生物の質問です。 光合成によって、134.4リットルの酸素が生じた場合…水の生物

水を飲むって本来は、のどが渇くから、飲むんですよね?

水を飲むって本来は、のどが渇くから、飲むんですよね?喫茶の習慣や、コーラなどに、飲料としての役割の違いはありますか?温かい煎茶を飲むとかファーストフード店で冷たいコーラを飲むとか・・・スポーツの後、スポーツ飲料飲むとかカフェでコーヒーを飲むとかのどが渇くからガブガブ、清涼飲料水を飲むとか贅沢なのでしょうか?

全ての生物は適切に水分を補給しなければ生きていけません。
喉が渇くのは水分が足りなくなったサインのひとつですが、必ずしも喉が渇いた感じがしなくても水分を摂った方がいい場合もあれば、病気や薬の影響で水分自体は足りているのに喉が乾く といったこともあります。
清涼飲料やお茶、コーヒーは嗜好品という一面もあるので、必ずしもそれでなくてもよいという意味では贅沢かも知れませんが、スポーツ飲料に関しては発汗により失われたミネラル分やエネルギーを補うという目的があり、本当に消耗している時に水だけ飲むとかえって体調が悪化する場合もあります。
また、喉が渇くからと清涼飲料をがぶ飲みすると体内の血糖値が急激に上昇して、ますます喉が渇く感じがするという悪循環に陥り、肥満の原因になったり最悪の場合糖尿病になったりします。
これはペットボトル症候群と呼ばれ、アメリカでは深刻な社会問題となっています。

食塩水中の水分子とナトリウムイオンと塩化物イオンの粒子の大きさは、塩化物Cl?イ…

食塩水中の水分子とナトリウムイオンと塩化物イオンの粒子の大きさは、塩化物Cl?イオン>ナトリウムNa+イオン>水H2O分子でよろしいですか?「生物」で半透膜の勉強してます。
セロハン膜はNaClには半透膜として適さない理由を考えてます。

塩化物Cl?イオン>ナトリウムNa+イオン>水H2O分子で正しいですが、セロハン膜はNaClには半透膜として適さない理由として、セロハンが、Cl-Na+水のいずれも通してしまうのでしたら、セロフアンの穴は、Cl-よりも、大きいということなので、関係ないですよ。

イオン半径(ポーリング)と水分子のファンデルワールス半径を比べるなら

Cl- > H2O > Na+
ダナ

水溶液中なので、Na+とCl-は水和イオンとして振る舞うと考えるなら
水和イオン半径=ストークス半径かな、なら

Na+ > H2O > Cl-
ダナ>

進化過程でアメーバから(後に人に成る)猿の中間時代の生物名または学名をご存知の…

進化過程でアメーバから(後に人に成る)猿の中間時代の生物名または学名をご存知の方、教えて頂けますか?補足名称が分からなければ大雑な形状や特徴だけでも結構です

アメーバは現代の生物であり、ヒトの祖先ではありません。
ヒトの祖先は、最近の数種を除き、ほぼ全て未発見であり、名前はありません。
代わりに、ヒトの祖先から分岐した生物の名前を並べると、次のようになります。
このいずれも、ヒトの祖先「ではない」ことに注意してください。
なお、分岐の順番や回数について細部は諸説あります。
一例としてご覧ください。
・アメーボゾア(各種アメーバ 他)・ブレビアータ・アプソモナス類・ホロミコタ(真菌 他)・テレトスポレア・フィラステレア・襟鞭毛虫・海綿動物(カイメン)・有櫛動物・平板動物(センモウヒラムシ)・棘皮動物(ふつうのクラゲ類、サンゴ 他)・珍無腸動物・前口動物(節足動物、軟体動物 他)・水腔動物(棘皮動物、半索動物)・頭索動物(ナメクジウオ)・尾索動物(ホヤ 他)・ヌタウナギ類・ヤツメウナギ類・軟骨魚類(サメ、エイ 他)・条鰭類(ふつうの魚類)・シーラカンス類・ハイギョ・ケニクチス・リゾドン類・カノウィンドラ科・オステオレピス類・トリスチコプテルス科・ティニラウ・プラティセファリクチス・パンデリクチス・エルピストステガ科・エルギネルペトン・ヴェンタステガ・アカントステガ・イクチオステガ・ワットチアリア科・コロステウス科・クラッシギリヌス・バフェテス科・分椎類(現生両生類 他)・シームリア類・ディアデクテス類・竜弓類(爬虫類、鳥類 他)・カセアサウルス類・ラントドン・エダフォサウルス科・ハプトドゥス・パンテロサウルス・スフェナコドン科・テトラケラトプス・ビアルモスクス類・ディノケファルス類・異歯類・ゴルゴノプス類・テロケファルス類・カラッソグナトゥス・ドヴィニア(類)・キノサウルス・ガレサウルス(類)・トリナクソドン(類)・プラティクラニエルス・キノグナトゥス類・ルムクイア・エクテニニオン・キニクオドン(類)・プロバイノグナトゥス・トルキドキノドン・テリオヘルペトン・トリテレドン科・バラシロドン科・トリティロドン科・シノコノドン・アデロバシレウス・モルガヌコドン(類)・ハルダノドン(類)・ハドロコディウム・アウストラロスフェニック類(単孔類 他)・フルイタフォッソル・真三錐歯類・異獣類・相称歯類・ドリオレステス(類)・アンフィテリウム(類)・ヴィンセレステス・ナノレステス・アエギアロドン・後獣類(有袋類 他)・アトラントジェナータ(ゾウ、ナマケモノ 他)・ローラシアテリア(有蹄類、食肉類 他)・グリレス型類(齧歯類、ウサギ 他)・皮翼類(ヒヨケザル)・プレシアダピス類・原猿類・メガネザル類・広鼻猿類(新世界猿)・オナガザル科(旧世界猿)・テナガザル科・オランウータン亜科・ゴリラ族・チンパンジー属(パン属)

幅が広すぎませんか?
Dickinsoniaとかでよきですか?>

ポケモンは、水タイプに対して電気タイプは効果抜群ですよね。

ポケモンは、水タイプに対して電気タイプは効果抜群ですよね。
でも、理科で言う純粋な水は、電気を通しません。
では、水ポケモンの出している水は海水なのでしょうか。
それとも水酸化ナトリウム水溶液とか?

水ポケモンの身体は純水だけで作られてるのか…?普通の生物の体内にある水はいろいろなものが溶けてるので、別に海水や水酸化ナトリウム液じゃなくても電気を通そうと思えば通るよ。
可能性としては、その体液の組成が他のタイプのポケモンより電気を通しやすい組成になってるのか。
あるいは、たとえば人間では皮膚が濡れていると格段に電気を通しやすくなる。
http://www.kyushu-qdh.jp/public/howto_electlic_shock.html水ポケモンは常に体表が濡れていて、それで電気が通りやすくなっている…という可能性もあるかもしれない。

水たまりの中で見つけた生物の名前を教えてください。

水たまりの中で見つけた生物の名前を教えてください。
近所に水が溜まっている石臼のようなものがあるのですが、その中にタニシやボウフラに混ざって見慣れない生物がいました。
最初はイモムシが誤って水に転落してしまったのかと思いましたが、それにしては数が多すぎる上、どうも様子が違います。
・体長は1~2cmほど(尻尾除く)・体色は緑と茶色の中間のような感じ、体内の白い筋?が透けて見える・体はイモムシっぽいが顔にあたる部分が見当たらず(ミミズのような感じ)・尻の部分から、体より少し長い程度の細い尻尾のような物が生えている・体をくねらせて泳ぐ(溺れている様にしか見えない)ユムシに似ているような気がしたのですが、改めてユムシの画像を検索してみたところ全く似ていませんでした。
一体コイツは何という生物なのでしょうか?

通称オナガウジハナアブの幼虫だと思います。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%AA%E…

カメの水槽の水の中に、小さな生物がいて悩んでいます・・・。

カメの水槽の水の中に、小さな生物がいて悩んでいます・・・。
屋外に樹脂製の水槽を置いて長年クサガメを飼っています。
水が濁ってきたので換えようと覗いてみると、小さな生物が複数いるのを発見しました。
体長は3ミリ~5ミリくらい、頭部が大きく、尻尾の先は細く2つに割れています。
色は茶色っぽい印象で、足は確認できません。
胴体はなんとなくトゲトゲしたもので覆われています。
頭を上にして水面に浮いているんですが、すくい上げようとすると、スッと水中の砂利の方へ潜ってしまいます。
かなり反応が早く、俊敏です。
潜る際の動きは胴体を素早くくねくねさせていました。
またしばらく観察していると水面に上がってきます。
小さいのと大きめのがいて、水の中で増えているのかもしれません。
これはいったい何でしょうか・・・?何かの幼虫でしょうか?画像を撮ろうとしたのですが、うまく行きませんでした。
じっくり観察できなかったんですが、見た感じのイメージ、印象をヘタな絵に描いてみました。
あくまでもイメージです・・・。
水が汚くなってくると出てくる気がします。
害があるのか心配です。
どうしたら良いかご存じの方、アドバイスをお願いできれば幸いです。
補足すみません!画像がウマく掲載できなかったので、URLを載せておきます。
https://yahoo.jp/box/wRbhxlあくまでも、イメージで描いたヘタなスケッチです・・・。

絵が見れないのであれですが、そのような形状で、水が汚くなると出てくるということはボウフラではないでしょうか?蚊の幼虫です。
もしそうでしたら 放置せずに水を取り替えましょう。
そこから蚊が発生します。
夏場は湧きやすいので、頻繁な水換えをお勧めします。

ご回答、ありがとうございます!

画像検索をした結果、
間違いなくボウフラでした・・・。

早々に対策をとろうと思います!!>絵が無いので分かりませんが、カブトエビかホウネンエビ、カイエビあたりじゃないですかね。>

水の共役酸であるH3O^(+)(オキソニウムイオン)のpKaを求めよ。

水の共役酸であるH3O^(+)(オキソニウムイオン)のpKaを求めよ。
生物無機化学考え方を教えてください。

H3O^+ ⇔ H^+ + H2O解離により生じた H^+ は他の水分子と結合して再び H3O^+ となる故に [H3O^+]=[H^+] と云へるだらう。
酸解離定数:Ka=[H^+][H2O]/[H3O^+]=[H2O]酸解離指数:pKa=-log(Ka)=-log([H2O])≒-log(1000/18)=-1.74

微生物について

微生物について微生物について質問させていただきます。
ここで言う微生物とは、アオミドロやミドリムシ等の水の中の生物です。
水の中の微生物は、どこの何に多く生息しているんですか?例えば、「田んぼから流れる水路に流れている葉っぱ」のように具体的に教えてください。

見るからに緑な池や湖ならどこ取ってもいますよ。
藻類が多くなっちゃうと思いますが。
ミジンコとかなら田んぼの土と水の境界辺りを、土と一緒にとるといます。

生物 細菌類の炭酸同化についてです。

生物 細菌類の炭酸同化についてです。
緑色硫黄細菌や紅色硫黄細菌は、バクテリオクロロフィルと、光化学系Ⅰか光化学系Ⅱのどちらかを持ち、普通の植物ではH2Oを使うところを、代わりにH2Sを使って光合成を行うのです…が…理由がよくわかりません(>_<)どうしてH2Oじゃだめなのでしょうか??教えてくださいm(._.)m

答えになるかどうかわかりませんが緑色硫黄細菌、紅色硫黄細菌は嫌気性細菌なので酸素が苦手です。
酸素は反応性の高い物質である生物にとっては毒となりますが水素源として水を使えば酸素が発生してしまいます。
とはいえこの説明では本末転倒で光合成細菌として進化した時にあらゆる水素源の中から硫化水素を選択し、他の細菌が生育できない、酸素が少なく硫化水素が多い環境で生き残ることができた細菌であるということでしょう。
適者生存ですね。

生物の質問です。

生物の質問です。
光合成によって、134.4リットルの酸素が生じた場合、グルコース(C6H12O6)は何g生産されたか。
原子量はC=12.H=1.O=16として、小数第一位を四捨五入せよ。
という問いの解答の導く過程を教えてくださいm(_ _)m答は、180gです。

おそらく気体の体積を示しているということは、この酸素は標準状態の気体であるという前提条件で順序立ててお答えします。
問1標準状態の気体は1molで22.4lなので134.4lの酸素は何モルになるか?問2光合成の反応式は6二酸化炭素 + 12水 → 1グルコース + 6水 + 6酸素なので酸素が問1の量の時、グルコースは何モルになるか?問3グルコースの原子量はいくらか?C×6+H×12+O×6問2で求めたグルコースのモル数を問3のグルコースの分子量でかけると、光合成で合成されたグルコースの重さになります。
この問題を順番に解けば答えになりますよ。

①134.4Lの酸素が(標準状態ですよね)何molかを求めます
→6molです

②光合成の反応式はわかりますよね?

③反応式から6molの酸素を生じる時に
グルコースは何molかを求めます
→1molです

④分子量から計算し、1molのグルコースが
何gになるかを計算します。
→180gです

どの段階でわからないか教えてくだされば
補足しますね>微分しようねまずは!>