生物の実験で浸透と体面積と表面積についての実験があると思うのです…水の生物

ブランチウッドの水カビについて。

ブランチウッドの水カビについて。
一週間前に20cmキューブの水槽を立ち上げましたが、初日から三日間の間時間がなくて換水できずじまいで、観察は毎日していたのですが、立ち上げ四日目くらいからSサイズのブランチウッドの表面に白いもや?っとしたものが付着し始め、今では流木表面に半透明の白の膜が張った状態です。
おそらく水カビだと思うのですが、これは放置しててもいいのでしょうか?今の所水草にはうつっておらず、流木にのみ生えてます。
処理しなければならないようであれば、流木を取って煮沸によるあく抜きを行おうと思うんですが、白いもやをこすり取ったあと、熱湯につけて1日おき、水槽に戻しても大丈夫でしょうか?生体はまだ入っておらず、LED照明は9?17時、生物濾過に改造した外掛式フィルターを使用しています。
またソイルはアマゾニアのノーマルと上にプラチナソイルのパウダーを使用しています。
三日目でアンモニアは3.0mg/L、亜硝酸塩、硝酸塩は0、pHは6.7?でした。
弟が管理していて6年ほど維持している60cm半テラリウム水槽があるのですが、ここから水を頂戴した方がいいですか? 基本3ヶ月に一回足し水してるだけのようで、水中に粒が舞ってる状態の水です。
生体は野生の13cmくらいの川魚が3匹入っていて、放置飼育ですが6年くらい生きてます(°_°)あまりにも浮遊物の多い水なので迷ってます。

アク抜き処理していなかったのならすぐに取り出した方がいいですね。
有機物が多く出ているとカビだけでなくコケも生えやすいです。
カビは傷があったり、弱った魚にもつく可能性があります。
(水カビ病になります)水を何度か換えながら煮沸をして、それでも多少色がでる(水が茶色くなる)と思いますが、殺菌はされているのでそのまま入れても生体に影響はありません。
普通に換水してれば、勝手に色は抜けていきますが気になる場合はフィルターにブラックホールなどの活性炭を入れて吸着させるといいです。
弟さんの水槽の水は安定しているとは思いますがあまり綺麗とはいえない感じですかね?数日水を回してから、パイロットフィッシュを入れて3日に1回1/3程度のこまめな水換えを1ヶ月ほどしてあげればちゃんと水は安定しますので、不安材料になりそうなら入れない方が良いです。

ご回答ありがとうございます。
なるほど、アク抜きがされてないものを購入したんですね。ADAのものだったのでてっきり処理されてるかと思ってました。流木を入れてから色素なども出てこなかったもので…。

弟の水槽写真です。
水を貰うのを躊躇している理由にはいくつかありまして、一つ目が水が綺麗でないという点と、試薬によるアンモニアテストと6in1を行ったところ、アンモニア、亜硝酸塩は0でしたが、硝酸塩がMAXを振り切るほど検出されたという点です。水換えは基本行いませんし足し水だけなので当たり前かもしれませんが、これを入れてもいいのだろうかと…。
魚が生きているのは特別つよい種だからでは?と思います…ムギツクとカワムツ?という魚です。

あとお魚入れるのはアンモニア、亜硝酸塩が0になってからでなくていいのでしょうか?
一週間経ち、立ち上げ3日目以降毎日三分の一ほど水換えしてますが、アンモニア濃度が3.0mg/Lから下がりません(>_<)>

生物基礎の質問です。
クチクラと表皮細胞をあわせてクチクラ層というのですか?

生物基礎の質問です。
クチクラと表皮細胞をあわせてクチクラ層というのですか?それとも、クチクラとクチクラ層は言い方が違うだけで同じものを指すのでしょうか…。
回答よろしくお願いします。
補足クチクラと表皮細胞をわせて表皮というのでしたっけ…

クチクラは物質名です。
ロウのように水をはじきます。
クチクラが植物の体表に被膜状になったものがクチクラ層。
いわば、体表面の垢(あか)のようなもの・角質のようなものです。
表皮(表皮組織)は表皮細胞とクチクラ層、そして孔辺細胞も含まれます(テストに出やすい)。
ご参考になれば幸いです。

なるほど!とても良く分かりました!
表皮に孔辺細胞が含まれていたこと、すっかり忘れていました。

植物の組織の問題で、葉の断面を模式的に描いた図に「表皮細胞」「さく状組織」「木部」などを答える問題では「クチクラ」と答えるべきか「クチクラ層」と答えるべきかで迷っています。
私の問題集の答えは「クチクラ」となっていますが、この問題集は回答の間違えがいくつかあったので念のため確認したくて…。
どちらで答えても良いのでしょうか?>

【至急】日本の川全体に住んでいる、

【至急】日本の川全体に住んでいる、きれいな水に住んでいる生物ややきれいな水に住んでいる生物ややきたない水に住んでいる生物きたない水に住んでいる生物両方に住んでいる生物を教えてください!

「河川 指標生物」で検索すれば見つかるはずです。
ただ注意すべき点はそれぞれの生物の分類レベルの問題です。
種レベルで載っているものであれば問題はありませんが目や科レベルで載っているものはそれらの中にきれいな水から汚い水に生息する(属レベルでも生息環境が異なるものいる)ものが含まれている場合があります。
例えばユスリカ幼虫などはややきれいな水に生息するもの汚い水に生息するものなど様々ですが種の同定が困難なためきれい~汚いに生息するとされてしまう場合があります。
汚い水の指標とされるアメリカザリガニも隠れ家や餌条件が整っていればきれいな水でも生息できます。
基本的に種レベルでの生息環境は異なりますが分類が進んでいないもの、一般にわからないものについては目や科の高次分類で表されてしまいます。

追記
先にアメリカザリガニのことを書きましたが
アメザリが上流域にほろんど無いですが
カマツカなんかは上流~下流まで生息します。
このような上流~下流に生息種類は水の綺麗さ
よりも物理的環境に作用されます。
人が放したコイなんかも水が綺麗な場所に
いたりします。
>

よくヤフオクなんかに「水かえ不要、水質がよくなります。
」等で出品してるのを見…

よくヤフオクなんかに「水かえ不要、水質がよくなります。
」等で出品してるのを見るのですが、実際に購入して試した方はいますか?もし、いるのなら効果の程を教えて下さい。
また効果のあっ

水生生物を飼う時のおきてその1 楽して育てようと思わないその2 水変え不要やph安定剤を使わないその3 水生生物の命を小さなものと見ないその4 水生生物にとって最高の環境に近ずけてやる以上水生生物を飼う時のおきて!回答基本「水かえ不要、水質がよくなります。
」みたいなものはあんまり効かない無駄に金使うことになるだけ俺はもらっただけだけど普通のリング濾過材並みには効いてると思う謳い文句に注意

クトゥルフ神話trpgでシナリオを作りたいのですが、水に弱い神話生物っていますで…

クトゥルフ神話trpgでシナリオを作りたいのですが、水に弱い神話生物っていますでしょうか?

いますよ。
クトゥルフ。
クトゥルフは水の神性説と、水に弱いから海底に封じられている説があります。
タイタス・クロウシリーズでは水に弱い説を採用して、クトゥーニアン狩りをしてましたよ。
旧神の印の大量生産なんてバカなこともしていましたが。

取りあえず、ルールブックやサプリメントを持っているなら、神話生物の頁を読んでみたら、質問者さんの知りたいことは書いてあると思いますよ。>

生物濃縮を受けやすいとはどういうことですか?

生物濃縮を受けやすいとはどういうことですか?

ihaveapenyesさん生物濃縮とは、食物連鎖の過程で上位の捕食者になるに従って濃縮されある種の化学物質の生体内濃度が高くなる、という傾向を持つことです。
水に溶けやすい物質であれば、エサの中に含まれるその物質を摂取しても容易に排泄されるので、生物濃縮は起こりにくいのですが、重金属であったり脂溶性の物質の場合には、いったん生物の体に取り込まれるとなかなか排泄されずに蓄積されてしまいます。
そうして蓄積されたものをエサとして上位の捕食者が摂取すると、その中でさらに濃度が高まっていく、という寸法です。

?なんで水に溶けやすいと排泄されるんですか?
?生物濃縮を受けやすい=水に溶けにくい
という解釈ですか?
>

生物に関する質問です

生物に関する質問です同化の単元にでてくる光合成とカルビンベンソン回路の図の仕組みがよくわかりません何度も参考書はよんでいるのですが…簡潔に要点だけ教えていただけるとうれしいです

簡単に言えば光で水を酸素と水素にわけ(2 H2O→O2+2 H2)酸素は外に排出して水素は外から吸収した二酸化炭素を還元し、水と炭素を作ります( 2 H2 + CO2→ C + 2 H2O)この炭素をカルビンベンソン回路に中に取り込み最終的にブドウ糖を産出します。
要するにカルビンベンソン回路は炭素を吸収しブドウ糖を作り出す過程ですね。
テストに出るのは水素で還元された炭素をカルビンベンソン回路のどこで取り込むかって事と、光合成の化学式までですね。
わかりましたか。
水素で還元された炭素はカルビンベンソン回路のC3とC3の間ですよ。

東京で水道水を1日2リットルのむのですが、塩素などによる悪影響はありますか?

東京で水道水を1日2リットルのむのですが、塩素などによる悪影響はありますか?

水道水の塩素を気にするなら、日本全国津々浦々どこへ行っても同じです。
水道法で、水道水には塩素が残留していなければならないと定めていますから。
塩素以外の影響を気にするなら、東京都心の水道水以上に気にしなければならない水道の方が多いです。
例えば、クリプトスポリジウムやジアルジアといった微生物への感染、猛毒のヒ素など。
東京都水道局が都心に供給している水道水は、そんな心配は全くなく、高度浄水処理により我が国でもトップクラスの安全な水質を誇っています。
それでも、どうしても塩素が気になるなら、市販のボトル水を飲むしかないでしょう。
しかし、そのボトル水にも、水道以上に危険なことがあります。
また、ボトル水の保管、開栓後の管理、飲用は、すべて自己責任です。
水道水とボトル水、どちらのリスクの方が高いか、よくお考えのうえ選択してください。
○水道水の残留塩素について水道法施行規則第17条の三給水栓における水が、遊離残留塩素を0.1mg/l(結合残留塩素の場合は、0.4mg/l)以上保持するように塩素消毒をすること。
ただし、供給する水が病原生物に著しく汚染されるおそれがある場合又は病原生物に汚染されたことを疑わせるような生物若しくは物質を多量に含むおそれがある場合の給水栓における水の遊離残留塩素は、0.2mg/l(結合残留塩素の場合は、1.5mg/l)以上とする。
○クリプトスポリジウムとジアルジアについて井戸水や湧き水などを水源とし、ろ設備又は紫外線照射装置を持たない水道で、普段から指標菌が多い水道は、クリプトスポリジウムやジアルジアという塩素でも死なない微生物が混入する可能性があります。
ヒトに感染すると最悪の場合、死に至ったり、治癒後重い後遺症が残ることがあります。
○ヒ素について水源にヒ素を多く含む鉱山や温泉がある場所では、かつて未処理で川へ垂れ流されていた時代に川底に沈殿蓄積したヒ素が大雨などで巻き上がり、それがそのまま水道の原水として浄水場に取り込まれ、濃度が下がるとはいえゼロにはならないまま供給されることがあります。
ヒ素は、高濃度で摂取すると直ちに人体に異変をきたしますが、極めて低濃度の場合はすぐには現れず、長年にわたり蓄積されていくとついには…、ということがあります。
水道法で定める水質基準では、ヒ素は0.01mg/l以下であればOKなので、恒常的にそれ以下の濃度を有する水道が国内にあります。
○高度浄水処理高度浄水処理は、通常の浄水処理方法だけでは除去することができない有機物を取り除くことができます。
これにより、塩素の注入量を減らすことができるため、発がん性があると言われている塩素消毒による副生成物「トリハロメタン」や「ハロ酢酸」といった物質を少なくすることができます。
東京都水道局では、オゾン+生物活性炭の組み合わせで高度な浄水処理を行っています。

ないです!

今や東京の水道水も美味しくなりました>

生物基礎に関する問題で質問があります。

生物基礎に関する問題で質問があります。
「バソプレシンによる体表の塩類濃度の調節作用を、バソプレシンの合成部位と分泌部位を含めて100字以内で述べよ。
」このような問題が出されました。
私はこの問題の「体表の塩類濃度」という言葉に悩まされています。
色々調べて見たのですが、尿について書かれたサイトばかりで、「体表」について触れたものは見られませんでした。
専門的な内が書かれたサイトもありましたが、高校生の自分では理解し難いものでした。
バソプレシンの体表についてご存じの方がいらっしゃいましたら、詳しい仕組みなどを教えていただきたいです。
よろしくおねがいします。

何か難しい設問ですね。
おそらく先にあるのが汗なのでは。
汗をかいて体表面から水分が抜けるとき、塩分も出ますが、汗の塩分濃度(これが体表面の塩類濃度では)は体液よりは薄いため、体内の電解質濃度が高い状態になります。
脱水症状ですが、水のほうが塩分より多く抜けた脱水です(体内の塩分濃度が高くなるので、高張性脱水といいます)。
そうするとバソプレシンが働いて、腎臓での水の再吸収が促進される。
こんなところです。

生物の実験で浸透と体面積と表面積についての実験があると思うのですが

生物の実験で浸透と体面積と表面積についての実験があると思うのですが今日、寒天を4つの違うcmに切り分け、水酸化ナトリウムの入ったビーカーに入れて15分後にどれくらい浸透したのかを見る実験をしました。
この実験と同じか、似た実験を説明してくれているサイトを教えてください。
この実験と同じ単元の事について説明してくれているサイトでもいいです。
または、この実験で特に重要な所を教えてください。
よろしくお願いします。

面積は2乗、体積は3乗で増えていくのが重要な所です。