蒸発した水蒸気には微生物は含まれないと教えてもらったのですが 例え…水の生物

水の色と温度の関係について自由研究をしています。

水の色と温度の関係について自由研究をしています。
この自由研究の動機が思い浮かばないのですがどう書いたらいいと重いますか?

思いついた動機がわからない?ではどうやって自由研究のテーマを考えたのですか。
ようするに、自由研究の「きっかけ」を忘れたって事?例えばテレビで海の中の生物を放映していたのを観て思いついたとか、雑誌なんかに取上げられていた記事を読んだからとか、思い出せないかな。
それとも、自由研究の内容をどう表現すれば良いのかを質問したの?であるならば表現としては、なぜ深くなると水の色が変化するのか(海中に太陽光線が入ると、青以外の色は吸収されてしまい、青い光だけが海中に浮遊する微粒子に当たって跳ね返るため、青く見える)から考えを発展させ、太陽熱が深い方へ浸透していにつれて熱エネルギーが分散されて温度が低下していく。
様にまとめていけば良いのでは。
簡単に書いたけれど、もっと色々考えてごらん。

山か海に行って、水に入ったときに深くて色の濃いところと浅くて色の薄いところの温度の違いを感じた、とか?
ダイビングをやっていると、深くて濃い青の海が冷たく感じます>

アクアシュシュという電解次亜水の生成器。
効果のほどはいかに?実感している方は…

アクアシュシュという電解次亜水の生成器。
効果のほどはいかに?実感している方はいますか?ヒロセ電機というメーカーさんが製造している電解次亜水生成器について質問です。
昨年購入、12月~3月くらいノロウイルスなどの流行期のみ使用しました。
アクアシュシュという製品ですが、実際に使ったことがある方でどんなふうに効果を実感しているか教えていただけますか?我が家では帰宅後によ~く手洗いうがいをして手にシュッとスプレーしていました。
(食塩が入っているのでなんとなくドアノブとかに使う勇気はなかった)その効果なのかどうかはわかりませんが、子供も胃腸炎やインフルエンザにはならずに過ごしました。
アクアシュシュの商品説明には下記のように記載はあったのですが、そういう効果って目に見えないものなんでイマイチ実感が湧かないというか、私が疑り深いというか・・・~電解次亜水による除菌効果~ 腸炎ビブリオ(250000個→30秒後検出限界以下に)サルモネラ菌(450000個→30秒後検出限界以下に) 黄色ブドウ球菌(440000個→30秒後検出限界以下に) 大腸菌(580000個→30秒後検出限界以下に)セレウス菌(150000個→30秒後検出限界以下に)カンピロバクター(880000個→30秒後検出限界以下に) 黒カビ(120000個→1分後検出限界以下に) O-157(490000個→30秒後0個に)A型インフルエンザウィルス(1800000個→30秒後0個に)アクアシュシュの商品説明の所から抜粋↑↑なんでそんなに効果が高いものが食塩と水だけでできるのかも不思議だし・・・以前勤務していた保育園では高額な生成器を使っていると園長が自慢していたので、アクアシュシュのような安価なものでも効果があるのかと、考えれば考えるほど疑問に感じてきてしまい質問させていただきました。
電解する仕組みはなんだか難しそうなんで今回はおいといて(笑)おなじような商品を作っているメーカーさんの方だったり、また同じような価格帯の電解次亜水生成器を使っている方に回答いただけると嬉しいです。

職場で「超高価な」方の生成器は使っています。
面倒な理屈は置いといて、食塩水を電解してできるものは、塩素系漂白剤と同等です。
これはとっても簡単に作れるし(塩素系漂白剤はとっても安価に売っていますよね)殺菌力はとても強力です。
そのかわり蛋白質を溶かすので、人体に直接使うのも安全とは言えません。
手に付けてこすり合わせるとちょっとヌルッとした感じがしませんか? あれは皮膚の蛋白質が溶けているのです。
市販品は安全上問題無い程度の濃度のものですし、塩素自体はプールや水道水の殺菌にも使われている位ですが、一方アトピーの患者さんなどから目の敵にされる成分でもあります。
塩素は安いし取り扱いも簡単で、利点もあるけど困った作用もある物質で、一長一短があるという事ですね。
保育園で使われていたのは水そのものを電解水にする装置でしょう。
これは医療機器の洗浄にも使われるくらいで強い殺菌作用があるけど急速に効力を失う性質があって、害が出にくいものです。
細菌も生物なので殺菌作用とは多かれ少なかれ人体にも有害な訳で、細菌には強くて人体に影響が出にくいモノという事で多く出回るようになりました。
機器が高価になってしまうのが欠点ですが。

生物バイオ系の大学生です。

生物バイオ系の大学生です。
組織培養の際、次亜塩素酸を希釈、界面活性剤を入れた溶液で殺菌を行います。

例えばCl濃度が5%の次亜素を使ってCl濃度0.5%の溶液を作るなら1Lの水に100mlの次亜素を入れてできた溶液の体積が1.1Lになりますよね?この殺菌溶液の界面活性剤の濃度が0.1%と記されていたとき、これは水1000mlに対して0.1%の濃度と考えて良いんでしょうか?それとも1100mlに対する0.1%濃度と考えるのが普通ですか?論文を読んでいて疑問に思って質問しました。
詳しい方よろしくお願いします。

〉できた溶液の体積が1.1Lになりますよね?厳密にはそのような希釈では濃度が十分の一にはなりませんので、水900mLに原液100mLをいれます。
濃度は液量には影響しません。
1mLでも1Lでも0.1%溶液の濃度は0.1%です。

新課程の生物基礎を選択している文系です。
旧課程のセンター生物のある問題(以下に…

新課程の生物基礎を選択している文系です。
旧課程のセンター生物のある問題(以下にURLがあります)を解きましたところ、「浸透圧」と「濃度勾配に逆らう」の違いがわかりませんでした。
わかりやすく教えてくれませんか?浸透圧も低濃度から高濃度へ水が移動しますよね。
http://ameblo.jp/centerseibutu/entry-11015075963.htm

リンクが切れていて、問題を見れませんでしたが、できる限り。
新課程の生物では「浸透圧」をあまり扱わなくなりました。
質問者さんはそれでもよく勉強されているようですね。
浸透圧:半透膜を通して「水が」浸透する圧力。
薄い方から濃い方へ水が移動する。
例 ナメクジに塩をかけると、膜の外側が塩で濃くなり、体内から「水が」体外へ浸透し、縮んでしまう。
能動輸送:細胞膜にある輸送タンパク質がエネルギーを利用して、 「物質が」輸送される。
濃度に逆らってでも輸送される。
浸透圧と、能動輸送、質問者さんのおっしゃる通り、両方とも膜を通して物質が移動します。
ただし、浸透圧では「水が」移動し、能動輸送では、「物質が」移動します。
ちょっと主語が違いますね。

溶媒ではなく溶質で考えて下さい。
水は溶媒です。>

生物基礎の問題です。

生物基礎の問題です。
アサリやハマグリなどの二枚貝には、赤潮の発生を防ぐはたらきがある。
その仕組みを簡単に教えて下さい!m(__)m

http://www.pref.kagawa.jp/suisanshiken/akashiwo/faq/a.htm↓「水中で1種類からから数種類のとても小さい生物(主に植物プランクトン)がものすごく増えて、海の水の色が変わることを『赤潮』といいます。
」https://www.zengyoren.or.jp/ninaite/kouryu/download.php?docid=90↓「タイラギ、アサリなどの二枚貝はプランクトンを餌として成長する。
従って、二枚貝資源が豊富な頃には、珪藻赤潮の発生が二枚貝によって、ある程度押さえられていたと思われる。

あ、そうなんだぁ~!(・o・)>

生命が誕生するための条件は何ですか。
水以外で教えてください。

生命が誕生するための条件は何ですか。
水以外で教えてください。

今の生物学では水が必須であるかどうかも分かっていないくらいですから、他の条件についても当然わかっていません。
生命を人工的に発生させることができるようになれば、そこから条件を絞っていくことが可能になるでしょう。
現時点では無理です。
たとえば地球で過去に一度発生したことがあるからと言って、地球の環境が条件になるとは限りません。
実際その後の40億年の間には一度も発生していないので、地球の環境では生命は発生できないとも言えます。
今地球にいる生物の一番最初の1匹がどうやって生まれたか、については様々な仮説と実験の繰り返しにより、だいぶ条件が絞られてきています。
地底深くで合成された有機材料がプレートテクトニクスで運ばれるうちに選択され、海底の熱水噴出孔付近で生命が生まれたという説が有力です。
だから我々の先祖の話に限って言うなら、水、有機化合物、地球のプレートテクトニクス(熱水の熱源を含む)が必要条件と言えるかも知れません。
しかしこれが十分条件ではないことは、その後一度も生まれてこないことからわかります。
「こういう条件を整えれば生命が生まれる」という十分条件は、まだ何もわかっていません。

なお、下の回答者(galgalwishというオカルト信者)が書いている人工細菌というのは、既存の細菌に、人間が別の既存の細菌(大腸菌)を使って合成したゲノム(遺伝子)を組み込んで新たな生命活動を行うようになった細菌のことです。

人間の歯を総入歯に取り替えたからと言って「新たに人間を作った」ことにはならないのと同様、この人工細菌は「新たに誕生した細菌」ではありませんから、あなたの質問とは全く関係ないものです。(人工細菌そのものは遺伝子工学上の重要な研究成果です。)

このように、質問と無関係なことを意味不明な文章と共にダラダラ書くだけの無知で非論理的なオカルト信者が知恵袋にはいるので、気をつけて下さい。>とある記事で見ましたが…

生命体の発生には、その基礎となる物質と。始まりのエンジンをかけると言った表現はおかしいかも?知れませんが。《雷》が大きく絡んでいる様子でした。>>生命が誕生するための条件は何ですか。
>水以外で教えてください。

憶測ではなく、人工細菌が出来ているので
その条件で 回答します

①彗星起源説の L型アミノ酸(細菌のエサ)と海
(大気と 雷と -200度以下)

②短鎖のDNAは ビーズ分子と 反応試薬で出来た
(太古の地球には 存在しない)

③遺伝子組み換えをした創造主
(人工細菌の場合は 人間)

/
★神がいるってなんの根拠もないことを何故信じてる?

補足
追加質問

(3)生命の起源(古細菌)は

① 自然発生か?
② 創造か?

(4)ドーキンスはこう言った
『唯一絶対神ならば 無駄なものは作らない』

ネアンデルタール人は絶滅していて 無駄

では ネアンデルタール人は

①進化論の 進化?
②キリスト教正統派の 唯一絶対神が創造?
③原始キリスト教の エロヒム(多神)が創造?

番号で選んで、理由を説明下さい
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121850395…

mayomayo3age
■(3)生命の起源(古細菌)は

② 創造
//
資料A
galgalwish 2018/1/2108:15:40より

生物は 自然発生しません

短鎖のDNAは ビーズ分子と反応試薬で出来た

これで染色体の1本を作って
酵母のと組み換え 自然界には存在しない
人工酵母を作った

さらにこれで細菌の核を取り換え、
自然界には存在しない 人工細菌を作った

これらは 太古の地球には 存在しません!

作ったのは 人間

創造主が造らないと 細菌は存在しない

さらに細菌ができても 進化しない
//

■(4)ネアンデルタール人は

③原始キリスト教の エロヒム(多神)が創造

創造主が 複数なので アダムも複数

///
資料A
galgalwish 2018/1/2110:43:05より

オマケ
現生人類の祖先は いない・・創造です

mtDNA解析で
ネアンデルタール人、デニソワ人、
ホモ・ハイデルベルク、ホモ・フローレシエンシス
などには 1個も無かったので
現生人類の祖先ではないと鑑定

系統が途切れているので 原人や猿人も
中間化石ではナイ!

祖先がいないので 進化は否定
///

ヒトゲノム・デバッグ
ヒトに含まれた細菌の遺伝子 とも矛盾しない

唯一絶対神では ネアンデルタール人が
絶滅していて 無駄

神はまた言われた、「われわれのかたちに、
われわれにかたどって人を造り、
これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、
地のすべての獣と地のすべての這うものとを治めさせよう」。
(創世記1章26節)とも矛盾しないので
創造主 存在の証明
/


水、有機化合物、プレートテクトニクスでは
L型アミノ酸すら出来ない

まず細菌のエサが必要

-200度以下の環境

次に DNA

ユーレイ・ミラー流の化学進化説
(RNAワールド仮説など)は
太古の地球大気ではなかった

そこで酸化的ガスで実験し直した所、
生成するアミノ酸が激減、
ドロドロしたものしか出来なかった

短鎖のDNAは人工合成出来ている
(太古の地球には 存在しない)

生命の起源は 地球外と分かります

古細菌は進化で増えたのではない
/
原初の原核細胞などはどのように生命の危機や
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121844955…

原核生物(古細菌)は突然変異でDNAを獲得ではなく、
バクテリオファージがDNAを注入です(画像)

バクテリオファージをばら撒くとは
パンスペルミア説で 創造

T4ファージーは出鱈目に
相手を選んでいるのではなく、
ファージーの種類によって
DNAを注入する細菌が決まっています
/>あなたがいることです。・・>結合と分離
それをするための元素の存在
性質を変える温度差、放射線量
そして必ず元素同士が数多く接触できる環境
触れ合えなければ結合も分離も進まない。
一番大事なのはいろんな元素が動ける環境でそれが動いていること。
大気も水も大地も動けるものが動くことで混入し撹拌し接触し合い反応し合う。>正確にはわかっていない。実際に実験できないし、確認もできないので。
地球にはいて他の惑星にいないと言う点から、いくつか条件は挙げられる。
分厚すぎず薄すぎない大気
暑すぎず寒すぎない温度
適度な重力
適度な自転と公転
頻繁に天体衝突がない
大まかにはこんなところ。

>しかしこれが十分条件ではないことは、その後一度も生まれてこないことからわかります。

この人生物学には疎いようで。そんなこと言っている生物学者はたぶん一人もいない。この人の根拠のないアイデアです、これは。
すでに生物が蔓延している状態で原始生物が誕生してもあっという間に既存の生物に食われていなくなるだけです。一度も生まれないのと、生まれた後から食われていなくなるのとでは全然意味が違う。それが全くわかっていません。>

ほたるの幼虫はどんなかたち

ほたるの幼虫はどんなかたち以前山肌で春の寒い時期に幼虫が蛍の成虫と同じに光っているのを観た記憶があります。
浅黒い幼虫は本当だったのか気になっています。
生物の先生は蛍の幼虫と言われましたが・・・

ホタルの類には、幼虫が水の中で成長する水生と、幼虫が水を必要としない陸生が居ます。
ホタルで、幼虫が水生なのは数種で、大半は幼虫が陸生です。
陸生のホタルの場合は、近くに川など水辺がなくても見かけられます。
ご覧になったのは陸生の幼虫ではないでしょうか。
光る間隔や、光の強さに違いが見られたりします。
幼虫も光ったりします。
例えば、オオマドボタルhttp://www5b.biglobe.ne.jp/~maeda/zach/obabotaru.htmlハラアカマドボタル(サキシママドボタル)http://www015.upp.so-net.ne.jp/udataka/page_thumb73.htmlクロマドボタルhttp://www015.upp.so-net.ne.jp/udataka/page_thumb9.html

ウーパールーパーを飼い始めて1週間ほどたちました。
お風呂の水が腐ったような匂い…

ウーパールーパーを飼い始めて1週間ほどたちました。
お風呂の水が腐ったような匂いがします(水槽の水)これは何か対策できないのでしょうか?その他、餌や水換え、掃除、水槽の掃除などの間隔や細かいやり方を教えてください!あと、寒さからかぐったりしています(水温14度ぐらい)その他ご指摘も合わせてお聞きします。
回答待ってます!お願い致します。

えっとですね・・・水替えは毎日から2日に一度はやってくださいウパは水質の悪化が命取りになる病気に簡単にかかりますからもし水量が多い(スイスイ泳げるスペースがある)場合は、週1でもいいので、とりあえず水をともかく綺麗に保ってくださいぐったりしているのは、水の中の酸素が微生物の増加で激減しているためで、酸欠になっています。
水温は多少上げても良いと思いますが、まずは水です。

ウーパールーパー5匹飼ってます。水替えは定期的にしないと確かに臭いです。水槽もヌルヌルになるのでスポンジで隅々まで綺麗に洗います。冬場より夏場のが飼いにくいです。ウパは寒さに強く暑さに弱い生き物なので…。30cm越えのウパ達はウンチも大きいので水替えは気を付けてます。>ウーパールーパーは低温のほうがいいですよ。夏になると水温が一気に高くなるので気をつけてくださいね。水換えをしてみてはどうでしょうか?全部ではなく半分か3分の1を1週間に1回くらいはしてあげてください。糞をはやく処理しないと臭くなるし水質が悪化するのでできるだけすぐに処理してあげてください。>

蒸発した水蒸気には微生物は含まれないと教えてもらったのですが

蒸発した水蒸気には微生物は含まれないと教えてもらったのですが例えばコップに水を汲んで自然蒸発させた場合は水分が全てなくなったらコップの中には細菌やアメーバー等の微生物が残ると考えて良いのでしょうか?

微生物の種類にもよりますが、それらの微生物は水分も栄養源ですから、残ったとしてもすぐ死滅するでしょう。