て処理しました。
完璧に今の衛生的な生活を保って、昆虫を室内で飼育する事は可能ですか?無理なら許可しません。

飼育ケースコバシャhttp://www.kingss.com/youhin/youhin2.htmもしくはスタックならばコバエは侵入できません。
ダニは難しいですね。
一番は冷やし虫家や温室のように別の大型の中に入れてしまえば、ダニは外に出ても遠くに行くとすぐに死んでしまうので、結構防げると思います。
臭いはゼリーの臭いなので、ゼリーを変えれば臭いもほぼなくなります。
実際自分は寝室で飼育していますが、臭いに関しては妻から苦情を言われたことはありません。
ちなみに多い時は室内で50頭以上飼育している時もあります。
少ない時でも30頭程度は飼育しています。
汚れは一番最初に書いたケースにすれば、ケース内部が汚れるだけです。
国産クワガタなら日が当たらない場所なら問題なく飼育できます。
今は減りましたが、多い時は150頭程度オオクワガタをベランダで飼育していました。
夏場ベランダは40℃程度温度が上がっていますが、死んだ個体はいません。

無理やな。旦那かわいそうやな。>「結局私が全て処理しました。」
この時点でやめさせた方がいいです。

あれこれ対策をすれば多少マシになります…が、ゼロにはなりません。
こまめな掃除が必要不可欠です。

奥様に掃除させている時点でご主人に任せれば不衛生な飼育環境になってしまうのは奥様が一番よくわかっているのではないでしょうか?

許可する前にきちんと管理するようにと約束させた方がいいです。

??対策??

昆虫ゼリーは始めいい匂いがしますが、時間が経つにつれ昆虫が好む「果物の発酵したような」臭いがするように作られている製品が多く、この匂いにつられてコバエが寄ってきます。
なので発酵臭がする前にゼリーを交換する必要があります。

また、コバエの侵入を防ぐには飼育ケースを「コバエシャッター」などのコバエの侵入を阻害する開口部が少ないタイプを使ったり、本体と蓋の間にフィルターを挟む必要があります。

私は100均で売られているレンジフードフィルター(換気扇のフィルター)を使っています。

これらを使用することでコバエの侵入や排泄物がケース外へと飛び散ることを防ぐことができます。
それに臭いも多少漏れにくくなります。

ケース内の床材にはヒノキのおがくずやハムスターマットを敷くといいです。
昆虫マットは腐植土なので、土っぽいようなカビっぽいような臭いがしますが、こちらはそういった臭いがしません。

それにコバエが侵入しても繁殖できない、ダニが寄りつきにくいなどの効果があります。
なにより昆虫マットよりも安いことと汚れ具合がわかりやすいのでので汚れたらすぐに交換できます。
霧吹きはしなくてOKです。
加湿するとカビが生えたり、床材やゼリーが腐りやすくなります。

餌皿も陶器やプラスチック製の物を使うといいです。
木製の餌皿は汚れ(臭い)やカビの温床です。
汚れた木製餌皿は洗ってもどうにもならないです。

産卵させるなどの理由でやむおえず昆虫マットを敷く場合、マット天日干しにして徹底的に乾燥させてから使うぶんだけ取り分けて加水して下さい。
乾燥させる事で製造中に侵入したコバエの幼虫やダニを死滅させることができます。

参考になれば幸いです。>①コバエ?可能
②ダニ?不可能
③臭い?不可能
④カビ等?不可能
私の飼育経験です。>餌やマットをマメに交換して、シートを使いコバエの侵入を阻めば気にならないレベルまで抑えることは出来ます(我家も室内飼育です)。

全くの0となると難しいですが(とくにダニ)、上記のことをしっかりおこなえば、生活で不快に思うことはないです。

気になる点として、壁に排泄物?ケースで飼育すればまずあり得ない話しですが。>一般的な虫かご(透明のケースに青や緑のフタがついたもの)に、ヒノキなどの針葉樹で出来たマット、最後にフタとケースの間に新聞紙などを挟めば、絶対に防げる訳ではないですが、ダニ、コバエ、汚れや臭いをかなり抑えられ衛生的に飼育出来ます。

新聞紙を専用のコバエよけシートに、マットをダニ防止用のものにすれば、さらに良いかと思います!>

食糧危機と昆虫食の質問です

食糧危機と昆虫食の質問です山間部における蛋白源として古くから昆虫食が行われています。
私の経験からセミの幼虫は、から揚げ・燻製で食べると美味しいです。
ハチの子も乾煎りするとトウモロコシのようで美味しいです。
イナゴ・ザザムシ・カイコなどは佃煮で味付け次第でおかずになります。
今までいろいろな国で、から揚げにした昆虫やアリのスープまた、香辛料としてタガメなどを食べてきました。
今後、食糧難になった場合、繁殖させて蛋白源になる昆虫として何が有望でしょうか?まじめに答えて頂けたらと思います。

コオロギが一番有望ではないかと考えます。
実際にすでにラオスなどでは養殖したコオロギがスーパーマーケットやレストランなどで供されています。
なんといってもコオロギは味が良いのでラオスでは老若男女問わず大人気です。
私もビールのお供にはコオロギが一番だと思います。
あとはハエの幼虫(蛆ですね)も養殖しやすいですね。
無菌環境で育てれば病気を媒介することもないし、十分にえさを与えれば種類によってはかなり大きくなるので、食料としてとても有望だと思います。
ハエの蛆だと思うと、さすがの私も食べるのを少々躊躇しますが、イタリアには蛆入りチーズがあるし、中国ではかなりの規模で養殖がおこなわれているようです。
上記2種は屋内での養殖が可能なことも有利な点です。
その幼虫や蛹を食用とするツムギアリも、環境さえ整えてやれば狭い野外面積でかなりの量の養殖が可能だと思います。
女王アリを殺さずに残すことで、自然状態での累代飼育がおこなえることも利点です。
食用昆虫の養殖とともに、自然養殖に適した環境を残す努力もしたいものです。

誰でも飼えるクワガタやカブトムシの幼虫はどうですかね・・・
ちょっとかわいそうなのですが・・・
餌の腐葉土や朽木は森や林にいけばすぐ手に入りますし。
あとはコオロギ
ちょっと食べにくいかもしれませんが、雑食性なので餌として特定のものがなくなってもほかで代用できるので楽なのではないかと>養殖するなら蚕(かいこ)がいいんじゃないでしょうか…
絹の生産で蚕の養殖技術は確立されているでしょうから初期投資も少なくすむと思います。>

昆虫の人生について。
?

昆虫の人生について。
?昆虫は、お花畑の中で人生を過ごし、うらやましい。
好きな人ができても、お花畑の中で、一生一緒に居ることができる。
生まれ変わったら私は昆虫がいい。
質問です^∀^生まれ変わりがあるのなら、みんなは、何の昆虫がいいですか??回答宜しくお願いします。
? ^∀^補足あ(;゜゜)昆虫、脳がなかった(;゜゜)

ごきぶり今と同じ家に住む。
勝手がわかっているから、住みやすいと思う。
ご近所のことも知っているから、上がりこんじゃう。
ふ・ふ・ふ・・・

回答ありがとうございます。

あはは^∀^
そうですね^∀^

>

ゲンゴロウは昆虫ですか?

ゲンゴロウは昆虫ですか?

昆虫で甲虫やがな。
ヤバいんでねえか?ベストアンサーください

昆虫の霊を信じますか?

昆虫の霊を信じますか?私の知り合いは、昆虫の霊を部屋で動画撮影してます。
ユーチューブで昆虫の霊と打てば出ますよ。
昆虫の霊なんて嘘だと思う人いますか?

私は信じます。
全ての存在は霊的存在なわけですから昆虫の霊体というものもあるはあるかと思います。
ただ、その昆虫が死んだ場合は別だと思います。
しばらくの間は物質界周辺にもいられる場合もあるかもしれませんが、通常は速やかにその種の類魂に埋没していって個というものをなくしていくみたいです。
ですから、昆虫の幽霊というものがうろついているという事は滅多にはない現象みたいです。
念のため霊・霊界の実在に関する科学的な資料の方も紹介はしておきますのでご興味がおありでしたらどうぞご覧になられてみて下さい。
本来のスピリチュアリズムとは霊・心霊現象の実在を科学的に研究するものでした。
1848年のアメリカのハイズビル事件から本格的な研究が始まったのですが、これらの研究に参加された科学者や有識者のほとんど全員が否定論者の方達で、霊の実在の否定の為に研究・調査に入ったのですが、真面目に取り組まれた方の全員が逆に肯定論者になられていきました。
このあたり(歴史・概況・内容など)を以下のサイトで詳しく説明されており、スピリチュアリズムの良書も無料で読めるようになっています。
スピリチュアリズム普及会第3公式サイトは心霊現象・超常現象・霊能者に関する総合サイトになっています http://sp-phenomena.in.coocan.jp/他には各種スピリチュアリズムの良書が無料で読める第2公式サイト、総合サイトの第1公式サイトもあります。
スピリチュアリズム関係のサイトもたくさんありますが、ここは宗教色が全くなく、サークルとして人間の募集なども一切やっていませんから(かえって断っている)安心して利用できるサイトだと思います。
なにしろ、良書が無料で読めますから。
他のサイトとしましては自殺防止がメインのサイトですがたくさんの良書が無料で読める(必要箇所の抜粋です)以下のサイトも便利です。
http://jisatsudame.com/archives/6244007.html書籍自体に関してですが、一応、スピリチュアリズムでは潮文社、ハート出版が有名な出版社です。
おすすめ出来る書籍としましては「コナン・ドイルの心霊学」「古代霊は語る」潮文社があります。
それから、中立の立場の米国の著名サイエンスライターのデボラ・ブラム氏の「幽霊を捕まえようとした科学者たち」文春文庫や「これが心霊の世界だ」潮文社などの書籍は心霊現象の証拠関係をお望みの方にはいいかもしれません。
また、日本には公益財団法人で日本心霊科学協会という研究団体も存在しています。
精神統一会や心霊相談も行っているみたいです。
近年の状況ですが、ここ数年評判になっている、東京大学医学部矢作直樹教授、脳神経外科の世界的権威エベン・アレクサンダー医師の事も紹介してある以下のサイトも一見の価値があるかと思います。
http://matome.naver.jp/odai/2141860488595335701?page=2これらの資料を検討されて最終的にご自分で判断されるのが一番だと思い、サイトと書籍の紹介をさせていただきました。
書籍は図書館や古本を利用されるのもいいかもしれません。
蛇足ですが、「幽霊を捕まえようとした科学者たち」に書かれてあるように100年前と同じように科学者の方達が中心になられまして心霊物理実験(物体の消失、移動、大勢の方の前での幽霊の現出実験など)を公開で研究していただけるといいのですが、と考えております。
長文になりましたが何かの参考になれば幸いです。

何?動画再生数でも上げたいの?w>虫の霊はいますが、心霊と同じで動画や写真で撮れるものではないと思いますよ。撮れたのであれば光学的なものだと思います。それから、霊は次元が違うのと周波数を合わせるので、誰でも見れるわけではないですよ。>別に俺は霊を信じとるんで昆虫の霊がおっても不思議ではないとおもいます!>