高校の生物基礎について質問です 生物の同化と異化について知りたいの…水の生物

何で生物には水が必要なの??

何で生物には水が必要なの??

水から生まれてるからだよ。
逆に水以外を必要としてんのが不自然なんだよ

生物は代謝(新しいものを取り入れて、いらないものを捨てること)をしなければいけませんが、それをする土台が水です。水がないと代謝ができないので、水が必要です。

ではなぜ水なのか?

地球には水が大量にあったからでしょう。なので地球の生物は水を利用した。そして進化して今に至る。もしかしたら、水ではなくてエタノールやアンモニアを土台とする生物が宇宙のどこかにいるかもしれません。>ギリシャの鉄人、タレス
万物の根源(アルケー)を水である。

中国の五行(本質、要素)説
木火土金水

ヒンドゥの創造の要素
土(尾てい骨)、水(仙骨)、火(腰骨)、風(胸骨)、空(頚骨)
眉間(アージュニャ)

水は創造の要素であり、土要素の世界ができて水要素の生物が登場しました。

科学の質問ではなく、哲学の質問ですので、古代の哲学者の聖なる直観認識を紹介しました。
本質要素という意味で物理などでの見える水とは違う認識です。>水が必要だから水が必要なんですよ。
理科を百万時間勉強しなさい。>そもそも水ありきの進化だからでしょう。>奇跡の媒介エイチ・ツー・オーだからです(笑)

あれこれ完璧な物質な訳です。

詳しくは教科書へー>

水のような下痢が続き、悩んでいます。

水のような下痢が続き、悩んでいます。
汚いお話しで大変申し訳ございません。
半月程前から、毎日のように1日に5回は水のような下痢が続いています。
お腹がゴロゴロとなり、腹痛が起こり、トイレに駆け込むと、水の様な下痢です。
特に古い物を食べたり、生物(なまもの)は食べてないと思います。
正露丸を飲んでいますが、治まりません。
どうしてかは分からないのですが、この水のような下痢が毎日続くのは非常に辛いです。
これは何かしら感染性の、食あたり的なものなのでしょうか。
こんなに長く続くのでしょうか。
下す位で受診したものか、迷っていますが、それともやはり早急に医者にかかった方がいいのでしょうか。
お早い回答お待ちしております。

bstkneokytdpkさん安部総理の病気は過敏性ではなく潰瘍性大腸炎です国が難病指定している病気です全く違います食あたりだとしても半月というのは長すぎます食あたりで腸が荒れて固形便が出るまでに時間がかかることはよくありますが、それでも水下痢が1日5回というのはちょっと酷いと思います下痢くらいでとおっしゃいますが水下痢が半月なんて「なぜもっと早くに」と怒られるレベルですよあと、そこまで水下痢が続いているのなら自分では気づかないうちに脱水になっていませんか?(少し動いただけで動悸が止まらない、すぐハァハァ言ってしまうなど)早く病気に行って検査してくださいね正露丸より病院の薬の方が劇的に効きますので・・・

内科にかかってきた方がいいと思います。コロネルと言う、下痢によく効く薬があります。過敏性腸症候群かもしれないですね。総理大臣の安倍晋三さんも、この病気で、政務の激務を、薬で、コントロールしていると国会の答弁でも、言われていました。これは、もう、病院を受診する必要があります。隠れた病気があるかもしれないので、医師に診てもらうことが一番です。>過敏性大腸炎とかクローン病、アレルギー性等々…..>

生物の質問です。

生物の質問です。
実験でマイクロ遠心機を、使ったのですが1本のマイクロチューブを遠心分離するとき、対角の位置に同じ量だけの水を入れたマイクロチューブを置いてバランスをとったのですが、それは何のためですか??教えてくださいm(_ _)m

バランスを取らないとローターの重心が回転軸からずれ、高速回転時に振動を起こします。
今の遠心機は安全機能がついていて、過度なバランスのずれを検知した場合に自動的に停止するとは思います。
ただ停止しても、そのような誤った使用で回転軸等が傷む等の故障につながる可能性は捨てきれません。
高速回転を行う機器の危険性を認識すべきです。
私がやったわけではありませんが、遠心機の蓋を載せただけで遠心を行い、回転とともに遠心機内で蓋が跳ね回り、遠心機が壊れた現場に居合わせた経験があります。

生物の「細菌の光合成」という分野からの質問です。

生物の「細菌の光合成」という分野からの質問です。
細菌でもバクテリアクロロフィルを持つ、光合成細菌は光合成をすることが出来ますよね?しかしそのバクテリアクロロフィルは不完全で、光化学系IかⅡのどちらかしか持っていないため、酸素を作ることが出来ない。
だから、酸素非放出型光合成をするって言うんだよ、と教わりました。
しかし、光化学系Ⅱを持っていれば酸素は作れると思うのです。
ですから、全ての光合成細菌(シアノバクテリアは考慮しないとして)が酸素非放出型光合成をするとは言えないと思うのですが、どうなんでしょうか??初投稿ですが、お答え頂ければ幸いです。

シアノバクテリア以外の光化学系Ⅱ型の反応中心をもつ光合成細菌は酸素を出しません。
それらの細菌の光合成反応中心はシアノバクテリアや真核生物の光化学系Ⅱの反応中心と相同性がありますが、それらの細菌は水を分解する仕組みを持っていません。

水のpH値について質問です。

水のpH値について質問です。
排水基準として、pH5.8~8.6というのがありますが、これを超える水を流してはいけないのでしょうか?またこの値を超えた場合の影響など・・・分かる方いたら教えてください。

5.8未満(強めの酸性)でもダメ、8.6超(強めのアルカリ性)でもダメ。
影響としては・生物、生態系への負担・毒性物質(重金属など)の溶出を招く・下水設備の腐食

水不足のようですが、大きな川の水をそのまま海に捨てているのは勿体ないはなしで…

水不足のようですが、大きな川の水をそのまま海に捨てているのは勿体ないはなしですよね。
荒川水系の水が不足しているそうですが、こういう話を聞くと、いつも感じることですが、大きな川の水はなぜそのまま海に捨てているのでしょうか?海の水になって、塩気を含んでしまうと水として値打ちはほぼ無価値になってしまいますよね。
都会に琵琶湖みたいな大きな池をつくるか、その川の水を土にしみこませる工夫が欲しいですよね。
東京でため池が流行らないのは、元々がそんなに水に苦労した土地でないという事ですか。

結論から言えば、スレ主さんが書かれているとおり、日本で水不足に悩まされている地域は、ごくわずかともいえるかと。
明らかに水が少ないのは、瀬戸内四国の讃岐地方くらいでしょうか。
夏にこのところ毎年水不足が言われていますが、今年は利根川水系はまだまだ十分な水量があります。
当然のことながら、川が海に流れ込むまで各地で水を必要としますから、途中で流れを止めてしまうわけにはいきません。
下流の小さい川であっても、水が流れなければ、川の汚れや悪臭のもと、さらには雑菌の繁殖など、衛生面でも問題が生じます。
ムダに海に流しているように見えますが、上流の山や森林に降った雨が栄養分を含むことで、海の生物を育てる、とも言われています。
人間が水を利用するのと同時に、人間以外の生物も自然界の水の循環の恩恵を受けています。

日本の水道水に、淡水に潜む危険な微生物が混じったりして感染とかありえますか? …

日本の水道水に、淡水に潜む危険な微生物が混じったりして感染とかありえますか? 他の質問ではカルキ抜きされているから大丈夫だと答えをいただいたのですがやはり怖くて‥‥‥‥私がいま怖いのは、鼻から入る淡水の微生物が水道水に混じっていたらと考えてしまいます‥‥100%との安全を求めているわけではありません、危険な微生物が混じったりしていないか心配です‥‥‥‥微生物は、私の過去質問を見ていただければ分かります<(_ _)>

検査済です、100%安全です

上部フィルター内のウールマットは水道水で洗っても大丈夫でしょうか?

上部フィルター内のウールマットは水道水で洗っても大丈夫でしょうか?

生物濾過の濾材が別にありますか?複数のマットが入っていて、一部だけ洗う?生物濾過を兼ねている場合は、取り出した飼育水かカルキを抜いた水で軽くゆすぎ洗い。
そうでない場合は水道水で洗ってもいいですが、しっかり水気を切ってください。
水道水の塩素で濾過バクテリアが死にます。
ヘタレたら、新しい物に交換を。

回答ありがとうございました。>新しく水槽を立ち上げるのであれば問題ありません。

もし既に立ち上がっている水槽のろ材を交換するという意味でしたら飼育水で洗ってください。>

高校の生物基礎について質問です

高校の生物基礎について質問です生物の同化と異化について知りたいのですが呼吸でATPを分解してADPにして、エネルギーを得るのが異化光合成でADPをATPにしてエネルギーを蓄えるのが同化という認識でよろしいのでしょうか?

エネルギーを使って単純な物質から複雑な物質を合成するのが同化です。
(このとき、複雑な物質へエネルギーを蓄えているとも言えます。
)逆に、複雑な物質を単純な物質へ分解してエネルギーを作り出すのが異化です。
(複雑な物質からエネルギーを取り出しているとも言えます。
)呼吸は異化の代表選手です。
呼吸では、有機物(複雑な物質)を水と二酸化炭素(単純な物質)へ分解し、エネルギーをATPという形で取り出しています。
光合成は同化の代表選手です。
光合成では、二酸化炭素と水を使って有機物を作り出しています。
光合成の明反応ではATPを作りますが、それは暗反応でCO2を固定して有機物を作るために消費されます。
光合成の最終目的はATPを作ることではありません。
ちなみに、ATPは生体内エネルギーとして利用されますが、エネルギーを長期間貯蔵するための物質ではありません。
エネルギーとして蓄える場合には、糖質や脂質に変換して蓄えます。