「水の生物」カテゴリーアーカイブ

生物基礎の、腎臓の計算問題で困っています。 問3 表1において、この…水の生物

光の量や気温、水の透明度は川に住んでいる生物たちにどのような影響を与えますか…

光の量や気温、水の透明度は川に住んでいる生物たちにどのような影響を与えますか?詳しくおしえてもらいたいです!

その辺って、高校の生物学の教科書レベルか、その応用だと思うんだけどな。
その地域の気温によって、生態系が違うことは周知の事実。
水の透明度は、川の中に差し込む光の量に影響する。
光の量が多ければ、藻が繁茂できる。
同時にこれらの植物は水中の有機物を栄養素として取り込むので透明度が増すだろうね。
水の透明度は、水に含まれる不純物の量によって下がるわけだが、その不純物が単純な土砂やのか、有機物なのかで、生物に対する影響が異なってくる。
有機物を多量に含んで透明度の低い水では、細菌などが繁殖し、酸素欠乏を起こすだろうね。
そうなればそこで生きられる生物も変化してくる。
知恵袋の回答欄に簡単に書ける内容じゃないと思うけどな。
河川 環境学 で検索して専門書を探すか、大学の研究室の門を叩くレベル。
https://www.google.co.jp/#q=%E6%B2%B3%E5%B7%9D%E3%80%80%E7%92%B0%E5…

緑亀を飼っているのですが、水替えの時に『赤い寄生虫』みたいなのが沢山泳いでま…

緑亀を飼っているのですが、水替えの時に『赤い寄生虫』みたいなのが沢山泳いでました。
暖かくなってきたから、そういう生物が発生したとわかるのですが、緑亀がそれを食べた場合など身体に影響はないんでしょうか?今まで水替えは週一だったのですが、これからは週ニでやる事にしました。

蚊とかが卵を水の中に産んでその幼虫がわいたのではないでしょうか?乾燥させて固めたやつが亀のえさとして売っているので問題ないかと

ユスリカの幼虫が発生したのでは・・・・・・
魚の餌に良く使いますから、亀さんが食べても問題ないのでは・・・・・>

生物について質問です。

生物について質問です。
細胞の浸透圧について、参考書に『水とスクロール溶液を半透膜で仕切った時、水分子がスクロール溶液側へ移動しようとして生じる浸透圧は、一般に溶液の濃度が高いほど大きい。
また、濃度の異なるスクロール溶液を半透膜で仕切ると、水分子は両方の浸透圧の大きさの差によって、濃度の低い方から高い方へ移動する。
』とあったのですが、いまいち分からなくて困ってます。
丁寧に教えて下さると助かります?至急お願いします!

『水とスクロール溶液を半透膜で仕切った時、水分子がスクロール溶液側へ移動しようとして生じる浸透圧は、一般に溶液の濃度が高いほど大きい。
』→これは正確ではありません。
浸透圧は半透膜を隔てて2液があるから生じるのではありません。
浸透圧は溶液であればそなわっています。
半透膜を隔てた2つの溶液には浸透現象(水の移動、吸水、脱水)が起きる。
これを説明するために溶液にはその濃度に比例した浸透圧が備わっていると考え、2つの溶液の浸透圧差によって水の移動が生じるとするのです。
浸透圧は溶液の属性です(溶液であればそなわっています。
蒸留水の浸透圧はゼロです)浸透圧 π [atm] は次の式で表される(ファントホッフ(van’t Hoff)の式)。
π=MRTM はモル濃度 [mol / dm3]、R は気体定数 [atm ・ dm3 / K ・ mol]、T は 温度 [K] である。
モル濃度は容積モル濃度を用いる[1](つまり濃度と温度が決まれば、それぞれの溶液の浸透圧が決まります。
)浸透圧は溶液のもつ属性であり、語の使用に際して注意する必要がある。
例えば「細胞内部の溶液の浸透圧」という用法は妥当だが、「細胞の浸透圧」という記述は意味するところが不明瞭であり誤解を招くおそれがある。
「半透膜の両側に濃度の違う溶液があると、浸透圧が発生し…」という表現も誤用である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B8%E9%80%8F%E5%9C%A7(最後の所)浸透圧は溶液の濃度が高いほど大きい→浸透圧は溶液に備わっているものでπ=MRTで求める(Mは濃度、Rは定数、Tは絶対温度、) だから濃度に比例する。
、濃度の異なるスクロール溶液を半透膜で仕切ると、水分子は両方の浸透圧の大きさの差によって、濃度の低い方から高い方へ移動する。
→半透膜を隔てた時に生じる水の移動は、2つの溶液の浸透圧の差によって生じます(溶液には浸透圧が備わっていると考え、半透膜を隔てた2液がある時に生じる浸透現象(水の移動)は2液の浸透圧差によって生じるとしているのです)、浸透圧については混乱があります。
参考書にも矛盾した間違った解釈があります。
この参考書の記載も混乱しているように見えます。
http://www.keirinkan.com/kori/kori_biology/kori_biology_n1_kaitei/c…(このサイトが一番正確だと思います)

生物の問題てす!!

生物の問題てす!!同化、異化はどこで行われてますか?( )で行う。
とかかれているのですがしらべてもわかりません、お願いします!

同化 … (葉緑体)で行われる。
※光エネルギーを使って、簡単な無機物である二酸化炭素と水から、複雑な有機物であるグルコース(デンプン)が合成され酸素O2が発生します。
異化 … (ミトコンドリア)で行われる。
※複雑な有機化合物であるグルコースを、酸素O2を使って、簡単な無機物である二酸化炭素と水に分解し、エネルギーを取り出します。

液体の水と同程度の質量を持つ気体は存在しますか?

液体の水と同程度の質量を持つ気体は存在しますか?また、作ることができますか?もし存在したとして人間や他の生物はその中を泳ぐことができるでしょうか?

高校生以上なら、物質量 (mol)を習ったことがあるはず。
1molの気体は22.4?。
その質量は気体を構成する分子量にgをつけたものに等しい。
液体の水と同じ密度の気体が存在すると仮定してみよう。
22.4?=22400m?=22400cm3水の密度は1g/cm3だから22.4?で22400g(=22.4Kg)したがって、分子量22400の物質が気体になれば水と同じ密度を持つ。
現在のところ、人類が発見した元素の中で一番重い元素の原子量は300に満たないので、どんなに頑張っても水の密度には程遠い。
また、高分子化学的には、分子量が1万を超えるものもあるが、こちらは主に有機物であり、残念ながら気体にならない。
したがって、常温常圧で水と同程度の密度を持つ気体は存在しないと思われる。
ただし、これらは常温常圧でのことなので、温度や圧力を変えれば作り出すことは可能だと思われる。
が、しかし、おそらく数百気圧を超えると思われる圧力や、数百度以上になるであろう環境では人間は生きていられない。
したがって、もし作り出すことができても泳ぐことは無理だと思われる。

大学の微生物学での課題についてです。

大学の微生物学での課題についてです。
地球上で最も多数の微生物が存在するところはどこか?という課題なのですが検討もつきません。
どなたか知っている方がいましたらよろしくお願いします

以前、ピロリ菌の関係で湧き水の中にはどの程度の微生物が居るか調べていたときに、土、1gの中には約数十億個の微生物がいるとの記述がありました。
一番多いかどうかは分かりませんが。
"土の中 微生物 数"で検索してください。

動物の消化管でしょう。特に草食動物。安定した環境で温度もちょうどよく、エサも豊富にあって理想的な環境でしょう。>人体の中では?

人間の細胞の数より多いという話を聞いたことがあるよ。
(兆の単位)>

【生物】

【生物】ペットボトルのメダカを長期間生存させるためにはどうすればよいか条件1、外から餌を与えてはいけない条件2、ペットボトルの蓋は閉める条件3、光はあててよい閉じた環境(外からの物質の補給がない)でメダカを長期間生存させるために、生態系をつくる必要がある。
何を入れ、何のために入れるか?高校生物の問題です。
教えてください。

1藻などの二酸化炭素を吸収して酸素を出す植物を入れること。
2メダカの出す糞尿を分解してくれる微生物植物プランクトンを入れること。
3餌となる動物プランクトンもいれること。
(そのためには、田んぼの土を入れれば良い。
)忘れてはならないのは、ペットボトルに必ず水を入れることと、空気の部分を作って置くこと。
(3分の1くらい)これを良く日の当たる涼しいところに置いておけば良い。
夏は、温度が上がり過ぎないように注意すること。
以上。

生物で、わからない問題があるので教えて下さい。

生物で、わからない問題があるので教えて下さい。
1.光合成の反応を下の2つに分けて説明せよ。
①チラコイドでの反応()②ストロマでの反応()2.細胞呼吸は、反応系ⅠⅡⅢから成り立っている。
それぞれの過程の名称を書け。
①反応系Ⅰ:グルコースが分解されて、ピルビン酸ができるまでの過程()②反応系Ⅱ:ピルビン酸がミトコンドリアに取り込まれ、酵素の働きで二酸化炭素と水素に分解される過程()③反応系ⅠとⅡの過程で生じた水素から、電子が受け渡されて、多くのATPを生じる過程()3.上の反応系ⅠⅡⅢの過程は、それぞれ細胞内のどの部分で起こるか、答えよ。
反応系Ⅰ:() 反応系Ⅱ:ミトコンドリアの() 反応系Ⅲ:ミトコンドリアの()お願いしますm(__)m

1.①チラコイドでの反応は明反応と呼ばれるように、光エネルギーを用いて水を分解しH+(水素イオン)を取り出し、ATPとNADPHを合成します。
つまりざっくり言えば光エネルギーを化学エネルギーに変換する反応です。
酸素O2が副産物として発生します。
②ストロマでの反応はカルビン・ベンソン回路です。
二酸化炭素を取り込み、ATPとNADPHを用いて糖を合成します。
なお、この反応は光の強度の影響を受けないため暗反応と呼ばれます。
(※酵素反応なので温度が影響します。
また二酸化炭素を取り込む際のRuBiscoという酵素の特性により二酸化炭素濃度も反応の進行に影響します)2.Ⅰ解糖系 Ⅱクエン酸回路 Ⅲ電子伝達系3.Ⅰ細胞質基質 Ⅱミトコンドリアの基質(マトリックス) Ⅲミトコンドリアの内膜上

すべての生物の大きさが2倍になるとどうなりますか?どうもなりませんか? (笑)

すべての生物の大きさが2倍になるとどうなりますか?どうもなりませんか? (笑)

サイズが2倍になるってことは、体積や体重は2の3乗で8倍になるということで、運動能力の支障や強度不足は起きるでしょうね。
史上最大の昆虫といわれるメガネウラは、今のトンボみたいなはばたきは無理でしたから、滑空が精一杯でした。
今のトンボが大きくなったら、急旋回やホバリングはできなさそうです。
クモの脚は細くて、脱皮に失敗して折ってしまう奴もいるくらいです。
無事に歩けるんかいな。
ザトウムシ級になると、体を持ち上げられるか疑問です。
陸上生物は体重を自力で支える必要があるので、最大でも象サイズです。
浮力に頼れる鯨に比べてなんと小さいことか。
海亀は上陸したとたんに前進できなくなって産卵に失敗するでしょう。
ただでさえ背が高いスギは根が浅いのに、2倍に伸びたら風圧でばたばた倒れることでしょう。
100メートル越えのセコイアにしても、200メートルに伸びたところで、水を枝まで吸い上げるのは無理でしょう。
川魚も2倍になるんだから、上流まで上れなくなります。
陸上生物、激減しますよ。

周りのものが全て2倍の大きさになるので普通じゃないですか?土地はそのままのだとしたら、狭くなる分電車の到着時間が早くなると思うよ。>いいえ生物だけだと電車の店員は減るしトイレは狭いし、渋谷のスクランブルで人がぶつかるし、もうそりゃ大変ですよ確実に人口が半分になるでしょう。>

生物基礎の、腎臓の計算問題で困っています。

生物基礎の、腎臓の計算問題で困っています。
問3 表1において、この人が一日に排出した尿量が1.4Lであったとする。
答えは小数点以下を四捨五入せよ。
a.このとき、原尿に含まれる水の何パーセントが再吸収されなかったことになるか。
b.このとき一日に排出した尿素は何グラムか。
c.このとき原尿からの尿素の再吸収率は何パーセントになるか。
d.このとき原尿量は一日に何リットルになるか。
a?dを計算過程も含め教えてください。
答えはa.1% b.28g c.44% d.168Lです。
よろしくお願いします。

原尿が1日にどれだけ生じるかも書かれていない濃縮率の基準になる数値も書かれていないだから計算は不可能です

水処理設備のメンテナンス仕事の1日の流れはどのような感じですか?水の生物

水は細胞内で分解されて酸素と水素になり発生した酸素を呼吸に用いる。
という文章…

水は細胞内で分解されて酸素と水素になり発生した酸素を呼吸に用いる。
という文章は×と問題集にあったのですが、具体的にどこが間違えているのか?呼吸で用いられる酸素は空気の中の酸素なのか?を教えてください。
よろしくお願いします。

呼吸に用いるのは、空気中の酸素(魚などの水生生物なら水に溶けている酸素)です。
細胞内で水を分解している生物ってのは聞いた事がないですね。
もしいたら、これからの時代、色々役に立ちそうですが……

NASAが惑星エウロパに水が噴き出ていると発表しましたが、

NASAが惑星エウロパに水が噴き出ていると発表しましたが、なぜ水とわかるのですか?高圧のガスのような可能性もあるんじゃないですか?また、水だった場合やはり生物はいると思いますか?

正直水なのかはわからないですが、同様の構造を持つ土星の衛星エンケラドスや推測される内部構造、、置かれた環境から(水蒸気)であると考えるの自然なのでしょう。
ただ、完全に確認されたわけではないです。
水は宇宙でも比較的普通に存在するものです。
多くはその低い温度の為固体(氷)として存在しますけど。
一番有名な例では「彗星」があります。
ありゃ汚れた雪玉と言われるように多くは水です。
生物はいるかもしれません。
少なくともエンケラドスと並び太陽系内で最も有力な場所の1つです。
しかし液体の水(海)は数十キロという分厚い氷の下にあります。
太陽の光も届かない暗黒の世界です。
多細胞生物がいるとすれば深海魚みたいなものかも知れませんね。

生物実験では,保存温度を4℃,25℃,37℃にすることが多い.この三つの温度を使う理…

生物実験では,保存温度を4℃,25℃,37℃にすることが多い.この三つの温度を使う理由を説明していただけますか.

水の比重が一番重たいのが4℃!!たいがいの生物が快適に思うのが25℃!!人間の体温が37℃!!それを基準にしてるんちゃうかなぁ!!あくまでも個人的発想!!

水はけが悪いと育たない作物の育たない理由を教えてください。

水はけが悪いと育たない作物の育たない理由を教えてください。

根とその周辺にいる微生物が要求するだけの酸素がまかない切れなくなるから、ではないですかね。
溶存酸素が十分にある水だと根が浸かっていても結構平気な植物が多いです。
溶存酸素の殆どない溜まり水では大方の植物は生きられません。
ま、それぞれは程度問題でその環境に生きられるもが生きられるように進化したのでしょう。

水耕栽培と言って水で育てる方法もありますが。土壌栽培で水が多ければ呼吸できなくて根腐れを起こしますが根を張れません。短い範囲で根を張り養分を充分吸収しないので育ちにくい。光合成も大事ですが養分がないと無理。なので元肥、追肥をするのです。>根腐れしてしまうからだと思います。>大概の植物の根は、呼吸作用をしています。要するに空気を必要としているのです。
従いまして、水漬になった根では空気と接触が出来なくなり、壊死してしまいます。>それと、酸素不足になって根が伸びないので、上部も伸びない。
土が乾燥しないので団粒化しないし、酸性土壌になってる。>水はけが悪いと常に根が濡れている状態になり、根が腐るので良くないです>

多くの生物はケイ素を含んでいるといいますが、人間はその類には含まれないと聞き…

多くの生物はケイ素を含んでいるといいますが、人間はその類には含まれないと聞きました。
なぜ人間はケイ素がなくとも生きていけるよう進化したのでしょうか?

>多くの生物はケイ素を含んでいるといいますが誤解があるようです。
ケイ素生命体は地球上では見つかっていないケイ酸は土壌中にたくさんあるので生物に含まれていて不思議ではないです。
しかし「二酸化ケイ素は 二酸化炭素とはちがって、二千度を超えても固体のままだ。
気体になるのは二二〇三C°。
とても生命が生まれて生き延びられるような温度ではない。
」/ケイ素生物は存在不可能なのか?http://huyukiitoichi.hatenadiary.jp/entry/20120328/1332938478気体を取り込む形での炭素生命体踏襲型ケイ素生命体はどうにも難しそうである。
ではほかの方法でなんとかならないものだろうか。
ここでまたケイ素生命体にとっては不利な情報が出てくる。
もっとも豊富なケイ素である二酸化ケイ素は宇宙で豊富な液体である水に溶けないのだ。
/ケイ素生命体を、炭素生命体と同じく組織やらを修復するためにケイ素を出し入れする形で組み立てるのはどうにも難しそうであるSFの世界でしか ケイ素生命体は存在しない・・・と思われていたが NASAの発表↓/NASAの宇宙生物学的発見に関する会見http://www.dream-seed.com/weblog/archives/2010/12/10203/要約すると、生命の重要な構成要素である炭素、水素、窒素、酸素、硫黄、リンの6のうち、リンの代わりにヒ素を使用することができるバクテリアが(地球上で)見つかったとのこと。
これまで、宇宙で生物の存在を探す際には上記の6つの元素を手掛かりとしていましたが、今後はこの条件を見直す必要があるということのようです(6元素が揃っていなくても、他の元素で代替えして生命が存在する可能性があるということ)。
会見中では、「炭素の代わりにケイ素で構成された生命体の可能性」ということも言っていたようです(どうでもいいですが、ケイ素生命体というと、まっさきにスプリガンのパレンケの仮面を思い出すなぁ・・・)が、これまでSFでしかなかったケイ素生命体やら金属でできた生命体なんかも可能性があるということになってきたました。
/>なぜ人間はケイ素がなくとも生きていけるよう進化したのでしょうか?人間に限らず地球上には ケイ素生命体は見つかっていないのですが、化学カテなので質問は ケイ素ではなく 炭素生命体の起源・・・つまり(RNAワールド仮説などの)新しい化学進化説のことですね?生命の起源は地球外です /地球生命(細菌)の起源http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n44882自然発生、つまり★水中に入れたり出したりして 無機物やタンパク質から DNAを合成する実験はもう行われていませんⅡ) 酸化的ガスでユーレイ‐ミラーの実験をすると,合成されるアミノ酸や核酸の種類や生成量が,激減(ユーレイ‐ミラーの実験は 太古の地球大気ではなかった。
そこで 酸化的ガスで実験し直すと、アミノ酸らが激減し、ドロドロしたものが出来ただけだった)「何故ドロドロしたものしかできないのか」のメカニズムは生命になりうるアミノ酸はすべてL型(左巻き)なのですもし、ほんのわずかでも、右旋性タイプのアミノ酸が混ざっていると、新陳代謝のできない異構造のタンパク質に変り、生命の形成はできない 生命地球外起源説①「彗星起源説」・・・・・・L型アミノ酸(と水)②「パンスペルミア仮説」・・ウィルス③「シードマスター説」・・・・細菌という風に地球にやって来ました■ 地球上には 「彗星起源説」でできるL型アミノ酸のー200度以下という環境がないので 地球上では自然発生しません■結論の決定的証拠は 『窒素を含まない細菌』です。
(地球環境では 窒素がない細菌はできません)/ケイ素生命体は地球環境では生存不可能ですから、炭素生命体が 地球外からやって来たようです

高校の生物の質問です。

高校の生物の質問です。
赤血球や植物細胞の浸透は水が濃度の薄い方から濃い方へ移動するのに、どうして濃度勾配に従う受動輸送は濃度の濃い方から薄い方へ移動するのですか?濃度勾配に従っているのなら薄い方から濃い方なのでは??

質問者様は水の移動と物質の移動を混同していると思われます。
自然界には、濃度の異なるもの同士が接触すると、互いの濃度が等しくなるように水や物質が移動するという法則があります。
赤血球と植物細胞の場合は水が濃度の低い方から高い方へ移動するのは、濃度の高い領域を多量の水で薄めるためです。
そうすることによって、赤血球内外あるいは植物細胞内外の濃度がより均等になります。
一方、受動輸送の場合、移動するのは水ではなく物質(イオン)です。
物質の移動を考えるならば、濃度の高い方から低い方へ移動する方が、互いの濃度を均等にするうえで理にかなっていませんか?

水処理設備のメンテナンス仕事の1日の流れはどのような感じですか?

水処理設備のメンテナンス仕事の1日の流れはどのような感じですか?

水処理設備と言ってもイロイロありますが….。
排水処理のケースですと。
工場排水処理施設を巡回訪問して、バクテリアなどの生物処理をしている場合は生物処理槽に好気性の微生物が群体で繁殖しているか、検体を会社に持ち帰り、5千倍の電子顕微鏡で生育状況を確認します。
加圧浮上のシステムで原水を処理している施設においては、油分離槽で固形物と油分が分離剥離しているか、処理水で判断します。
巡回時にポンプ等が故障していた場合は車に常備してある予備のポンプを俊敏に取り換えて簡易テストをします。
その他に、現場の設備担当者と雑談もしたりして同業種の動向をうかがったりしますよ。
上水道(飲料水)施設の維持管理については常駐で管理していることが一般的です。

高校の生物基礎で質問なのですが、 ヒトの正常な血糖値が約0.1%という…水の生物

【生物化学】人間の消化は「分子レベル」の分解が起こっているのか教えてください。

【生物化学】人間の消化は「分子レベル」の分解が起こっているのか教えてください。
「人間の細胞はマクロな複合体であり、ミクロな分子レベルでの分解機能はなく体内で還元は起こらない。
よって水素水で水素を体内に取り込んだからといって体内で酸化の還元は起こらない」↑この仮説が正しいのか教えてくださいもし、人間の消化が分子レベルでの分解でない場合は、幾ら「水素水」で体内に水素を取り込んでも消化で分子レベルまで分解されないと化学反応が起こらず、水素と酸素の結合反応は起こらないので体内で還元は起こらず、体内の酸化は食べ物、飲み物によって防ぐのは無理な気がした。
人間は食べ物、飲み物を食べて消化器官で分子レベルまで分解されなくても還元が起こって酸化が防げるのでしょうか?

分子って本当はよくわかってないのですね、あなたがですが。
※大きな分子は肉眼でも見えますよhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90、消化とは吸収できる大きさにまでこの分子を切るとを言います、中学では人が作る酵素がその役目を担うと習いますが、腸内の細菌がとても重要なことは学習指導の比率に大きく占められていません。
ちなみに、水素水なるものが体内の酸化防止を目的としているのなら効果はありません大きく譲っても胃酸(塩酸)と出合った段階で意味を成さなくなります。

下の方に同意で、別の論法で追加否定するなら仮に、水素水の効果が期待出来るなら、同様に炭酸飲料で二酸化炭素を吸収して酸欠になるリスクも同等以上に扱うべきだと思います。水素よりも沢山水に溶ける訳ですし。炭酸の二酸化炭素がゲップとして排出されるのと同様に水素も体外に出ます。>おっしゃることがよくわかりませんが、
人間が食べ物を消化する際は、あなたのいう「分子レベル」だと思います。

水素水が意味ない理由は、還元作用が出るとか出ないとか言う以前に、体内で食べ物からいくらでも還元性のある化合物(水素も含む)が発生しているので、水にちょっとだけ溶け込ませた水素を飲んでみても大勢に影響はない、というようなものではないかと思います。

というわけで、回答としては、あなたの仮説
「人間の細胞はマクロな複合体であり、ミクロな分子レベルでの分解機能はなく体内で還元は起こらない。」
は、この部分で誤っていると言えるかと思います。>

高校の生物基礎について教えてください。

高校の生物基礎について教えてください。
生物基礎で、菌類、細菌類のなかでもシアノバクテリアは葉緑体はないけど光合成ができると書いてありました。
ですが、2017年追試験をといていて、生産者、消費者、分解者の問題のところで、「分解に関わる菌類、細菌類が、酸素の多い環境で行なう生命活動の記述として誤っているものを一つ選べ」①有機物を細胞に取り込む②酵素を用いて代謝を行う③二酸化炭素を吸収する④酸素を吸収する⑤水を作り出す⑥DNAを合成するとあり、誤りは③でした。
菌類、細菌類も光合成をするのになぜですか??教えてください。
また、分解者は生産者や消費者同様代謝をおこなったりdnaを合成するのですか??

すでにmadin_darbyさんが答えているように、「分解に関わる菌類、細菌類」と限定されているので、光合成をしている細菌は生産者になるので除外するべきでしょう。
また、分解者である菌類・細菌類も、生物である以上、代謝を行うし、遺伝物質としてDNAを持ちます。
代謝もせず、DNA合成もしなければ成長も増殖もできません。
そのようなものを生物とはいいません。

その問題では分解に関わると限定されていますので、生産者は含まないとみなしているのでしょう。>

なぜ、水が必要(大事)なのですか?

なぜ、水が必要(大事)なのですか?生物学の授業で水分子の角度105度があったから生命が出来た!と先生がおっしゃってたのですが、どういうことなんですか?また、水はなぜ大きくてもろい結合だと言われているのですか?氷ってなぜ滑るのですか?たくさん質問すいませんが考えてみてもどうしてもわからないのでよろしくお願いします!!!

水は不思議な物体で、常温で液体、固体・液体・気体の相変化を繰り返し、比熱が大きく熱しにくく冷めいくい、中性で溶媒としての能力も高く、固体になれば液体に浮くという性質をもっていて他の化学物質とは大きく性格が異なります。
分子全体でも H-O-H 結合角が曲がっているので極性を持ちます。
そのためイオン結晶の結合格子を破壊して溶解させるので溶媒として多くの物資を溶かします。
先生がおっしゃっていたことはこのことでしょう。
またHとOの間に水素結合を作りますから最外殻に孤立電子対を持つ窒素や酸素や、糖などイオン性ではない分子も溶かすことができます。
氷は水素結合で作られていますから、化学結合のなかでは非常に弱いものです。
結合力が弱いので接着できず滑ります。
スケートをすれば氷とブレードの間に解けた水が入りハイドロプレーニングがおきますが、これも水素結合ゆえのことですね。
化学でイオン結合、共有結合など習ったと思います、水素結合が最も弱いことはご存じのはずですね。
詳しく書くと長くなりますので下記でご覧ください。
http://zattou.exblog.jp/13070482/

生物基礎について。

生物基礎について。
Q1.原尿中のグルコース、水、ナトリウムイオンはそれぞれ何パーセント再吸収されたか。
Q2.水の再吸収率が1パーセント減少すると、尿量は何倍になるか。
この問題がわかりません。
解答と解き方もを教えていただけますか?よろしくお願いします。
補足原尿、尿をそれぞれ150L、1.5Lとするとたとえばナトリウムイオンの場合は原尿中には150L×0.3%=450g、尿中には1.5L×0.34%=5.1gで5.1/450×100で再吸収率は444.9/450≒98.9%でいいのでしょうか?それと水の%はタンパク質からイヌリンを100%から引いた値になりますか?

解き方を紹介しますので、解答は自分で導いてください(補足で書いてくだされば、○×でお答えできるかと思います)。
物質が原尿から血液へ再吸収されると、尿中には再吸収された分少ない量しか含まれていないはずです。
再吸収された量=原尿中の量-尿中の量で計算できます。
今回はパーセントで答えないといけませんので、(再吸収された量/原尿中の量)×100が必要そうですね。
水に関しては「イヌリン」を見ます。
イヌリンは再吸収されない物質なので、原尿と尿でのイヌリン濃度を比較すると、水の再吸収率がわかるはずです。
頑張ってください補足:水については、イヌリンは再吸収されないので、原尿から尿の濃度が120倍になっていますね。
イヌリン自体が増減せずに濃度が120倍になろうと思えば、溶媒がその分へって、溶液全体で120分の1の体積or質量となればよいわけです。
具体的に言えば、尿100g中にイヌリンが12g含まれていると考えると、濃縮前の原尿は12000gあったはずです(12/12000×100=0.1)。
このことから、水分は12000-100=11900gほど再吸収されたと考えればよいかと思います。
11900/12000=99.1%といったところでしょうか。
ナトリウムイオンに関しては原尿、尿をそれぞれ1501.5Lに設定した理由がよくわかりません。
問題文にそうあるのなら、そのままでかまいませんが、そうでない場合、水の再吸収で用いた、原尿12000g、尿100g中の量で考えればいいかと思います。
計算方法自体は間違っていませんので、大丈夫ですよ。

地球上の水が一瞬で全て気化したら地球や人類などの生物はどうなってしまうのでし…

地球上の水が一瞬で全て気化したら地球や人類などの生物はどうなってしまうのでしょうか?

一瞬でしょ?水だけが気化…んなワケはないね。
あぁ~生きとし生ける者全てミイラじゃぁΣ(゚д゚lll)地球内部の水とかそういうヒッカケがあったとしてもまぁOUTだな。
恐ろしいエネルギーが働くので繰り返すが水のみに作用するとは限らん。
と、いうより生物もまた水を相当含んでいる。
やっぱ⊂⌒~⊃。
Д。
)⊃死ぬなぁ0o。
( ̄人 ̄)パンパン干からびるとでもいうのでしょうか?一瞬…かぁ~う~ん。o○ジュッ(;゚Д゚)蒸発した水分はどこに行くのだろうか(゚_。)ハテ?火星にもかつては水があったであろうという話がある。
一部は氷となりまた一部はこの辺の理屈はよくわからないんだけど大気圏外にすっとんだってな話である。
なぜなのか、ぜ~んぜんわからん(´・ω・`).。oO例外はあるにせよ、地球の生物の大半は水無しでは生きていけない。
いや、そもそも水があるから進化した生き物である。
少なくとも水無しでも生きれるような進化はしてはこなかったんだ。
故…やっぱ⊂⌒~⊃。Д。)⊃しょっぽクン

生物の実験で、3%過酸化水素水に二酸化マンガンとレバー(カタラーゼ)を別々に入れ…

生物の実験で、3%過酸化水素水に二酸化マンガンとレバー(カタラーゼ)を別々に入れて、酸素が発生する様子を観察しました。
その結果、二酸化マンガンよりカタラーゼの方が反応が大きかったのですが、なぜカタラーゼの方が反応が大きいのですか?また、何でカタラーゼをいれることで酸素が発生したのですか?

taisei9715さん>なぜカタラーゼの方が反応が大きいのですか実験を行なった条件では、カタラーゼの触媒作用のほうが二酸化マンガンによる触媒作用より大きかったからです。
実験条件が変われば逆に二酸化マンガンのほうが強く作用する場合もありえます。
>何でカタラーゼをいれることで酸素が発生したのですかカタラーゼは過酸化水素を水と酸素に分解する作用を持つタンパク質(酵素)だからです。

学校でテーマ「水」についての小論文を書く宿題が出たのですが、何を書いたらいいか…

学校でテーマ「水」についての小論文を書く宿題が出たのですが、何を書いたらいいか全く分かりません。
水の必要性は水がなかったら生物が存在できないという事だと思うのですが、そもそも根本的に生物が存在できないという所になってしまうと、その先書けないです。
生物がいないということは、水の必要性や水の悪いところに対する思考も存在しないことになります。
小論文の書き方を調べたりしましたが、全然分かりません。
なにかいい書き方はありませんか?文学 高校 国語表現 国語 作文

水?「水」についてかけ?これは、相当テーマの考え方、展開の仕方を試される問題ですよ。
それはわかるんですけど、文字どおり水についてかかなくてもいいのでは無いですか?水の必要性はあるに決まってます。
結論は水は生物にとって大事です。ですね。
論文の書き方この型の流れは「問題提起」⇒「反対意見への理解」⇒「自分の意見を提示」⇒「理由説明」⇒「結論」という5つのステップになります。
それではこのテンプレートを使って実際に小論文を作ってみましょう。
課題例:「会社の無駄節減についての提案」 としてみました。
1「問題提起」水はこのままでいいのだろうか?ここまでが問題提起です。
2「反対意見への理解」文頭に「確かに?文末に「?かもしれない」または「?とわかる(理解できる)」をつけて、一度理解を示します。
3「自分の意見を提示」文頭に「しかし私は?」をつけて、自分の意見を示します。
しかし、私は?だとは思わない。
4「理由説明」文頭に「なぜなら?」文末に「?だからだ」をつけて、その意見を出した理由を書きます。
なぜなら、~はずだからだ。
5「結論」文頭に「よって私は?」文末に「?と考える」をつけ、結論づけます。
よって私は、?と考える。
これで骨格ができました。
あとはこれに自分の体験談を加えたり、意見を補足します。
また、このままでは言葉が硬いですから自分流に柔らかくしていきます。
ですけどね。
水はこのままでいいか?大事です。大事にされてない。
水道からすぐでる。昔は・・・。
生き物に水は欠かせない。
日本の水は飲める。
硬水じゃない。
海外は水が悪いと聞く。発展途上国では水に困っている。
井戸を必要としている。飲み水になるけどね?。難しいです( ??? )

テーマが「水」ってすごいですね。それ以外は何も言われていないのでしょうか。>

地球にある水『海水や地下水等々』は何故腐らないのですか?

地球にある水『海水や地下水等々』は何故腐らないのですか?地球の誕生から今に致まで地球上には水がありますが、何故腐らないのですか?

水はH2Oですが、H2Oが腐ることはありません。
腐るのは水に含まれた有機物です。
また、腐るためには腐らせる生物が必要です。
物を腐らせるのは、一般的に腐敗菌と呼ばれる微生物です。
また、腐るということは、腐敗菌が大量に繁殖した状態を言います。
地下水には有機物もほとんどなく、微生物もほとんどいませんので腐りようがありません。
海水は有機物も多く、微生物も多いですが、それを捕食する生物もたくさんいて、食物連鎖が成り立っており、微生物だけが繁殖することはできないので腐った状態にはならないのだと思います。

一般に「水が腐る」という表現は、
「微生物が、水に溶けている無機塩類や有機物を栄養分にして、微生物が大量増殖し集落(コロニー)を作り、臭気を出すような化合物をその集落の中で発生する。」
というようなことです。

ですので、海水であれば潮の流れで常に海水が海の中を移動しているため、微生物の集落がすぐばらばらになってしまい微生物が集まっていることができません。

同様に、湖や大きな池の場合もある程度そうです。さらに、食物連鎖によって、動物プランクトンなどによって、微生物は食べられ一定数に減ってしまい、その状態で生態系のバランスが保たれているため、腐敗を起こせるだけの微生物が集落として集まりにくいのです。

地下水などにいたっては、地下の中を流れるため、微生物自体が入り込みにくいのと、地下水の流れによって同様に微生物類は集まって増殖することが難しいです。

こんな理由ですよw>

水中の濁りについて

水中の濁りについて30センチ水槽を立ち上げて1ヶ月弱経ちました外掛けフィルターがオーバーフロー?してきたのでフィルターの交換時期だと思い交換することにしたのですが物理濾過から生物濾過にしてみようと試みました。
ネットで調べ、リング材をネットに入れ今まで使っていたマット(バクテリア定着のため)も投入し外掛けフィルター起動・・・3日目にして水中に濁りと白い粉のようなものが( ; ; )よくよく考えてみるとリング材を入れたネットが抗菌仕様でした・・・慌ててネットを取り出し水を1/3ほど交換しましたがあまり変わらず(・_・;この白い粉はバクテリアの死骸でしょうか?入れている生態はプレコ、金魚、ヤマトヌマエビですが魚たちはこのまま入れていても問題無いでしょうか?心なしかヤマトヌマエビが大人しい気がします( ; ; )代わりの水槽は無く、かなり焦っています回答お待ちしております!補足回答ありがとうございます!リング材は洗いましたがかなり粉が出てました。
外掛けはジェックスの物でフィルター内にエアレーションがあるものです。
そのサイトのようにフィルター内にプラ板を入れ下から水が入るようにし、バクテリアマット、リング材、ブラックホール、リング材の順で入れてます。
ウールを入れるとすぐにオーバーフローしてしまうので抜きました(・_・;こまめに水換えで様子見が無難でしょうか?( ; ; )

リング濾材は洗って入れましたか?というか、物理ろ過と生物ろ過はセットで考えた方がいいです。
物理ろ過を生物ろ過に切り替えたら物理ろ過は?物理ろ過がなければふやけてバラバラになったフンなどが舞って白く濁って見えます。
外掛けフィルターにスポンジフィルターをつければスポンジで生物ろ過や粗ゴミをこしとることができてメインフィルターの負担を減らしてオーバーフローの時期を延ばすことができます。
しかし、スポンジにバクテリアがついて酸素が消費されたらメインフィルターの生物ろ過の効率が悪くなる。
それを解消する方法はhttp://www008.upp.so-net.ne.jp/dekiru/powerup.htmの作戦4をやればOKスポンジフィルターのことも、作戦1に書いてます。

物理ろ過がないと頼りなくなってしまいますので・・・
せっかく考えて工夫したのでしょうけどそれだと魚も結構いるのでこうしましょう。
生物ろ過→物理ろ過という順番で
底面フィルター→外掛けフィルター というふうにすればOKです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%…>物理濾過→生物ろ過の順番がいいから一番最初にブラックホールきたほうがいいかもね最初に物理濾過で大きな汚れ濾し取って、その次に生物濾過で濾過していく感じたからねたしかに、濾材を最初に洗わなかったのがいけなかったとおもうでも、濾材の粉なら生体に影響はしないと思うからしばらくほっとけばとれるんじゃない?ほら、ソイル入れたてはめっちゃにごってるけどしばらくしたらフィルターの物理濾過で綺麗になるそんな容量でねブラックホールは煮詰めたら再利用できるからがんばって!>バクテリアというのは複雑なんです 目でみた程度じゃ到底わかりません 一つわかることといえばろ過バクテリアが少ない または、安定していないことがあげられます 影響はないとは思いますが引き続き水質が安定するまで油断はできない状況だといえます>

高校の生物基礎で質問なのですが、

高校の生物基礎で質問なのですが、ヒトの正常な血糖値が約0.1%ということは覚えているのですが、1mL中に何mgか?と聞かれるといつも間違えてしまいます。
数値を覚えようとしてしまっていて知識が曖昧なので聞き方が変わると対応ができません。
mLは体積の単位で、mgは重さの単位で合っていますか?この場合、重さなら重さで体積なら体積で%を出すなら出来るのですが両方が組み合わさると出来ません。
単位の換算方法と、忘れにくいような理屈(?)を合わせて知りたいです。
回答よろしくお願いします。

「mLは体積の単位で、mgは重さの単位」その通りです。
LとmL、gとmgの関係は大丈夫でしょうか?m(ミリ)は、1000分の1という意味なので、1mL=0.001L(1L=1000mL)1mg=0.001g(1g=1000mg)です。
これは長さでも同じで、1mm=0.001m(1m=1000mm)蛇足ですが、単位は全て3桁ごとに定められていますので、知っていると便利です。
さて、血糖値は約0.1%ですが、%は重量パーセント濃度なので、0.1%というのは、「血液100g中に糖が0.1g(=100mg)含まれる」ということになります。
血液の90%以上は水なので、血液1gの体積は約1mLと考え、血液100gは100mLです。
したがって、0.1%は、「100mL中に100mg含まれる」ということになります。
(血糖値を、100mg/100mL と表すことがあります)1mL中なら1mgです。
「忘れにくいような理屈」ではないかと思いますが。
参考までに。

高校の生物基礎について質問です 生物の同化と異化について知りたいの…水の生物

何で生物には水が必要なの??

何で生物には水が必要なの??

水から生まれてるからだよ。
逆に水以外を必要としてんのが不自然なんだよ

生物は代謝(新しいものを取り入れて、いらないものを捨てること)をしなければいけませんが、それをする土台が水です。水がないと代謝ができないので、水が必要です。

ではなぜ水なのか?

地球には水が大量にあったからでしょう。なので地球の生物は水を利用した。そして進化して今に至る。もしかしたら、水ではなくてエタノールやアンモニアを土台とする生物が宇宙のどこかにいるかもしれません。>ギリシャの鉄人、タレス
万物の根源(アルケー)を水である。

中国の五行(本質、要素)説
木火土金水

ヒンドゥの創造の要素
土(尾てい骨)、水(仙骨)、火(腰骨)、風(胸骨)、空(頚骨)
眉間(アージュニャ)

水は創造の要素であり、土要素の世界ができて水要素の生物が登場しました。

科学の質問ではなく、哲学の質問ですので、古代の哲学者の聖なる直観認識を紹介しました。
本質要素という意味で物理などでの見える水とは違う認識です。>水が必要だから水が必要なんですよ。
理科を百万時間勉強しなさい。>そもそも水ありきの進化だからでしょう。>奇跡の媒介エイチ・ツー・オーだからです(笑)

あれこれ完璧な物質な訳です。

詳しくは教科書へー>

水のような下痢が続き、悩んでいます。

水のような下痢が続き、悩んでいます。
汚いお話しで大変申し訳ございません。
半月程前から、毎日のように1日に5回は水のような下痢が続いています。
お腹がゴロゴロとなり、腹痛が起こり、トイレに駆け込むと、水の様な下痢です。
特に古い物を食べたり、生物(なまもの)は食べてないと思います。
正露丸を飲んでいますが、治まりません。
どうしてかは分からないのですが、この水のような下痢が毎日続くのは非常に辛いです。
これは何かしら感染性の、食あたり的なものなのでしょうか。
こんなに長く続くのでしょうか。
下す位で受診したものか、迷っていますが、それともやはり早急に医者にかかった方がいいのでしょうか。
お早い回答お待ちしております。

bstkneokytdpkさん安部総理の病気は過敏性ではなく潰瘍性大腸炎です国が難病指定している病気です全く違います食あたりだとしても半月というのは長すぎます食あたりで腸が荒れて固形便が出るまでに時間がかかることはよくありますが、それでも水下痢が1日5回というのはちょっと酷いと思います下痢くらいでとおっしゃいますが水下痢が半月なんて「なぜもっと早くに」と怒られるレベルですよあと、そこまで水下痢が続いているのなら自分では気づかないうちに脱水になっていませんか?(少し動いただけで動悸が止まらない、すぐハァハァ言ってしまうなど)早く病気に行って検査してくださいね正露丸より病院の薬の方が劇的に効きますので・・・

内科にかかってきた方がいいと思います。コロネルと言う、下痢によく効く薬があります。過敏性腸症候群かもしれないですね。総理大臣の安倍晋三さんも、この病気で、政務の激務を、薬で、コントロールしていると国会の答弁でも、言われていました。これは、もう、病院を受診する必要があります。隠れた病気があるかもしれないので、医師に診てもらうことが一番です。>過敏性大腸炎とかクローン病、アレルギー性等々…..>

生物の質問です。

生物の質問です。
実験でマイクロ遠心機を、使ったのですが1本のマイクロチューブを遠心分離するとき、対角の位置に同じ量だけの水を入れたマイクロチューブを置いてバランスをとったのですが、それは何のためですか??教えてくださいm(_ _)m

バランスを取らないとローターの重心が回転軸からずれ、高速回転時に振動を起こします。
今の遠心機は安全機能がついていて、過度なバランスのずれを検知した場合に自動的に停止するとは思います。
ただ停止しても、そのような誤った使用で回転軸等が傷む等の故障につながる可能性は捨てきれません。
高速回転を行う機器の危険性を認識すべきです。
私がやったわけではありませんが、遠心機の蓋を載せただけで遠心を行い、回転とともに遠心機内で蓋が跳ね回り、遠心機が壊れた現場に居合わせた経験があります。

生物の「細菌の光合成」という分野からの質問です。

生物の「細菌の光合成」という分野からの質問です。
細菌でもバクテリアクロロフィルを持つ、光合成細菌は光合成をすることが出来ますよね?しかしそのバクテリアクロロフィルは不完全で、光化学系IかⅡのどちらかしか持っていないため、酸素を作ることが出来ない。
だから、酸素非放出型光合成をするって言うんだよ、と教わりました。
しかし、光化学系Ⅱを持っていれば酸素は作れると思うのです。
ですから、全ての光合成細菌(シアノバクテリアは考慮しないとして)が酸素非放出型光合成をするとは言えないと思うのですが、どうなんでしょうか??初投稿ですが、お答え頂ければ幸いです。

シアノバクテリア以外の光化学系Ⅱ型の反応中心をもつ光合成細菌は酸素を出しません。
それらの細菌の光合成反応中心はシアノバクテリアや真核生物の光化学系Ⅱの反応中心と相同性がありますが、それらの細菌は水を分解する仕組みを持っていません。

水のpH値について質問です。

水のpH値について質問です。
排水基準として、pH5.8~8.6というのがありますが、これを超える水を流してはいけないのでしょうか?またこの値を超えた場合の影響など・・・分かる方いたら教えてください。

5.8未満(強めの酸性)でもダメ、8.6超(強めのアルカリ性)でもダメ。
影響としては・生物、生態系への負担・毒性物質(重金属など)の溶出を招く・下水設備の腐食

水不足のようですが、大きな川の水をそのまま海に捨てているのは勿体ないはなしで…

水不足のようですが、大きな川の水をそのまま海に捨てているのは勿体ないはなしですよね。
荒川水系の水が不足しているそうですが、こういう話を聞くと、いつも感じることですが、大きな川の水はなぜそのまま海に捨てているのでしょうか?海の水になって、塩気を含んでしまうと水として値打ちはほぼ無価値になってしまいますよね。
都会に琵琶湖みたいな大きな池をつくるか、その川の水を土にしみこませる工夫が欲しいですよね。
東京でため池が流行らないのは、元々がそんなに水に苦労した土地でないという事ですか。

結論から言えば、スレ主さんが書かれているとおり、日本で水不足に悩まされている地域は、ごくわずかともいえるかと。
明らかに水が少ないのは、瀬戸内四国の讃岐地方くらいでしょうか。
夏にこのところ毎年水不足が言われていますが、今年は利根川水系はまだまだ十分な水量があります。
当然のことながら、川が海に流れ込むまで各地で水を必要としますから、途中で流れを止めてしまうわけにはいきません。
下流の小さい川であっても、水が流れなければ、川の汚れや悪臭のもと、さらには雑菌の繁殖など、衛生面でも問題が生じます。
ムダに海に流しているように見えますが、上流の山や森林に降った雨が栄養分を含むことで、海の生物を育てる、とも言われています。
人間が水を利用するのと同時に、人間以外の生物も自然界の水の循環の恩恵を受けています。

日本の水道水に、淡水に潜む危険な微生物が混じったりして感染とかありえますか? …

日本の水道水に、淡水に潜む危険な微生物が混じったりして感染とかありえますか? 他の質問ではカルキ抜きされているから大丈夫だと答えをいただいたのですがやはり怖くて‥‥‥‥私がいま怖いのは、鼻から入る淡水の微生物が水道水に混じっていたらと考えてしまいます‥‥100%との安全を求めているわけではありません、危険な微生物が混じったりしていないか心配です‥‥‥‥微生物は、私の過去質問を見ていただければ分かります<(_ _)>

検査済です、100%安全です

上部フィルター内のウールマットは水道水で洗っても大丈夫でしょうか?

上部フィルター内のウールマットは水道水で洗っても大丈夫でしょうか?

生物濾過の濾材が別にありますか?複数のマットが入っていて、一部だけ洗う?生物濾過を兼ねている場合は、取り出した飼育水かカルキを抜いた水で軽くゆすぎ洗い。
そうでない場合は水道水で洗ってもいいですが、しっかり水気を切ってください。
水道水の塩素で濾過バクテリアが死にます。
ヘタレたら、新しい物に交換を。

回答ありがとうございました。>新しく水槽を立ち上げるのであれば問題ありません。

もし既に立ち上がっている水槽のろ材を交換するという意味でしたら飼育水で洗ってください。>

高校の生物基礎について質問です

高校の生物基礎について質問です生物の同化と異化について知りたいのですが呼吸でATPを分解してADPにして、エネルギーを得るのが異化光合成でADPをATPにしてエネルギーを蓄えるのが同化という認識でよろしいのでしょうか?

エネルギーを使って単純な物質から複雑な物質を合成するのが同化です。
(このとき、複雑な物質へエネルギーを蓄えているとも言えます。
)逆に、複雑な物質を単純な物質へ分解してエネルギーを作り出すのが異化です。
(複雑な物質からエネルギーを取り出しているとも言えます。
)呼吸は異化の代表選手です。
呼吸では、有機物(複雑な物質)を水と二酸化炭素(単純な物質)へ分解し、エネルギーをATPという形で取り出しています。
光合成は同化の代表選手です。
光合成では、二酸化炭素と水を使って有機物を作り出しています。
光合成の明反応ではATPを作りますが、それは暗反応でCO2を固定して有機物を作るために消費されます。
光合成の最終目的はATPを作ることではありません。
ちなみに、ATPは生体内エネルギーとして利用されますが、エネルギーを長期間貯蔵するための物質ではありません。
エネルギーとして蓄える場合には、糖質や脂質に変換して蓄えます。

生物基礎の問題がわかりません。 ①?⑧まで何が入りますか?水の生物

余ってしまった水酸化ナトリウムの処理

余ってしまった水酸化ナトリウムの処理見ていただいてありがとうございます。
生物の実験をしていて、水酸化ナトリウムを扱ったのですが、余りがでてしまいました。
途中まではクエン酸を滴下していたのですが、クエン酸が残り少ないため、酢酸を途中から入れようかと思っています。
危険なガスの発生などの心配はないでしょうか。
すみません、よろしくお願いします。

心配ありませんよ。
水酸化ナトリウムを中和して中性にしてから廃棄するのなら塩酸のほうがいいかと思います。
そのような弱い酸だと中性にするのはかなりの量が必要です。

水を飲むことで代謝は上がるのですか?

水を飲むことで代謝は上がるのですか?

上がりません。
厳密にいうと、身体はほとんど水でできています。
当然生物なので入れ換えなければいけません。
水は汗や排泄で出ていきますが、その分をしっかり補給して常に体内の水分を新鮮にしてあげることで多少の改善はみられます。
肌も同様で常に新しい皮膚が作られ入れ替わってますので水分は大事になります。
ですがその程度は些末なものなので、計算には入りません。

脱水状態でなら、水分補給で身体が正常になるので代謝は上がる。健康体に水を入れても同じです。>

火星に水とか生物を運んだら繁殖しますか?

火星に水とか生物を運んだら繁殖しますか?

火星に液体の水を持って行っても、大気圧が低すぎるのと気温が低すぎるので液体のままでは存在出来ません凍結して氷になるか、蒸発して水蒸気になります。
生物を持って行っても、土壌に栄養が無い事、水もあげられない事、そもそも呼吸が出来ないことなどいろんな原因から、繁殖することはできません。
火星上に密閉された区画を用意し、その中に地球と同じ成分と圧力の気体を満たしておき、温室のように太陽光を取り入れて内部の環境を上手く調整すれば、その中での繁殖は可能です。
地球よりも小さい重力がどこまで影響を及ぼすのかは未知数です

なぜ、水のあるところにしか生物はいないと断言できるのでしょうか?

なぜ、水のあるところにしか生物はいないと断言できるのでしょうか?人間が、自然のなかにも関わらず、なぜこんなにも完璧に作られているのか、それさえはっきりとしてないのに、生物は水から生まれる、と、断言できるのはなぜですか??

生物が生きていく上で、養分など様々な物質の溶媒として、水が必須だからです水に溶かさなければ、何も体内で運べません

___コンゴウノーズフィッシュが人工飼料を一切食べなくなりました。
水温、水質…

___コンゴウノーズフィッシュが人工飼料を一切食べなくなりました。
水温、水質は問題ないのですが、なぜでしょうか。
水の生物、アクアリウム、水槽

たぶん体調悪いか ここ最近の気温の低下が原因では。
生き餌を与えていたなら、生き餌に虜になったからかもしれませんね。
もっと詳しく補足してもらえたら、回答もしやすいです。
水槽のサイズ 匹数 ヒーターの種類フィルターの種類・・・等々です。

生物について、これの問四って12H2oで600gってことは水一分子50gになりますよね?…

生物について、これの問四って12H2oで600gってことは水一分子50gになりますよね?どういうことですか?

〉生物について、これの問四って12H2oで600gってことはいいえ。
できた水の量が600gなだけで、12H2Oが600gではありません。
化学反応式を書いているなら、両辺に係数をかけて、12H2Oが600g相当になるようにし、その時のグルコースのモル数からグラム数を計算しましょう。

係数をかけるとは?>

生物の尿酸について、爬虫類、鳥類は卵の中に尿酸を貯めるとききましたが、尿素だ…

生物の尿酸について、爬虫類、鳥類は卵の中に尿酸を貯めるとききましたが、尿素だと拡散で中に入ってきてしまうからダメなんでしたっけ?浸透圧の影響ですっけ?

浸透圧です。
水に溶ける尿素が体外で濃度が濃くなっていくと、塩もみしたきゅうりのように体から水が抜けてしまいます。
尿酸は水に溶けないので大丈夫です。
ちなみに、とりは飛行する関係で余分な水分は保有せず、尿は排泄せず尿酸を固形物として排出します。
鳥の糞の白いのが尿酸で水で流しても落ちません。

生物の合成に対する研究はなぜ進まないのですか?

生物の合成に対する研究はなぜ進まないのですか?材料さえあればもはや人工的に作れない化合物はないと言っていいでしょう。
あとはそれを組み合わせるだけなのですが、そこが難渋しているのはなぜでしょう?研究者は遺伝子組み換えばかりに目を向け、生物の合成自体は受精という生物自身の力に頼りっきりですよね。
このやり方では成長するまで待たなくていけません。
材料で人工的に生物を合成出来たらいいのですが。
もはやこれはバイオテクノロジーではないですがね。
むしろ脱却すべきですよ、生物の神秘の力への依存から。

「材料さえあればもはや人工的に作れない化合物はないと言っていいでしょう。
」有機化学はいつのまにそんなレベルになったのですか?蜘蛛の糸がようやく最近できたというレベルですよ(これも合成というより微生物に作らせるバイオテクノロシーであって化学合成ではない)。
まだまだ人の手では作れないものだらけです。
まずは太陽光を使って炭酸ガスと水から有機化合物を作るという一番の基礎部分ができないと生物の力からは脱却できないでしょうね。

そもそもそんなレベルまで生物学は進んでいません。単なる化合物と生物では複雑さの度合いは天と地以上です。>

池 濾過材について

池 濾過材について水量1トン 濾過槽100L 井戸水で錦鯉を飼い始めました自作濾過槽ですがヤシマットで物理濾過 生物濾過は多孔質の石をぎっしり詰めて水を循環していますヤシマットの下も多孔質の石がぎっしり詰まっています水の流れはヤシマット→濾材→プラスチックケースの下側に穴が開いていますので底から左上に流れます質問ですが濾材が多すぎますでしょうかまたお勧めの濾材があれば回答お願いいたします

物理濾過部分が水に浸かっている常態ですと、汚れを逃してしまいますので、出来ればサッと下へ流れるようにした方が濾過能力が上がります。
木などを渡し、その上に物理濾過層を上げ真下へサッとシャワーのように流れるようにすると良いです。
そうすればスペースか空き、そこへロザイを増やしたりあえて水の流れがよくなるように隙間を開けれます。
このままですと、水面だけ流れてしまい。
雑菌の繁殖に繋がってしまいます。
ロザイ層にも底からエアレーションが必要です。
またよどみが出来ないようにロザイパックの下にエンビパイプを輪切りにしたものなどを噛ませ、底水が動くスペースを作るとさらにバクテリアの能力が発揮されます。

生物基礎の問題がわかりません。

生物基礎の問題がわかりません。
①?⑧まで何が入りますか?

下図のAとBは、いずれも真核生物に見られる細胞小器官である。
Aはほぼすべての①真核生物の細胞に見られる細胞小器官で、②有機物と③酸素を用いて④ATPを合成する。
一方、Bは①真核生物の一部にのみ見られる細胞小器官で、⑤光エネルギーを用いて、⑥二酸化炭素と⑦水から⑧有機物を合成する。

1真核2有機物3酸素4ATP5光6二酸化炭素7水8有機物間違っていたらすみません。>

水槽や睡蓮鉢の水について 似たような場所(太陽の当たる)に置いてる容…水の生物

子どもがメダカなどの小魚、ザリガニなど、水の生物に興味があります。

子どもがメダカなどの小魚、ザリガニなど、水の生物に興味があります。
東京都内で小さくても構いませんので、魚などがとれる池や川などの場所ありますか。
よろしくお願いいたします。

皇居のお堀とかは怒られるのかな?上野の不忍池とかどうでしょう。

エウロパは水蒸気が吹き出してるなら、その水蒸気の穴から生物が飛び出してきませ…

エウロパは水蒸気が吹き出してるなら、その水蒸気の穴から生物が飛び出してきませんか?エウロパに生物がいたらの仮定ですが。

エウロパについて探査機により判っているのは、ひび割れが出来て水が割れ目からにじみ出て氷ついた後が望見されるのみです、エウロパの生物についてはわかりません、にじみ出てきた水の中にいたとしても瞬時に氷ついたと思います、そして探査機からそれを検出できる解像度はありません。

水蒸気が吹き出してるなら…
可能性はあろう。

ただ、どういう状況だろう?
地球でも、間欠泉とかから生物がいい感じで
茹で上がって(笑)出てきたとは聞かんのだが
(目視しにくい程小さいのはいるのかな?)。o○

そもそもそういうとこに生物は近づかない気も
しなくは無い。

しょっぽクン>

添付した画像の生物の名前を教えてください。

添付した画像の生物の名前を教えてください。
庭の水たまりに変な生き物がいました。
ゾウリムシを大きくして尻尾をつけたような感じです。
大きさは1cmから2cmくらいでしょうか。
毛虫が水たまりに落ちたようにも見えます。
一応、水の中でも生きているので、水生生物だと思います。

アブの幼虫です・・・・https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E3%…

ありがとうございます。

回答のあまりの速さに驚きました。

ハナアブでしょうか?

殺した方が良いのでしょうか?
ネットで検索するとハナアブは益虫とありますが。

メダカを飼うための鉢(庭に固定されたもの)にいます。
メダカの餌になるでしょうか?

もし可能でしたら、ご回答のほどよろしくお願いいたします。>

水換えのタイミングを教えてください。

水換えのタイミングを教えてください。
水槽を立ち上げて1ヶ月。
どれくらいの頻度で水換えするのが良いのでしょうか?現在は1週間に一回2割程度の水を温度を合わせてからやってます飼育環境生体、和金(フナ型)金魚13cm1匹のみ60cm水槽、水量57L濾過器上部グランデカスタム上段にウールマット下段にリングろ材ポケットにサブストが入ってます水草はマツモがはいってますエアレーションはしていてヒーターは使っていません。
餌やりは朝と夜にひとつまみ程度底砂なし、ベアタンクです回答宜しくお願いします。

ベアタンクなので、上部の濾過層に生物濾過の濾材を入れて強化したのはいいと思います。
現在の水温は?※水温計は必ず付けてください。
新規立ち上げの場合、濾過バクテリアが十分増えて水が安定するまで1ヶ月程度かかるので、餌を控えめにして、まめに少量の水換えをします。
餌は1日1回少量。
(ごく少量を朝夕でも可)週2回1/3程度づつ、クリーナーポンプで底掃除しながら排水し、カルキを抜いて水温を合わせた水をゆっくり入れる。
試薬でアンモニアや亜硝酸濃度を試薬で測って危険濃度になる前に換水でもいいです。
安定した水で毎週1/3程度が目安。
※水温が15℃以上位の場合。
活性が下がると食欲も落ちます。
10℃以下になると餌を食べなくなるので絶食して水換えも控えます。
※蒸発分の足し水のみ。
上部はエアが入りやすい濾過装置ですし、過密や高水温でなければ別途エアレーションしなくても酸欠にはなりません。
今の時期から飼い始めるならできれば今年は加温して越冬した方がいいです。
立ち上がる前に水温が下がる可能性があります。
暖房を付けたり消したりする部屋に水槽を置いて水温変動が激しくなる場合は、ヒーターが必須になります。
冬に病気になった時も加温が必要。
徐々に水温をあげないといけないので、温度調整できるサーモヒーターがあると便利。

理想を言えば、週1回です。私は夏場は週2回水を溜めて水温合わせた水を40Lほどで水換えしています。水温さえ違いなければ問題は起こらないです。>一匹のみでベアタンクなら底のゴミや糞をクリーナポンプなどで吸い出すようにして二割から三割(基本は三分の一)交換です。一カ月であればまだまだ安定はしていませんので、週に2度一割?二割でも問題ないかと思います。あと一カ月もすれば週に一度全体の三分の一。グランデの場合はリング サブストがあるのでマットはガンガン飼育水や塩素を除去した水でもみ洗いしましょう。薄手を二枚入れて交代で使用してもいいです。上部を使用しているならあえてエアレは必要ありませんが、演出としてなら特に問題はありません。>現在の水換えペースで特に問題はないかと思います。
水換えは水が汚れたタイミングでするのではなく、一定のペースを守って行うのが適切です。

これは、古い水に慣れていたところに急に新しい水を入れると、pHなどの急変で魚が水質ショックを起こす可能性があるためです。

現在、水温合わせもして慎重に水換えをされているということなので、そのままで大丈夫だと思いますよ。

大事に飼育なさってくださいね。>

淡水魚を飼育する為の水の作り方と「水カビ」について引っ越し後の環境から、悩んで…

淡水魚を飼育する為の水の作り方と「水カビ」について引っ越し後の環境から、悩んでいます。
約15年程60cm水槽にてラミノーズやネオンテトラ等の安価魚をメインに飼育していましたが、引っ越し後より水槽内に水カビが原因と思われ全滅。
水槽器具を1度洗浄し器具を天日干しし、水と砂&「麦飯石」「カルキ抜き剤」のみにて水を作り3分の1づつを水換え1ヶ月後に魚を投入。
しかしながら一晩で全滅。
よくよく水槽内を観察してみるとエアーチューブ(本来半透明の白)がピンクかかった色に変色していました。
これってマンションの水回り(風呂等)に繁殖するピンクカビ?なのでは、と思い、ダスキン産の蛇口付け浄水器を購入。
水槽内は全て洗浄しチューブや砂、濾過器等も新品に変更。
水は「麦飯石」「カルキ抜き剤」のみで作成し2週間様子見。
エアーチューブにピンクかかった色は今のところ見受けられなかったので、この水槽に写真の様に流木を半分水に漬け、流木の水面より上部に苔を敷き詰めました。
水中に浮き沈みした苔や流木の破片は取り除き1週間後…写真の様に水が黄ばみ(茶色に変色)これは想定内、アク抜き&水漬けを繰り返した流木でも水が茶色に黄ばむのは、1週間単位で3分1づつ位水換えをすればと考えているのですが、問題は水槽に沈んだ流木片と枯れた苔の表面に、ぬいぐるみの毛の様な白いフワフワとしたカビ?が…エアーチューブに変色はありません。
流木から、にじみ出る茶色水を地道に交換しながら、カビらしき物を地道に取り除けば、この状態でも魚を投入して大丈夫でしょうか?また、魚が入って居ない状態にて、苔や流木片の沈殿物に付着しているカビ?らしき物の発生を回避する、おすすめの対処法はありますか?また、早期に流木から、にじみ出る茶色水を無くす方法等もあれば是非教えて下さい。
水温は25.5℃に保たせています。
説明が下手で解り難いですが、是非回答お願いします。

死んだ魚を放置したり残餌に白いカビが生えますが、これは水槽内の常在菌類だと思いますので根絶は無理でしょう。
水槽内のバランスが取れて安定していれば気になるほど発生しない物です。
活きた魚の口や目にカビが生える病気はファンガスという病気です。
魚の体調や水の状態が良くない時に発生します。
症状や治療法は病名「マウスファンガス」などで検索してみて下さい。
ご質問の文章を拝見していますと誤った知識を持った潔癖症の方の様に思えます。
水槽内はバクテリアの力を借りながらバランスを取りつつ維持していく物です。
人間も微生物の力が無いと生きていく事ができませんが魚や水草も同様です。
何とかしようと、いじりすぎて必要なバクテリアが発生せず不要なバクテリアが増えている気がします。
画像を拝見していると白濁りが発生している様です。
典型的なバランスの悪い水槽の状態と見受けられます。
正しいアクアリウムの知識を持って魚や水草に接しましょう。
流木ですが最初に数時間、大きな鍋などで煮出して数日間、水に漬けておくと(時々、水を換えながら)緩和されますが完全に無くす事は出来ません。
どうしても気になるのならフィルター内にブラックホールという活性炭を入れて吸着させて下さい。
これは、かなり強力です。

記載を忘れました。

水槽水の造り方はGoogleなどで検索すると出てきます。
一例です。
http://aquariumforest.client.jp/BasicAquarium/BasicAquarium_MakeWat…

水槽を維持するために欠かせないのが浄化バクテリアです。これは2種あって魚が排泄するアンモニアを比較的、無害な硝酸塩に換えてくれます。溜まった硝酸塩を水槽外に出すのが「水換え」になります。通常は週に1回、水槽水量の1/3を換水します。

初期セットの時、すばやくバクテリアを増やすため市販のバクテリアを利用する方法があります(賛否両論ありますが)。私は比較的、良く利用していました。一度、バランスの取れた水槽が作れれば、あとは、その水や濾材を「タネ」に使えます。>

生物のこの問題の解説をお願いします!どうやって下の答えを導くのかお願いします!

生物のこの問題の解説をお願いします!どうやって下の答えを導くのかお願いします!

まず、酵素の性質を理解してください。
ここでいう酵素、つまりカタラーゼは一、二行目に記されている反応を示します。
ただし、酵素には最適pHというものが存在し、適したpHの場所でしか上手く働かないようにできています。
カタラーゼは身体で発生する過酸化水素を危険性の少ない酸素と水に分解するための酵素で、身体の至る所で働いていますので、中性付近が最適です。
つまり、水酸化ナトリウムや塩酸によって、アルカリ性や酸性に傾くと、活性が低くなります。
温度にも同じことが言えて、最適温度というものがあり、体温よりちょっと高い付近で最適となります。
つまり、寒くなると活性が低くなります。
また、酵素の主成分はタンパク質で、タンパク質は加熱すると、生卵がゆで卵になるように、性質が変わってしまい(変性)活性を失います(失活)。
これはゆで卵がほっといても生卵に戻らないのと同じで不可逆的なものです。
次に酸化マンガン(Ⅳ)ですが、これは天然に存在し、カタラーゼと同じ働き(一、二行目)をする無機触媒のことです。
無機触媒の特徴ですが、最適pHというものが存在せず、どのpHでもそれなりに反応してくれます。
また、最適温度も無く、高温にすればするほど活性は高くなります。
そして、熱に強く加熱したくらいで働きを失うものではありません。
最後に石英砂ですが、酸化マンガン(Ⅳ)はパッと見ただの黒い砂(石つぶ)ですので、その辺の砂だったら何でも触媒になるわけじゃないよというデモンストレーションとして対照実験に使われてます。
以上のことから、まとめると、A酵素が無いため反応しないB酵素が有るため反応するC酵素が有るが、酸性なため反応が微妙D酵素が有るが、アルカリ性なため反応が微妙E酵素が有るが、加熱されて失活してるため反応しないF酵素が有るが、冷やされているため反応が微妙Gその辺の砂では、触媒になるわけがなく、反応しないH無機触媒が有るため反応するI無機触媒が有るため反応する(pHの影響無し)J無機触媒が有るため反応する(pHの影響無し)K無機触媒が有るため反応する(加熱の影響無し)となります。
いかがでしょうか。

生物の絶滅危惧種のレッドリストなどはありますが

生物の絶滅危惧種のレッドリストなどはありますが鉄道会社の経営や路線の収支などで廃線危機にある路線のレッドリストって作れませんか?鉄道会社に問い合わせて、廃線になりそうな路線に乗りに行って廃線にならないように救うのに役立つと思いますが。

焼け石に水のような気がする。
都営地下鉄だって負債が1兆円程あり、これが、東京メトロとの合併の最大に障害になっています。
東京メトロ側が嫌がっている

年一回くらい、経済雑誌の鉄道特集でそういうの出てるよ。素人が考えることは大抵実現されてるもの。>

生物基礎

生物基礎紫外線と赤外線の違い教えてください

波長が違います。
光は波の一種であり、常に振動しています。
そして、その振動が激しい=波長が短いほどエネルギーが大きくなります。
紫外線、赤外線とは何か、ですが、この外は、可視光の外側の光であることを意味しています。
つまり、どちらも人間には見えない光ですね。
光は虹の七色(厳密には更に細かく分けられますが)である赤橙黄緑青藍紫に大別され、赤が波長が長く、紫に行くほど波長が短くなります。
そして、紫外線は紫の外、ですから、紫よりも更に波長の短い光になります。
先程も言ったように、波長が短い=エネルギーが大きいため、紫外線はものを破壊する力の大きな光です。
なので、紫外線は消毒(細菌を殺す)に使われたりしますし、日焼けの原因になります。
(日焼け止めによく書かれているUVカット、のUVがウルトラバイオレット、紫外のことです)。
生物には有害な事が多いですね。
赤外線は逆に、波長が長く、エネルギーの小さい光です。
なので、赤外線を微生物に当てても(基本的には)死にません。
赤外線のエネルギーは破壊には使われず、ものの温度を暖める作用があります。
(紫外線でも暖める作用はありますが前述のように危険なので)赤外線ストーブなんか最近良くみますよね。
赤外線は特に水分によく吸収され、熱に変わります。
そして、生物はほとんど水で出来ていますから、赤外線を浴びると暖まりやすい訳です。

なぜ物理じゃなくて生物?まあ無理矢理生物で答えるならば、赤外線:爬虫類等が体温を維持する為に浴びる光紫外線:昆虫には見えるけど哺乳類には見えない光>

生物に関する質問です。

生物に関する質問です。
写真の選択肢ウについて、炭水化物のOは水に由来していると書いてあるため正しい選択肢かと思いましたが、答えは誤りでした。
どの部分が誤りでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

光合成ではまず水が分解されます。
このとき発生するHはカルビン・ベンソン回路に利用されます。
かたやOは必要ないので酸素として放出されます。
カルビンベンソン回路では、吸収した二酸化炭素にHを加えて炭水化物がつくられますので、炭水化物のCもOも二酸化炭素に由来しています。
ルーベンは「炭水化物のOは二酸化炭素に由来していることを明らかにした。
」もしくは「光合成によって発生する酸素は水に由来していることを明らかにした。
」が正しいです。

水槽や睡蓮鉢の水について

水槽や睡蓮鉢の水について似たような場所(太陽の当たる)に置いてる容器がありますが、グリーンウォーターのものもあれば透明に透き通っているものもあります。
この差はどうしてでしょうか?<<透明なもの>>底砂あり、浮かせる水草あり底砂なし、ハスや睡蓮等(土含め)あり<<グリーンウォーター>>底砂なし浮かせる水草はあり薬品を使わず水を緑にしない対策がありましたら教えてください。
宜しくお願いします。

> 薬品を使わず水を緑にしない対策1.水草を増やして水中の栄養素を減らす2.植物プランクトンを食べるミジンコなどの生物を入れる3.例えばメダカなどが入っていて餌を入れているなら、その量を減らすですかね。

生物です。酵素の働きについて 水+肝臓片+HCl→気体が発生しない 水…水の生物

水がなければ全ての生物は存在しないだろう。

水がなければ全ての生物は存在しないだろう。
If it were not for water none of creature would exist.は文法的に正しいでしょうか。
?全否定の部分で困ってます。

ceatureは可算名詞のようなので、none of all creatures would exist.もしくは no lives would exist. でいかがでしょうか。

水作エイトの砂利の所にリングのろ材を入れる改造についてです。

水作エイトの砂利の所にリングのろ材を入れる改造についてです。
・砂利よりも良いですか?・砂利と比べると水の通りが良くなりますか?・浮いてしまいますか?・どのリングも同じサイズですか?どれか1つでもお願いします。
水作エイトコアのMです。
よろしくお願い致します。

砂利の代わりにリング材は無理があります。
砂利をゼオライトに変えています。
砂利よりも浮き易くなり、塩水で洗浄する必要があります。
カートリッジを抜き取って、サブストラットを入れてみました。
フィルターを抜き取って、ループエコマットを入れてみました。
水作 エイトブリッジM/L用 メッシュケースを購入して、サブストやメックを入れてみました。
コアは旧式の様に、本体にドリルで小さな穴を開けてみました。
完全に同じ環境で検証できていないので、何が良かったのだろうか?自己満足だったのか?水槽立上げ時に過密だと白濁しますが、使用中の水作を投入しても、水作で白濁は取れませんでした。
新品のスポンジフィルターを追加投入すると解決しました。
結論としては、水作はそのままで物理濾過を任せて、スポンジフィルターに生物濾過を任すというスタイルに落ち着きました。
何かやってみるのも楽しいですね。
参考になれば幸いです。

スポンジフィルターってエアーですか?
>リング濾材結構でかいけど入るの?>

高校の生物の質問です 急いでいます

高校の生物の質問です 急いでいますボイセンイェンセンの植物成長ホルモンと光屈性の研究で質問です質問、ゼラチン片を使用してなぜゼラチン片に成長物質が通ると水溶性だと分かるのか?よろしくお願いします!

ゼラチンを水に溶かして、固めたゼラチン片が水溶性だからというのでは、解答にならないでしょうか。
ご存知のように水と油はほとんど混ざらないので、脂溶性の物質は通過出来ないと思います。
ドレッシングのビンなどを見ればわかるように、ほっとくと水と油の2層に分かれてしまいます。
こういった解答でよかったでしょうか。
もし、質問の内容を勘違いしているようでしたら、御指摘下さい。

ゼラチン片について教えて下さりありがとうございます!この研究に「拡散」というものは関係しているかご存知ですか?もし知っていらっしゃるようでしたら教えて頂きたいです!>

生物基礎で質問

生物基礎で質問塩分濃度の低いものの見つけかたと、収縮の計算の仕方教えてください。

塩分濃度が低い=ほぼ水→ゾウリムシに水がバンバン入ってくる。
→入ってくる水を出さないと破裂して死ぬ。
→収縮胞をバンバン動かして排水する。
→収縮胞の収縮の間隔は短くなる。
よって、塩分濃度が一番低いのはA液。
A液の時の収縮の間隔は20秒。
20秒に1回収縮しているから、5分間では何回か?

了解です!>

生物基礎です。

生物基礎です。
マウス脳下垂体を除去する↓飲水量、尿量ともに増加するとあるのですが、バソプレシンがでなくなって、水の再吸収が抑制されて尿量が減るのはわかります飲水量が増える理由がわかりません!補足尿量が増えるですね書き間違えてました!!!

バソプレシンがでなくなって、水の再吸収が抑制されて尿量が「増える」生物にとって水は重要です。
人間も体の60%が水なわけですから、水を必要とします。
再吸収がされないということは、飲んだ水がそのまま排出されると考えると、体に必要な水が全部外へ出てしまいます。
再吸収されない分、水を飲む必要があるのです。
つまり、飲水量が増えるわけです。

ありがとうございました、!!!!>

生物の大きさはどうやって決まっていくのでょうか?とても不思議です。

生物の大きさはどうやって決まっていくのでょうか?とても不思議です。
ヤリイカとダイオウイカの違いってなんなんですか?何に適応しようとしたらあんな大きくなるのでしょうか?また、陸上の生物は深海生物などに比べて比較的小さい気がしますがなぜですか?20メートル級の生物なんていませんよね?でも昔はケツァルコアトルとかいう翼広げたら10何メートルって言う鳥もいましたよね?とても不思議です。
生物の進化と大きさの関連性や生物の適応能力について詳しく教えて下さい。

固体識別遺伝子の問題でしょう?、鯨や鰯これ哺乳類と魚類の違い。
外にイルカやシャチにジュゴンとか魚類じゃねえしそんでも水の中でしか生きられんでしょ?空気中に呼吸器出しても死なないねえ、爬虫類もそうでしょ?ガラパゴスにしか生息してない海イグアナと陸イグアナ食べるものと言えば前者は海藻類をかじって、陸系はサボテンかじるじゃん。
アリもトカゲも蛇もワニも代々受け継がれてきた遺伝子の携帯を延々と続けて生きてる。
絶滅危惧種とワシントン条約でか輸出入を禁じられてる危惧種がそうであるように、象も牙が象牙と希少価値で密漁が永年原住民にて食うために連中が殺しては密売人が買い取って中国方面へ日本へと今は管理も厳しいから過去の物や抜け殻の牙とか印章を商売にしてる人達もルートがあるんだねえ、質問の意図から外れたけれどそう言うもんでしょ?

こたいしきべついでんしですか…まったく知りませんでした調べてみます生物おもしろそうです高1ですが、選択しとけば良かったです笑>

生物です。
酵素の働きについて

生物です。
酵素の働きについて水+肝臓片+HCl→気体が発生しない水+二酸化マンガン+HCl→気体が発生する 肝臓片だとなぜ気体が発生しないか教えてください。

酵素はタンパク質でそのタンパク質が塩酸により失活してしまったからその酵素の働きができなくなりました

最適phに関係があったのですね>

生物、呼吸 好気呼吸の第一段階に解糖系があり、この解糖系はグルコー…水の生物

生物の増殖能力の起源について質問した者です。

生物の増殖能力の起源について質問した者です。
deodeo9600さんの回答を基に考えてみたのですが、初期地球の環境においてそのような高分子が生まれる可能性はやや難しいように思いました。
有機物の密度、モノマー⇔ポリマー(切断と結合)の平衡、エントロピーを考えると、どうしても初期地球ではエネルギーをかけたときに分解方向に向かう気がしてならないのです。
もちろんそこは偶然と長い時間が解決してくれるのかもしれませんが。
そこで一つ突飛な仮説を思い立ったのです。
増殖性高分子が生まれるほど近接可能な有機物濃度を保ち、かつそこに高エネルギーが作用する状態。
即ち木星型惑星の高密度大気中であればどうでしょうか?摩擦による高温と静電気、元素の組成も心なしか生体内有機物の組成と似ております。
そうなると、地球生命は地球起源ではないことになり、パンスペルミア仮説を支持することとなりますが。
いかがでしょうか?この仮説に理論的欠点、補足したいことなどあればご指摘願います。
補足生物化学屋なので巨視的挙動を生む微視的挙動が気になります。
また生命活動はエントロピーや平衡の法則に制約されるので、これらは適切な思考基準だと思います。
出汁よりカレーが焦げ付きやすいですし、焦げるにも物質濃度が必要でしょう。
またコピーミスも意外と影響力があります。
3万遺伝子の1箇所の並びが変わるだけで頭と腹が逆転します。
用不用説的機構もあると思いますが、拡散的進化を過小評価している気がします。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

水や塩のほかに人間が生物以外で食べてるものってありますか?

水や塩のほかに人間が生物以外で食べてるものってありますか?科学的に作られたものは含まず、自然由来のものでお願いします。

天然のミョウバン、ケニアでは妊婦がミネラル補給のために石を食べる習慣がある(オドワという食用石)、旧約聖書に出てくる謎の超自然食物(マナ)wwwwwwwwwwwwwww

こんにちは。

こんにちは。
池の水全部抜く!という番組が評判だそうで、観てみました。
池の中にいる目につく生き物を一旦取って、池の底のヘドロを掃除して、それからしかるべき種を元の池に戻す、という趣旨の番組と理解しました。
そこでふと疑問に思ったのですが、ヘドロというのは生態系を維持する役割などは無いのでしょうか。
また、中に微生物や小生物が住んでいたりしないのでしょうか。
ずいぶんきっちりヘドロを取っていたので、生態系がかえって崩れてしまわないのだろうか、と思いました。
ヘドロ除去はさほど生態系に影響なく、むしろ水がきれいになるメリットのほうが大きいということでしょうか。
生物学や生態系に詳しくないので漠然とした疑問で申し訳ありませんが、楽しむつもりで観たらかえってモヤモヤしてしまったので、ご教示いただけると幸いです。
補足ちなみに私が観たのは日比谷公園の池でした。
百何年か水を抜いたことはなかったと番組で言っていました。

ヘドロというのは、池の底などで酸素が不足して分解されない有機物が、ドロドロと溜まったようなものです。
排水溝にどろどろしたものがこびりつきますが、あれに近いですかね(まああれは細菌の塊なので厳密には違いますが)。
そういうヘドロというか、ヘドロが形成されるような湖底は貧酸素状態で、生物は殆ど棲めません。
鰓呼吸していないカメとか、貧酸素に比較的強いコイなどはまあいますが、泥の中にはユスリカが少数、いるかいないか、といったところです。
そんなヘドロも、湖底に水の循環で酸素が供給されると分解されます(湖底が貧酸素状態なのはその分解にバクテリアか酸素を消費するため。
どんどん供給すれば、どんどん分解は進みます)。
ただ、そのヘドロが余りに多すぎる場合には、分解にも時間はかかりますし、分解によってできる塩類で今度は水自体が富栄養化する事もあります。
なので、余りにペドロが溜まっているようであれば、ある程度は除去しないと、水を入れ直してもすぐに水質が悪化してしまいます。
エアレーションをせずとも、水が少しずつでも動けば酸素は水面から十分供給されます。
あとは水の縦の循環があれば、水底に酸素も供給されます。
かいぼりの後は、そういう水循環にも気を使うと、生物にもよい水質が長く保てるんですけどね。

酸素がほぼ無い状態なのですね!
かなりヘドロがたまっていた様子でしたので、やはり取ってよかったのだとホッといたしました。
池の環境を保つには循環が必要な理屈もよく分かりました。
分かりやすく教えて頂き、ありがとうございます。>

最初の生物は原始の海洋中で誕生したとかんがえられる。

最初の生物は原始の海洋中で誕生したとかんがえられる。
その理由を教えてください

水には様々な有機物が溶け込むことができ、それによって相互に反応することができるからです。
もし、水に溶けていなければ、有機物同士が反応することができませんから、生命活動も生まれなかっただろうと推定できるのです。
ただ、最新の研究では非常に多くの有機物が、宇宙空間で出来ると考えられるようになってきました。
おそらく、宇宙空間では生物にはなれないでしょうが、多くの有機物が宇宙由来である可能性が出てきています。
そうすると、どの惑星にも当然有機物があることになりますし、我々の太陽系以外の星々にも有機物があることになります。
もしかすると、この宇宙は生命であふれているかもしれないのです。

地上の生物で全く水がなくても

地上の生物で全く水がなくても生きられる生物は、ありますか?

無いです.酸素が無くても生きられる生物はいますが 水が無くて生きられる生物はいません.だからこそ 地球外の天体 (惑星) で生命の存在を調べるときに 水の有無が重要なことなのです.

生物基礎の異化について。

生物基礎の異化について。
グルコース+水+酸素→二酸化炭素+水+ATPという化学式で、右側の水が生成されるときにたくさんのエネルギーが出てきて、それが主にATPとなるということを先生がおっしゃっていました。
しかし、私は水が生成されるのは水素+酸素→水で同化だと思い、異化ではないのでエネルギーを逆に吸収するのではないかと考えたのですが、先生が言っていたことはどういうことなのでしょうか?

ここで言う同化か異化は炭素中心の話なんだよ

生物の遺がいや、水に溶け込んでできた成分が堆積して固まった岩石をなんと言いま…

生物の遺がいや、水に溶け込んでできた成分が堆積して固まった岩石をなんと言いますか。
二つ答えなさい。
↑答えはなんでしょうか?

石灰岩、大理石石灰岩は、サンゴの遺体や水に溶けたカルシウムが二酸化炭素と結合した炭酸カルシウムが主成分の岩石です。
大理石はこれが火山の熱で変成したものです。

生物学の質問です。

生物学の質問です。
300個のアミノ酸からなるポリペプチドは何種類の一次構造が考えられますか?N末端からC末端まで、どの位置も20種類いずれのアミノ酸でもありうると仮定する。
また、それぞれアミノ酸が1分子づつ存在する場合の合計重量はどのくらいか?(?g)アミノ酸の平均分子量→110アボカドロ数→6.02×10^23個/molちなみに、このアボカドロ数はどこで使うのでしょうか?お願いします!補足すみません。
補足します。
できれば、途中式があるとわかりやすくて良いのですが。

それぞれに20種類のアミノ酸が入り得るとすれば、20^300(20の300乗)なので、2×10^390(2×10の390乗)]というとんでもない可能性です。
重量ですが、アミノ酸の平均分子量→110と書いていますが、この場合は結合した後なので、アミノ酸そのものではなく、結合によって失われた水分子の分(18)を引いた後のアミノ酸残基というものの平均分子量だと思います。
それで300個からなるポリペプチドの分子量は33000です。
この問題ならアボガドロ数は関係ありません。
例えば1gには何分子があるかというような問題に必要になります。

20種類のアミノ酸のうち1つを選ぶ確率は20とおりです。次日に名には来るかも20とおりなので、アミノ酸2つの組み合わせは20×20=400通りです。これは20^2と書きなおすことができます。
20×20×20×…と300回繰り返せば20^300になります。>

生物についてです。

生物についてです。
水は、溶液の濃度が低い方から高い方に移動しますが、なぜ呼吸の電子伝達系では、水素イオン濃度が高い膜間のほうからADP合成酵素を通って、水素イオン濃度が低いマトリックスに移動することが濃度勾配に従っている、ということになるんですか?

>水は、溶液の濃度が低い方から高い方に移動しますがそれは溶質が移動できないからですよ.溶質の移動が可能なのであれば,溶質の濃度が高い方から低い方に移動する.むしろ当たり前のことです.どちらも均一になろうとしているということでまったく同じこと.

生物、呼吸

生物、呼吸好気呼吸の第一段階に解糖系があり、この解糖系はグルコースをピルビン酸に分解してATPを2つ生成しますよね?このグルコースはどこから出てきたのでしょうか?もう一つ質問です。
嫌気呼吸にも解糖系がありますが、こっちは、グルコースをピルビン酸に分解した後の反応なのですが、こっちの解糖系は好気呼吸の解糖系とは全く別の反応なのでしょうか?

グルコースの由来は細胞外から取り込んだり細胞中の多糖類を分解したり(植物の場合)光合成で合成したりとさまざまですが、「解糖系に使われるグルコースの由来」ということであれば「もともと細胞内にあるグルコース」ということになると思います。
嫌気呼吸も好気呼吸もグルコースをピルビン酸にするまでは同じ反応なので、解糖系は同一ということになります。
異なるのはピルビン酸から先の反応で、好気呼吸は酸素を用いて無機物(水と二酸化炭素)に分解するのに対して、嫌気呼吸は別の有機物(乳酸やエタノール)に変換することでピルビン酸を処理します。

生物基礎の教科書について。 この写真の黄色い蛍光部分なんですが、こ…水の生物

生物について

生物について人の細胞の浸透圧が0.9で、鼻水が1、水は0だから、鼻水をすすっても痛くない、水は痛いという話を聞きました。
その他、唾液や汗、消化液、尿等排泄物を含む体液の浸透圧はそれぞれどれくらいなんですか?できるだけ多く書いてくれたら嬉しいです。
ちなみに、自分は高校生なので、わかりやすく説明していただければと思います。

体内の体液はほぼ一緒です。
体外に排出されるものは濃縮されるので体液より高くなります。

生物でいう水の凝集力(植物は水を吸い上げるときに水分子間に凝集力があるために高…

生物でいう水の凝集力(植物は水を吸い上げるときに水分子間に凝集力があるために高いところまで水を上げられると説明されました)とは、化学でいう水素結合のことですか?水素結合だと思い調べてみると、表面張力や分子間力、毛細管現象、「電気陰性度から発生する極性が弱い物質が、極性の強い水分子のクラスタにつま弾きにされて仕方なく集まる現象の、見かけ上の力」などの説明があり、よく分からなくなりました。

生物でいう水の凝集力の意味が調べた結果の通りだとして、4つの力とも、「水素結合を含めた水分子同士の分子間力」としてまとめられるかと思われます。
(4つ目は私の読解力では完全に理解できませんが、テフロン上の水などに見られる撥水力のようなものかと)植物細胞の吸水圧=浸透圧-膨圧この吸水圧はこの話題に関する限り主に根と葉の細胞で発揮されます。
葉では一般的に浸透圧に比べて膨圧は小さく、葉の細胞の吸水圧≒浸透圧(約50気圧)にもなります。
植物は表面(主に葉)から水を蒸散させることによって、葉の細胞の浸透圧に近い吸水圧を得ています。
導管には、[根細胞の吸水圧]-[葉の細胞の吸水圧]-[根から葉までの高さに相当する水圧]という負圧が生じますが、この水柱がつながっていられるのはまさに水の水素結合のためです。
根の細胞の吸水圧と毛細管現象(大気圧が限界)だけでは高木の吸水圧を説明しきれません。
水の蒸散による葉の細胞の浸透圧の上昇と、水の水素結合がそれを可能にしているのです。
参考:http://kenbunden.net/totsuka/03/04.htmlhttp://okwave.jp/qa/q21091.html

中1の生物の問題です。

中1の生物の問題です。
葉から出る水の量は、気孔の開閉によって調節されているが、気孔は酸素、二酸化炭素の出入り口でもある。
ツバキを一晩中光の当たらないところにおいたときツバキの体の中で作られ気孔からでていく酸素と二酸化炭素の量は、どのようになるか。
適切なものを選べ。
ア酸素だけが出ていくイ二酸化炭素だけが出ていくウ酸素が二酸化炭素より多く出ていくエ酸素と二酸化炭素はほぼ同じ量が出ていく。
オ二酸化炭素が酸素より多く出ていく。
答えはイで解説では「光がないので光合成は行わず、呼吸だけを行う。
体の中でつくられ、出ていくのは二酸化炭素だけである。
」とありました。
人が呼吸するときは息を吐くときに二酸化炭素だけではなく酸素が混じっていると聞いたことがあります。
植物は二酸化炭素だけしか出さないのですか??

植物は人のように能動的に空気を吸い込んだり吐き出したりしているわけではありません。
濃度が高い方から低い方へ物質が移動する性質を利用して酸素や二酸化炭素を出入りさせています。
呼吸だけの時は、葉の中は外より二酸化炭素の濃度が高く酸素の濃度が低い状態になります。
それで二酸化炭素が外に出ていき、酸素が入ってきます。

回答ありがとうございます!ということは、植物は呼吸の時に二酸化炭素のみ出すということですよね??>植物の場合は人間でいうところの排泄だと思ってくださいちょっと汚いですが、お尻から食べ物は出てきませんよね?>

生物の、解糖系とピルビン酸と、電子伝達系の化学式を覚える方法があれば教えて欲…

生物の、解糖系とピルビン酸と、電子伝達系の化学式を覚える方法があれば教えて欲しいです。
テストが近いので早めにお願いします!

あれ全部覚えるとなると結構厄介だと思いますよ。
問題集を繰り返し解けば、覚えるべき要点(クエン酸回路はオキサロ酢酸とか)がわかるはずです。
要点のみを覚えましょう。
全部覚えろと先生が言っているのであれば、その先生がおバカです。
覚えるときには、最初のグルコース(C6H12O6)を指標にして、そこから何が減って何が何分子できるか?を考えていくと、C・H・Oの数値は必然的に決まってきます。
解答系ではグルコースからピルビン酸2分子ができますが、その途中脱水が起こって水が1分子抜け、また水素補酵素であるNAD 2分子がNADH 2分子になります。
C6H12O6-H2OーH2=C6H8O6よってピルビン酸2分子は、2 C3H4O3となりますね。
こんな感じで、単なる丸暗記ではなく、途中何が起こっているか考えながら覚えると、メカニズムと化学式両方把握できるし少し楽ではないでしょうか?

ある精製水の微生物試験についてです。

ある精製水の微生物試験についてです。
乳糖ブイヨン培地(液体、ダーラム管入り)に精製水を入れて培養したら、翌日に色が緑(中性)から黄色(酸性)になり、ダーラム管にはガスが溜まっていました。
そこで、大腸菌かどうか特定したいのですが、流れとしては・・・この培養した乳糖ブイヨン培地の一部をLMXブイヨンに添加→色が変わればインドール反応を行う→陽性だったらマッコンキー寒天培地で培養するといった感じなのですが、インドール陽性の場合、陽性だったLMXブイヨンをマッコンキーに塗布すればよいのか、最初の乳糖ブイヨン培地をマッコンキーに塗布すればよいのか分かりません。
それと、塗布するときどれだけ希釈すれば良いでしょうか?詳しい方教えてください!!!

30%くらい希釈せよ

水の微生物は汚い川ときれいな川で違いはありますか? 即答おねがいします。

水の微生物は汚い川ときれいな川で違いはありますか? 即答おねがいします。

汚染が生活排水だと一般的には汚い川の方がプランクトンや細菌などの微生物が多い。
それらの微生物が汚染を「喰う」事によって増えるわけだね。
汚染を「喰う」菌としては硝酸菌、亜硝酸菌などの菌が多いと思われる。
ツリガネ虫・ワムシ・ぞうり虫など、汚れに強いプランクトンも生き残って増える。
それらによって、水が浄化されてきれいになって行く。
このような汚染を「生物分解性の汚染」と言う。
きれいになった水には微生物の「えさ」になる汚染物が少ないので微生物も減って行く。
もとからきれいな川には微生物の「えさ」になる汚染物が少ないので微生物は少ない。
*****汚染が生活排水等ではなく、重金属や毒性のある物質の場合には微生物さえ住めなくなって、微生物が少ない場合もある。
微生物に食べられて分解されない汚染物は、川底に沈殿したり海まで流れ着いたりして川底や海の汚染を引き起こす。
*******まとめると生物分解性の汚染で汚れた川には微生物が多くそうでない汚染物質の場合には微生物は少なくもとからきれいな川には微生物が少ないということになる。

金魚水槽水換えについてお願いします。
濾過、バクテリアに頼らないで水換えするな…

金魚水槽水換えについてお願いします。
濾過、バクテリアに頼らないで水換えするならどの位の頻度ですか?一応水は出来てると思います。
(硝酸検出済み)底面濾過の15リットル水槽で4センチ位の金魚を3匹飼育してます。
大きな水槽用意するまでの繋ぎですが水量ないので水換え頻度早い方が良いかと、、、でも金魚には負担かと、、、温度微調整し、二分の一位の水換えなら頻繁水換えでも金魚には良いのでしょうか?

水の汚れるスピードは過密度合いや餌の量、水温などによります。
底面フィルターには砂利を敷いていますよね?生物濾過、物理濾過を兼ねています。
しっかりメンテナンスできれば濾過能力は高いですよ。
生体をお迎えして1ヶ月程は餌を少な目にして週2回1/3程度づつ、クリーナーポンプで底掃除しながら排水。
水が安定してからは週1回程度が目安です。
過密で水温が高いなら、安定してからも2回程度やった方がいいですが、1回に換えるのは半分以下が基本です。

ありがとうございます。ヒーター使ってません。砂利は敷いてます。違う形の苦しみの悩みを投稿するのでそれも観覧してもらいたいです。金魚の事です。>

生物の質問です。

生物の質問です。
植物の葉100cm2に11時間、40キロルクスの光を当てた後、11時間暗室に入れておいたらこの植物の重量はグルコース量で何mg増加しているかという問題なのですが、CO2量で、どこを見たら良いのか分かりません。
暗室なので呼吸の所だけを見たら良いのでしょうか…?

まず、明るい時間ですが、グラフの40キロルクスのところを見て下さい。
二酸化炭素の吸収が100cm2あたり8mgになっていますね。
これが11時間ですから、8×11=88mg増加します。
一方、暗い時間は、グラフの0キロルクスのところを見て下さい。
二酸化炭素の放出が100cm2あたり4mgになっていますね。
これが11時間ですから、4×11=44mg減少します。
両者をまとめると、88-44=44mg増加します。
光合成の式は、6二酸化炭素+12水→グルコース+6酸素+6水ですから、二酸化炭素:グルコースは6モル:1モルになります。
二酸化炭素は44mgは1/1000モルですから、このときできるグルコースは1/6000モルです。
グルコース1モルは180gですから、1/6000モルでは30mgになります。
答え:30mg

走るより水泳のが痩せる!?とか聞くけど、水の生物って大概ポチャですよね?

走るより水泳のが痩せる!?とか聞くけど、水の生物って大概ポチャですよね?特に、アザラシ、アシカ、ペンギン、カエル、サンショウウオ、ワニ、など水陸両用生物。
一方、陸上で持久力高い動物はほっそりしている傾向にあります。
人間のマラソン選手も細いです。
シカ、ヌー、馬、ハイエナ(数キロの距離を40km/hで走れる。
1日の移動距離は半砂漠地帯では1000?。
緑地帯では30?~40?と言われる)、オオカミ(30?40km/hの速さで一晩中走り続けることができる)、などなど。
これは一体どういうことでしょうか?補足ということは、持久力をつけ走った方が痩せるということでしょうか?マラソン選手とかすごく細いですよね。

水で生きるには脂肪が要ります。
浮きやすい、体温を確保する為です。
運動は消費カロリーの話なので 走るか泳ぐかなら泳ぐ方がカロリー消費が多いのです。
水泳選手などはわざと脂肪を程よくつけてます。

マラソン選手などアスリートは 結果細くなってるのではなく 徹底した食事管理でマラソンに適した身体を作ってるのです。 余計な筋肉脂肪がつかない様にしているのであって、ダイエットの観点からは別物と考えた方が良いですね。>地球上に哺乳類は約4500種ほどいますが泳げない哺乳類はいません。
何故なら、泳ぐ事に適応した体の構造をしているからです。
しかし何事にも例外があるもので、本来泳ぎに適さない身体構造を持つ
哺乳類もいます。それが人類です。
つまり、本来泳ぐことに適さない脆弱的身体特性を持つ人間が泳ぐ。
これが出来ているという事は、けた外れのエネルギーを費やしているからです
逆に言うと、人間の泳ぎは遊泳効率としては哺乳類最悪なんですね。

非常に乱暴な例えですが、イルカが時速50キロで1km泳ぐ時に
イルカが消費するエネルギーと、人間が時速5キロで100m泳ぐ時に
人間が消費するエネルギーは、絶対エネルギーとしては同じ。
まぁそんなニュアンスですかね>種が違うので、外見で肥満度はわからないと思います。>

生物基礎の教科書について。

生物基礎の教科書について。
この写真の黄色い蛍光部分なんですが、これは書き方はあってるのでしょうか?有機物の化学式もしくは組成式も載ってないし、C.H2.Oでできる物質は私は知りません。
(私が知らないだけの可能性も大いにありますが。
)化学反応式ではないと見ればよいのでしょうか。
光合成の反応をまとめた、とあるのでなんとなく化学反応式のように見てしまいます。
また、仮に化学反応式であるとしても、実体のない光エネルギーは、触媒としての扱いではないですよね?初歩的なことでしょうが、教えてください。
お願いします。

勿論、教科書の式は合っています。
そしてこれも化学反応式です。
基礎しか学ばれていないならば、まだ分からないとは思いますが、ご説明しますね。
光合成は、二酸化炭素(CO2)と水(H2O)から有機物(C6H12O6)=(グルコース)を作る過程のことです。
ただ、その有機物(グルコース)を作るのにエネルギー(ATP)と、NADPHという酵素が必要 になります。
光エネルギーは、それらを作る時に必要になります。
正確には6CO2+12H2O+2867kj→C6H12O6+6O2+6H2Oという式になります。
有機物はグルコースという糖の一種で、エネルギー(ATP)を呼吸で生産するときに使われます。

詳しくご説明頂き、ありがとうございます。さらに2つお聞きしたいのですが、まず、有機物はグルコースしか作られないのでしょうか。そして、光エネルギーは触媒ではなく、要素と言うことでしょうか。要素と言うのは、酸素や水のようなものを指しています。適当な表現が思い浮かばなかったので…。2867kjは、光エネルギーのことですか?(kjはキロジュールでよいよでしょうか。)お答えいただけると助かります。>有機物は基本的にグルコースのみです。光エネルギーはエネルギーです。化学の熱エネルギーの式には、似たような熱化学反応式が出てきます。2867kjはエネルギーの単位です。>

テレビなどで池の水を抜いて外来の生物を捕獲するというのをやってい…水の生物

水の生物の環境問題は、なんですか

水の生物の環境問題は、なんですか

赤潮やアオコといった水質汚染ではないでしょうか。
家庭排水や工場排水など栄養のある汚水に植物性プランクトンが増殖することにより発生し魚貝類や水生植物、水道水にも影響を及ぼします。
地球温暖化もサンゴを死滅させたり、海水が上昇し生態系が崩れたりしています。
また、赤潮やアオコの多発する原因にもなっています。

furaibou30さんに追記ですが、農業で使用する肥料の窒素やリン、畜産で出る糞尿が河川等に流入することも富栄養化の原因となります。さらに畜産から排出される糞尿にはクリプトスポリジウム等の病原性微生物による水源汚染が問題視されています。
また、プラスチックから流出したり人間の女性が排出したりする環境ホルモンの影響、生き物がゴミを食べてしまう問題等があります。>

水の生物が好きな子の将来について

水の生物が好きな子の将来について魚などの生物が好きな息子がいます。
これまで反抗期がひどく、将来のことなど親子とも考えるに至らなかった息子が軌道を修正してくれるようになり、これからのことも考えてくれるようになりました。
自分は魚が好きだけど船に酔うのでそういったものと触れ合える仕事に就きたい、と。
研究と言うよりは飼育のほうが好きなようにも思うのですが、それに伴い水産大学や海洋大学に興味を持ち始めました。
将来がイメージしやすいよう、オープンキャンパスなどに連れて行ってあげるのもいいかと思っています。
私はそういった分野に全く知識がないので、どういう大学のどういう学科に進むのがいいのか?もしよければおしえていただけないでしょうか。

東京海洋大(旧東京水産大学)の卒業生です。
大学のキャンパス内に博物館があり、一番小さな研究実習船が繋留されている船着き場(ポンドと云います)があります。
オープンキャンパスや大学祭で無くても自由に入れるキャンパスです。
小さな時から動機づけがこの主な特殊な小規模大学受験生には必要と思います。
海洋大のパンフレットはPDF化されています。
https://www.kaiyodai.ac.jp/etc/guidebook/examinee/index.htmlhttps://www.kaiyodai.ac.jp/etc/guidebook/img/guide_2018.pdf船酔いはその内克服できますよ。
夢を育てて上げて下さい。

いいことですね。
親は子供が興味を持ったことに助力してあげるべきです。

私も海洋生物とかの知見が全くないので、一般的なことしか言えませんが水産大学、海洋大学あたりがいいと思います。

さかなクンも海洋大学に行きたかったみたいですよ。

さかなクンに聞いてみるのもいいかも知れません。
手紙などで。
意外にそうゆうことにマメな方らしいですし、やってみる価値はあるかも知れませんよ。
蛇の道は蛇ということわざもあることですし。>水族館の飼育係なら高卒でもなれますよ。
熱帯魚のブリーダーなんかも面白いかも。>近畿大学の農学部、水産学科なんか設備も良くて良いですよ>船には大半の人が酔いますよ。オープンキャンパスには、親が連れていくのではなく、親はオマケでくっついて行くだけです。>

一番簡単にたくさん繁殖できて美味しい魚やエビなどの食べられる水の生物はなんで…

一番簡単にたくさん繁殖できて美味しい魚やエビなどの食べられる水の生物はなんですか?ザリガニですか?

まぁ、、、、、食べるのが目的なら釣具屋で餌用の藻エビ(スジエビなど)を購入して素揚げやかき揚げにするのが一番安いくて手っ取り早いでしょうね(゚ω゚)

ミステリークレイフィッシュ単体繁殖するザリガニです。大きさはあまりないですが、子供は2?3ヶ月程度で大人になり(飼育環境による)ねずみ算式で増えていきます。劣悪な環境(命の危機を感じる環境)だと卵を産みやすいらしいです。我が家ではなかなか卵を産みませんね?飼育に、必要な物(大量に繁殖させようとする場合)60センチ水槽又はそれ以上の大きさの水槽熱帯魚用ヒーター(無くても大丈夫だが冬に活動が低下して産卵をしなくなる、死ぬなどのデメリットがある)濾過装置(外部式フィルターがオススメです)床材(無くても良い)隠れ家オススメは水草と流木です。共食いを防ぐためにも大量に入れましょう。非常食にもなります流木は値段が高いので水草だけでも大丈夫です。水草はマツモやカナダモがオススメです。大量に増やすなら、2?3匹から始めた方が効率がいいでしょう。通販でフツーに売っているので入手も簡単です。殻もアメリカザリガニなどに比べると薄いので調理も簡単にできると思います。茹でてむき身をマヨや塩で食べたり、唐揚げにしたり、ビスクにしたり、エビチリとかも良さそう・・・内臓やエラが集中している頭は食べない方がいいですね。高温で火を通せば食べれないこともないでしょうが・・・もしもの事も考えてやめておいた方が無難です。・・・けど、飼育をしているうちに愛着が湧いてきて食べれなくなると思うよ。それに、食べる為といっても生き物を飼うのだからしっかりと責任を持って最後まで(食べるまで?)飼いましょう。絶対、川に放たないでください。>なんであろうと満足に食える量を繁殖しようと思ったら買うよりもすごい金額の設備投資&敷地が必要になると思いますよ>陸封型と言っても、スジエビの繁殖はそんなに簡単ではありません。それに地域変異が大きく、卵が大きなタイプ程繁殖の難易度は下がりますが、それでもミナミヌマエビのような訳にはいきません。琵琶湖産のスジエビのような「ほぼ小型卵」なら、難易度は汽水がいらないヤマトヌマエビのような感覚になるので結構面倒です。>河川の中上流など汽水にならないところで採れる陸封型のスジエビが丸ごと食べられて簡単に繁殖できる水生生物だと思います。
油断すると、勝手に繁殖して水槽の中がスジエビだらけになることもあります。
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%82%A8%E3%83%93…>

現在 タガメ、水カマキリ、コオイムシ、ゲンゴロウなどの水生生物はいるのでしょう…

現在 タガメ、水カマキリ、コオイムシ、ゲンゴロウなどの水生生物はいるのでしょうか? 昔は田舎の用水路なんかにいましたし祭りの露店で300円程度で売っていました。
又、標本にする為の注射器と薬品のセットなんかもありましたよね?!もう目にすることはないのでしょうか?

それ以前テレビ番組で特集していましたね確か・・・東大阪市のペットショップの人が,採りに行くからと言って同行撮影美山村だったかな・・・・・あのへんの田んぼでゲンゴロウ捕まえていましたね1匹引き取り価格25000円(今は もう少し上がっているかも)買い取るよと現場で話していましたね。

ゲンゴロウが1匹25000円ですか?! はぁ~ すごいですね!>京都府の北桑田に行けば現在でもタガメがいますよ。>なぜこのカテゴリーで質問する?排気ガスにより絶滅しましたって回答希望か?>

水(川)の生物最強はカバですか?具体的に教えて下さい。

水(川)の生物最強はカバですか?具体的に教えて下さい。

そうですね貴方の言うように川ではカバが最強でしょう体格が圧倒的ですしかしカバがもしかしたらやられるかもしれない奴がいます淡水エイです、淡水エイの毒針は非常に強力ですカバもやられるかもしれません、毒針持った連中に皮膚で防御は厳しいです分厚い皮下脂肪があっても血が流れることに変わりないんで毒が回りますただ淡水エイの方もカバに噛まれれば一発KOです。
なので総合的に見ればカバが最強でしょう。
淡水エイの毒針をガードできるのはナイフを通さない固い鱗を持つワニですただワニは基本的にカバに負けます。

◯水(川)の生物最強はカバですか?

●生息域にこだわらなければ、アマゾン川やコンゴ川のピラニア、ボールカッター、カンディル、ゴライアス・タイガーフィッシュといった肉食魚の方が強いと思います。>

水や生物などの常温はどういった要因によって決定されていますか?

水や生物などの常温はどういった要因によって決定されていますか?液体が固体に比べて温度を保ちにくい理由はなんですか?どちらか片方でもいいのでよろしくお願いします

液体は固体に比べて比熱が大きいから、液体の方が温度が変わりにくい筈なんですけどね。
何か勘違いしていませんか?それと、自然科学における常温というのは25℃のことです。

池の水に麦の粒を入れて放置していたら、

池の水に麦の粒を入れて放置していたら、1mm以下の丸い生物が増えてきていました。
最初は見えなかったのですが、最初からいたのでしょうか?また、なんという名前かわかりますか?画像の真ん中あたりの白い点です。
今はペットボトルのそこにある苔みたいなのを食べていて、顕微鏡でみたら手足は透明でした。

この画像からでは全くわかりませんが、カイミジンコあたりじゃないでしょうかね。
元々池の水の中にいたのでしょう。
http://cyclot.sakura.ne.jp/sonota/kaimiji1x.htmlhttp://plankton.image.coocan.jp/Crustacea2-2-010.html

わかりにくい画像ですいません、
ミジンコは初めて見たのでこんな大きいとは思いませんでした。
回答ありがとうございました。>

最近水を抜いて水性生物の生態調査及び外来種を駆除するテレビ番組を観て少々魔女…

最近水を抜いて水性生物の生態調査及び外来種を駆除するテレビ番組を観て少々魔女狩りの様にも見え、違和感を感じました。
確かに本来日本国内に存在しない種がいることが異常事態であり、ましてや生態系に何らか悪影響を及ぼしてるのは事実だと思います。
そこで質問&意見をお聞かせ願えればと思います。
①外来種が生息している中で在来種も、中には希少種も確認されていた。
これはむしろ共存していることの裏付けにならないのかと思います。
②生態系に影響お及ぼす恐れがある動物を無免許で届け出なしで乱売してる制度に問題がある。
③釣具メーカーは外来種にどう考えているのか?『うちのルアーを使ってどんどん駆除してください!』的な?対象魚が増え、釣り人が増えたら市場も広がりますよね?世間からの目、釣り禁止場所が増えています。
安全性の面もありますが釣り人のマナーの悪さによるところもあると思います。
私は何の専門知識もありませんただの素人ですから一般的な意見を聞きたく投稿しました。
乱文で申し訳ないですがよろしくお願いします。

なんか人工の池で外来生物がぁーとかやってますけどそもそも人工の池ですからね…日本固有のなんて言われても???って思います。

御質問の一部になりますがお答えします。

外来種だからといって殺すのはご質問者様のおっしゃる通り、魔女狩りのようなものだと思います。理屈をつけて敵を作りあげて殺生を楽しんでいると思います。いけないことだと思います。

また、海外から生態を輸入するのは外来種というリスクが伴いますので、全廃にすべきです。>①時間の問題で駆逐されてしまう。(外来種の方が繁殖力も強く肉食なので)
②今更それを言っても現状は何も変わらない。今は少しずつ制度を整えているはず。
③特に何も・・・バスとかは釣っても放流するみたいですし。(食べないでしょうし処分に困るので・・・放流なのかな)>

メダカ を飼ってます。
週に二回半分弱くらい水の入れ替えと掃除をしています。
今後…

メダカ を飼ってます。
週に二回半分弱くらい水の入れ替えと掃除をしています。
今後暑い季節になると足し水が必要になると思うのですが水道水を整水器に通した水はカルキは抜けてますか?今はカルキを抜く液体を使ってますが1リットルにも満たない足し水にはどう考えてもカルキを抜く液体は多すぎると思うのと少しの水にカルキを抜くのは面倒な気がするのです。
整水器を通した水はカルキを抜かなくてメダカ には大丈夫でしょうか?

メダカの飼育水、それも少量の足し水においてカルキ抜きを気にする必要は無いと思います。
不安なら夏場の気温ならば30分も汲み置きしておけば問題ありません。
週に2回の水替えは大変ではないですか?私は問題がない限り1、2ヶ月に1回です。
最初のうちは汚れますが、バクテリアなど微生物が安定してくると足し水だけで問題ないと思います。
頻繁な水替えや掃除はそれを阻害する恐れがあります。

水槽を始めたときかなりメダカ を水の汚れで死なせてしまったので少し神経質気味です。水槽の掃除も楽しみの一つなので苦にはなりませんがメダカ のストレスにならなければ良いと思います。>うち、父がメダカ大好きで1000匹以上飼ってますがカルキ抜きした事ないですね。雨ざらしでも生き生き元気で繁殖しまくりです。カルキが気になるなら、交換する水を半日外に置いておくだけで違いますし、メダカでそこまで神経質になる事は無いと思います>

テレビなどで池の水を抜いて外来の生物を捕獲するというのをやっているのを見ます…

テレビなどで池の水を抜いて外来の生物を捕獲するというのをやっているのを見ますが、特定外来生物に該当するものは駆除するのでしょうが、それ以外の生物はどうしているのでしょうか?カメなどは引き取ってくれるところがあるみたいですが、外来魚はそのまま池に返せば、再び在来の魚を捕食してしまうでしょうし、どこか引取先があるのでしょうか?

殺処分をしているはずですよ。

テレビでは捕まえた「クサガメ(ミドリガメ)」などはカメを飼育しているしせつなどに預けるといった活動をしているという光景をみますが、魚など例えば「雷魚」や「草魚」、その他の「「特定外来生物」に指定されていないものの行くへなどは放送されていません。
コイなどは観賞用としてそのままにしておくというところが多い見たいですが、すべて殺処分されているのでしょうか?
一応雷魚や草魚は食用として持ち込まれたため、調理して食べられるらしいですが。>ペットショップなんかに引き取ってもらうっていう大義名分の下に、普通に考えりゃーよー、殺傷処分になっちまんだろーよ。人間なんざ勝手なもんだぜ>