植物を選ぶ基準 皆様はどのようにして育てる植物を選んでいますか? …植物

植物の分類に詳しい方、お願いします。

植物の分類に詳しい方、お願いします。
現在、裸子植物の分類体系として最も一般的な分類は何になるのでしょうか?被子植物はAPGⅣと思いますが、裸子植物の分類体系としては何がスタンダードなのでしょうか?ご教授ください。

学術的には、現生の裸子植物はChristenhuszらがまとめた「A new classification and linear sequence of extant gymnosperms」(2011年)という論文による分類(属以上)があります。
ただし現在の分類はグネツム類の位置(※)など決着がついてない部分があり、暫定的なものと考えた方がいいと思います。
※近年のいくつかの研究によるグネツム類はマツ科の姉妹群という仮説(gnepine仮説)があります。
上記の論文ではこの仮説を採用していませんが、この仮説の支持が続けば分類を改めるとしています。

植物の生命力を調べるのに、それぞれの植物の葉の枚数を揃えた上で、植物の蒸散の…

植物の生命力を調べるのに、それぞれの植物の葉の枚数を揃えた上で、植物の蒸散の量が明らかに減った状態を『植物が死んだ状態』と仮定しようと思っていたのですが、そうすると、植物が葉を失ったときに植物は『死ぬ』のかという実験が出来ずに困っています。
何か良い方法はありませんか?よろしくお願いします。

そもそも、「『植物が死んだ状態』と仮定しよう」これが間違っていませんか。

植物が死んだ状態というものが科学上ハッキリしてないというのを聞いたことがあるので、止むを得ず、「仮定」を選びました。>葉を全部取り除いても、また葉が生えてきたら生きてる、ってことではダメ?>

植物を密閉した状態で管理することは可能か。

植物を密閉した状態で管理することは可能か。
植物を鉢植えの状態で,用土に十分な水を与え,光が強すぎないカーテン越しの光を照射し,温度がほぼ一定の状態となる条件下で,一切の外界との接触を持たせずにガラス容器で管理した場合,植物を枯らすことなく管理することは可能でしょうか?水の供給は密閉する前の段階で行い,容器に入れたのちは行いません。
いろいろ調べたのですが,なかなかデータが見つかりません。
ほかの質問にも似たようなものがありましたが,憶測ばかりでままなりません。
呼吸および光合成の物質収支のみで考えると,水素の受容体として利用される酸素と,水の分解によって放出される酸素の割合も差し引き0のため,永久に光合成と呼吸を繰り返し育成できるようにも感じます(「)。
必要な水分子の割合などでも同じことが言えます。
しかしながら,葉からの蒸散や根からの水の吸収効率などを考えると,永遠に生きることは不可能に近いのではないかということや,植物の呼吸自体は非常に微弱で,光合成を行うだけの二酸化炭素が足りなくなるのではないかとも感じます。
特にやったことある人がいれば聞きたいですが,詳しい方の意見もお聞きしたいです。
先に示したような状況で植物が生き続けることは可能でしょうか?

地衣類や藻類のような小型の植物なら可能でしょうが、樹木となるとかなり大きいスペースが必要になるでしょう。
成長につれ水や二酸化炭素が不足してきますのでそれに見合った空間が必要です。
仮に東京ドームくらいの空間を火星に作ったとしたら樹木であっても炭素の循環が行われて生態系を作るかもしれないと考えます。

観葉植物ですが、これから冬になっていくと、どのように保護しればいいでしょうか…

観葉植物ですが、これから冬になっていくと、どのように保護しればいいでしょうか。
春にまた芽が出てくるようでしょうか。
こちらの地方、山陰の、雪降る、凍結するの地方です。
家には温室などなく、普通の民家です。

>観葉植物・・・どのように保護すればいいでしょうかkunotadudeさん◆観葉植物 防寒対策https://www.google.co.jp/search?q=%E8%A6%B3%E8%91%89%E6%A4%8D%E7%89…方法はイロイロありますが・・・雪深い地方でしたら昼は窓際/夜間は冷蔵庫の上ってのが、簡単で手っ取り早いです。
冷蔵庫の上ってモーターの熱で暖かいんだよ。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111693215…シダ植物は空気の乾燥にとても弱いので、水槽の中に入れてテラリウム風に管理しても良いかと。
霧吹きで内側をビシャビシャにしとけばバッチリ(^^♪https://www.google.co.jp/search?dcr=0&biw=1157&bih=912&tbm=isch&sa=…

リビングに置いてこまめに霧吹きをされては如何でしょうか。夜のみ段ボールか発泡スチロールの箱に入れれば安心ですね。理想的には面倒でも、昼間は窓辺でレースのカーテン越しの陽に当てて下さい。>

植物にも感覚器官はありますか?

植物にも感覚器官はありますか?(音、匂い、光、圧力、味など)

植物にも感覚はあります。
器官としてあるものも、ないもの(感覚を感じ取ることとそれ以外のことも行う)もあります。
動物の目や耳のように感覚器官としての機能だけに特化してるのは少ないです。
植物が感じ取れるものとしては、光(有無、強弱、色)、水、重力、温度、接触刺激、ある種の化学物質の気体などがあります。
クラシックを聞かせて育てると良いという話もありますが、その理由は分かっていません。
音の振動を感じているのかも?一部ですが、具体的にどういうのがあるかというと、光の方向に茎、葉、葉柄が生長する(光屈性)。
細胞内の葉緑体が、光の強さによって細胞内で場所を移動する(葉緑体光定位運動)。
葉緑体自身がセンサーです。
根を水のある方向に伸ばす(水分屈性)。
重力方向に根を、重力の反対方向に茎を生長させる(重力屈性)。
根だと先端にあるコルメラ細胞が、茎だと内皮細胞層が重力のセンサーです。
接触するとツルが巻く(接触屈性)。
オジギソウの葉を触ると葉が閉じる(傾性運動)。
植物が作るエチレン(気体)が果実を成熟させたり、葉を老化させたりする。
自分だけでなく、他の植物にも作用する。
植物の環境応答には他にもいろいろあります。
植物は動物みたいに神経はないけれど、環境の変化を感じ、細胞間でコミュニケーションを取って、環境に合わせた生長をしています。
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no097/wise/

植物同士の身を守るための連絡もあるようですよ。
一本の木が虫に食べられ始めたら、隣の木が苦味のある物質を出したりするそうです。>神経組織が無いので、動物のような感覚器官は有りません。

オジギソウが触られたら葉を閉じたりするのや、食虫植物が虫を捕まえる為に動くのや、葉裏の気孔の開閉等、不思議なスイッチシステムです。
自然は神業に満ち溢れてます。>

植物標本の色を長持ちさせる方法。

植物標本の色を長持ちさせる方法。
植物を標本にするときに、押し花のように乾燥させますよね。
でも、そうすると、葉の緑色などが抜けて、茶色っぽくなってしまいます。
これを防ぐことはできないのでしょうか?今日、博物館に行って、いろいろな標本を見学したのですが、昆虫標本はきれいな色なのに、植物標本は茶色くて・・・植物が好きな私としては、何とかならないものかなあと思ったところです。
1.色を長持ちさせる方法(経験的なことも含め)2.なぜ色が抜けてしまうのか(何の影響により、葉緑体?のどの部分が変化してしまうのか)一方についてでもいいので、ご存知の方(または、こうじゃないかなーと思う方)がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

大学で植物学・標本作成をかじりました。
まず、2について。
科学的なことは分かりませんが、色が抜ける原因は湿気とカビだそうです。
そこで、1について。
長持ちさせる前に、まず、標本(押し花)の色を綺麗に出す方法です。
準備するもの植物、新聞紙、重し、根気とやる気まず、植物を一枚の新聞紙で挟みます。
これを新聞1、2、3…とすると、(重し)新聞紙(1枚)新聞1(植物入)新聞紙(1枚)新聞2(植物入)新聞紙(1枚) :というように、何も挟んでない新聞紙を間に入れて植物入り新聞紙をサンドイッチにします。
そして、この何も挟んでない新聞紙を毎日取り替えるのです。
特に最初の2、3日や水分の多い植物については、朝晩2回取り替えてください。
(植物を挟んでいる新聞紙は、開くと葉が取れるのでそのままに!)根気とやる気で毎日、植物が乾燥するまで繰り返します。
毎日取り替えることでカビも発生せず、およそ2週間~1月で綺麗な色の標本になります。
これを長持ちさせるには…台紙に貼って、防虫剤と、お煎餅についているシリカゲル等の乾燥剤と一緒に箱の中へ。
防虫剤と乾燥剤は定期的に交換してください。
そんな保管は面倒くさい!という場合は、ラミネーターを使うのもお勧めです。
そのまま飾ったり出来るので便利ですよ。
長くなってすみません。
根気よくやると、本当にびっくりするくらい綺麗な色が残ります。
試してみてくださいね^^

植物学者さんに質問です。
光合成で出る酸素には、葉っぱ(植物)毎で、香りがつい…

植物学者さんに質問です。
光合成で出る酸素には、葉っぱ(植物)毎で、香りがついていませんか?今朝早朝、公園に散歩に出かけました。
7:15から明るくなり、その時点では閉じた部屋の空気でした。
7:45には、鳥の鳴き声が聞えるようになり、また光合成の成果で、清澄な空気が私を包みました。
それから公園を通り抜けるなかで、この質問事項は気付いたのです。
補足音楽をされておられる方には、「ポリフォニーだった」という説明が判りやすいかもしれません。

葉の気孔が開いたことで、酸素とともに植物由来の香りが放出されたのでしょう。

植物の繁殖方法について

植物の繁殖方法についてさし芽、 株分け、分球の違いとやり方をわかりやすく教えてください

挿し芽枝などを切って土に挿して発根させる。
木の場合は、挿し木といいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%BF%E3%81%97%E6%9C%A8株分けおもに宿根草(多年草)などで、株立ちになっているものを根を付けて分ける。
スコップやハサミなどを使う場合と、手で分ける場合など、植物の種類や大きさなどで手法が変わります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%AA#.E6.A4.8D.E7.89.A9.E3.81.AE….分球球根植物が増えたときに、休眠期などに掘り上げて球根を分けます。

植物に詳しい方に質問です。

植物に詳しい方に質問です。
これはなんという植物ですか?

ベンケイソウ科のキリンソウです。
春の芽生えのときは、このようにミニチュアの観葉植物みたいです。
種類により、黄色か、赤の可愛い花が咲きます。

植物を選ぶ基準

植物を選ぶ基準皆様はどのようにして育てる植物を選んでいますか?それが気に入ったから、庭の雰囲気を考えて、安かったから…など色々あると思いますが教えてください!

地植えの宿根草なら耐寒性のある物、一年草は派手なもの。
鉢の観葉植物は木本の物は買わず、草本で春先人工呼吸で生き返る物を選んで育てます。
冬越しは生かさず殺さず、仮死状態です。
バラなどは縁があったら購入します。
一目ぼれとか。
冬は-15度位、夏は体温ほどになる地域です。

気に入っても、値段が高ければ買いません。

安くても、気に入らなければ買いません。

庭の雰囲気などはなから無視。

自分が道楽でやっているので、誰かに見せようなんて気は全くない。

要するに、「気に入ったものが安かったら買う」のです。>こんばんは。

「家の庭菜園」をしています。

「家の庭」でも育てられる、健康性・経済性・かんたん

を優先しています。

ちょっと前までは、プチトマトがたくさんとれました。

今は、「モロヘイヤ」がたくさんあります。

味噌汁にいれたり、うどんの具にいれたりと

重宝していますよ。

モロヘイヤはエジプトうまれの健康野菜です。

便秘にもききますよ。>100円でも
ゆずは気に入らなければ買いません。

人がそんな物と買わない物気にいれば買います。>

観葉植物の水やりのタイミングについて だいたい土が乾いてから、つぎ…植物

観葉植物に元気がありません。

観葉植物に元気がありません。
何か対策ご存じの方、知恵をお貸しください。
今置いてある場所は玄関で、陽は当たりません。
室温は5℃前後と思われます。

>観葉植物に元気がありませんnonbiri1103さん私も万年青だと思いますが・・・この状態はいつからでしょう?ずっと日の当たらない玄関に置きっぱなしなんでしょか?強い日照は苦手ですが、それでも光は必要です。
寒いのも苦手です。
室温5℃ってのは常緑を保つには厳しくないかな。
http://www.houmeien.co.jp/newpage22.htmlコチラ↓も参考に、日常管理を見直した方が良さそうです・^^;https://www.youtube.com/results?search_query=%E4%B8%87%E5%B9%B4%E9%…

年中玄関に置いているのですが、冬に入ってから葉っぱが1本へたれ、2本へたれ…。昨日ぐらいから写真のような状態です。昨日、少し陽に当てた方がよいのかと窓際に移し、土が乾いていたようなのでコップに一杯水をやったのです。それからしばらくしてあの状態になりました(・_・;)ちなみに与えた水はほぼ全部鉢受けにたまっていたので、捨てました。
今までは義母が管理していたのですが、年中しおれるようなことはありませんでした。

少し陽のあたる窓際に移してみたほうがよいのでしょうか…?全くの無知なもので…。>hb101希釈液を与えて、出窓か縁側の、レースのカーテン越しの日差しに充ててみてはどうでしょう?>オモト(万年草)ではないですか?育て方で検索を>サンセベリアですかね?もしそうでしたらサンセベリアは11月1日から2月の終わりまで一滴も水をあげてはいけません。現在土が濡れているならエアコンのある部屋に移すとかしてください、ただし、急に陽が当たる場所に置いてはいけません。>

植物の異形胞子についての質問です。
植物の異型胞子の形成は、配偶体と胞子体両方…

植物の異形胞子についての質問です。
植物の異型胞子の形成は、配偶体と胞子体両方の形態や機能に何か大きな影響を与えたらしいのですが、それは一体なんでしょうか?同型胞子の形成と比較して説明したいのですが、どうも植物は専門外で分かりません…。
知恵をお借りしたいです。

この問題は大学の先生が講義で話したことを聞いているものでしょう。
講義を聴いていないとどのようにまとめるかは難しい。
どうも植物は専門外で分かりません…。
→単位をとろうとしているのだから、専門外などとは言わないでよ。
種子植物はシダ類から分かれた最初の木質植物の中で、かつ異型胞子性を持つ植物の中から進化した。
種子植物では雌性胞子(大胞子)は胞子嚢から外に出ない、胞子嚢のなかで大胞子は分裂して雌性配偶体を作る。
これが胚珠である。
受精は胚珠の中で行われる。
種子植物の雄性胞子(小胞子)は分裂して雄性配偶体を作る。
これが花粉(粒)である。
花粉粒では雄原細胞は花粉管細胞に包まれた形で送粉される。
花粉は胞子に比べて乾燥に強い。
(つまり種子植物では雌性配偶体は前葉体のような独立の存在ではなくなり、胞子体の一部のようになっている。
また種子植物の雄性胞子は配偶体ぐるみで送粉される)(種子植物では受精に雨などの自然の水を必要としない)受精により受精卵ができるわけだが、種子植物では受精卵の成長のための栄養は胚乳として準備されている。
胚珠の珠皮は種皮になり胚を保護する。
乾燥に耐え、発芽環境が整うまで休眠することができる。
これが種子である。
シダ類から分かれて最初に木となった植物を前裸子植物という。
前裸子植物の多くは1種類の胞子を作り(同型子性)、胞子から発芽した配偶体に造精器と造卵器の両方を付けて受精していました。
その後、大型(雌性)と小型(雄性)の2種類の胞子を作る(異型胞子性)前裸子植物が進化し、雌性胞子からできた雌性配偶体は造卵器を、雄性胞子からできた雄性配偶体は造精器を作るようになりました。
前裸子植物で異型胞子性を持つ植物の中に、雌性胞子を親植物の体の中に保持し、親植物の中で受精がおこるようなものが現れました。
この突然変異体は、小さな胞子が発芽、成長、受精ができないような乾燥した環境でも子孫を残せるようになったと考えられます。
親の体の中で受精がおき、出来た受精卵は成長し胚となります。
胚は親の組織(種皮)に包まれて、親から散布されるように進化しました。
これが種子です。
種子を作るようになった最初の木質植物が裸子植物です。
http://www.nibb.ac.jp/evodevo/tree/02_02_land%20plants.html抜粋

観葉植物の白いカビ?

観葉植物の白いカビ?我が家の観葉植物に白いカビのようなものが発生しています。
葉の裏や葉の根元?に多いです。
ティッシュで白いものを拭きとってはいますが、次から次へと…どのように対処すればいいでしょうか?ちなみに、その植物は戴き物なので、なんという名前なのかどのように管理すればいいのか全くわかりません。
一応、窓辺に置いていますが…管理の仕方もできれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

植物の名前は<<フィカスアルテシマ>>ですが黴……..ではなくて カイガラムシが付いているのだと思われますhttp://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%…↑↑色々な種類が存在します葉や茎に付いていれば その都度捕殺して下さい。
鉢の裏側 土の中と まだまだいるはずです。
暫く カイガラムシと格闘して下さいもし オルトランがあれば 根元に撒いておくと 土中のカイガラムシには効果が見られます

観葉植物の水やりのタイミングについて

観葉植物の水やりのタイミングについてだいたい土が乾いてから、つぎの水をやると思うんですが、水が乾くまで待とうと思うと、1週間ぐらいかかります。
この夏前の成長盛んな時期に、1週間に一回の水やりで足りるのでしょうか、それとも、まだ土が湿っているけど、どんどん2,3日ペースでたっぷり水をあるべきなんでしょうか?

植物が水を欲しがっているときに、与えることが原則です。
植物の性質にもよります。
乾いた環境で育つ植物は、毎日水やりすると、根腐れします。
健康な状態でも、室内環境が異なれば、同じ植物でも水を欲しがる間隔が異なります。
土の乾き具合を必ず見て水やりしてください。

他の人もいってるけど、
土が湿ってさえいれば、植物は水吸えるので、
湿ってる状態で水やりしても意味ありません。
っていうか、それは素人がする失敗行為まっしぐらですよ。>>観葉植物の水やりのタイミングについて
koyomythさん

植物ごとに水を欲するペースは異なります。春夏秋冬・お住まいの地域・管理環境・株の状態/コンディションなどなど、いろんな要素が絡むので「正解」は無数にあります。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111738987…

>だいたい土が乾いてから、つぎの水をやると思うんですが、水が乾くまで待とうと思うと、1週間ぐらいかかります

水はけが悪いって思ってる? 単に乾きにくいってこと?
だったら、乾くまで放っときなさいな・^^; 植物の水を吸い上げるペースは、植物に任せましょう。↑主さんがそんな心配をしても、彼らには彼らのペースがありますので、人間の思惑通りにコントロールできるもんじゃないんだから、あっちのペースにコッチが合わせるのよ。そー言う意味なんですよ、自分がいっつも「水は欲しがっているタイミングで与えるべき」ってのはね。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101722440…
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101616809…

水遣り”ってのは、植物を管理する上でイチバン難しいです。この間隔”を感覚”で掴めるようになれば最強です・笑)この部分は・・・付け焼刃”は効きませんよ・苦笑) 実際に体得”してこそ結果に繋がるものです。
こればっかりは努力なしに身につくわけがないと思います。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121644283…

お手持ちの植物を、日々しっかりと観察し、コンディションを把握しましょう。アンテナを向ける方向は、目の前の植物たちに、ですよ(^^v
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101750642…>夏でも乾いてからでいいですよ。

土が湿っているのに、
水が足りないということにはならないと思います。
よっぽど乾かないとしたら、水はけが悪いのかもしれません。>夏場は、毎週水やりしてから、根腐れの心配は、無いから、どんどん水やりしましょう。受け皿の水は、捨ててね。>

植物に詳しい方に質問です この植物は何ですか?植物

「植物は大気中の窒素からアンモニアをつくることのできる細菌(根粒菌)を根の細…

「植物は大気中の窒素からアンモニアをつくることのできる細菌(根粒菌)を根の細胞の中で共生させて、アンモニアを作らせています。
」という回答を見ましたが、エアプランツ(チランジア)はどうやって窒素化合物を手に入れているのでしょうか。
https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1055250900 より

窒素固定を行える細菌を共生させる植物は一部の植物(マメ科やハンノキ属など)だけです。
チランジアはそのような細菌と共生していないと思いますので、大気中の窒素分子(N2)を利用できません。
前の方が仰るように、雨や霧に微量に含まれるアンモニアや硝酸などを得る他、一部の種はアリを住まわせてアリの排泄物からも窒素分を得ています。

付け足しとして横槍失礼します。自生地ではチランジアの葉の間に枯葉や枝?が積もっている場合もあるようですので、アリなどの排泄物や雨霧以外に、それらの葉っぱや枝が分解されることで栄養を得ている可能性もあるかもしれません(素人推測ですが)。頻繁にやる必要はないかもしれませんが、自生地環境以外で育てる場合は肥料も少しはやる方が良いのかもしれませんね。>霧や雨にとけ込んだ物を吸収。もしくはアリ等の糞から摂取。いずれも自生地での話しですが。>

多肉植物の病気について教えてください。

多肉植物の病気について教えてください。
モンキーツリー、またはセネシオクレイニアです。
以前から気になっていたのですが、写真のように葉の付け根から茶色くなっています。
成長している先端部分にも成長が止まっている先端にも葉があるところは茶色が付いています。
葉がない茎というか幹の部分には見当たらないです。
ちなみに画像の透明のつぶつぶは水です。
調べても同じような症状が見つからないので教えてください。
補足茶色いところは擦っても取れません。
ブヨブヨもカサカサもしていません。

>多肉植物の病気について教えてくださいID非公開さんひとつ、確認してみて欲しいんですけど・・・この黒く変色してる部分って、プカプカして腐ってきてませんか?『軟腐病』の可能性がありそうです。
https://www.sc-engei.co.jp/resolution/pestanddisease/photolist/deta…https://www.google.co.jp/search?q=%E8%BB%9F%E8%85%90%E7%97%85%E3%80…パキラなど、観葉植物にもけっこう発生します。
細菌性の病気で、環境要因(風通しが悪い/日照不足/多湿・過湿などなど・・・)で発病するようです。
このような状態になってどのくらいか見えませんが、変色してる部位が拡大していないか確認を。
幹も硬度を保っているかどうかもチェックです。
念のため、殺菌剤の用意もしておいた方がいいでしょう。
https://www.google.co.jp/search?dcr=0&biw=1205&bih=863&tbm=isch&sa=…

ありがとうございます。
軟腐病について写真と説明を拝見させていただきました。
特にプカプカしている様子もなく腐っている感じもありません。
日照不足の可能性が高いかもしれないです。
殺菌剤も用意してみます。>日照不足、急激な温度変化、風通しが悪かったりしてませんでしたでしょうか。参考まで。https://taniku-succulent.com/blog-entry-29.html水やりは、土が乾いてから数日経って水をやります。多肉植物は乾燥には強いですが、多湿には弱いので、年間を通じて水の与え過ぎには注意しましょう。>

植物を撮って来ました。

植物を撮って来ました。
サボテンのお仲間のような気がするのですが。


名前が解りません。
宜しくお願いします。

ベンケイソウ科、センペルビウム属の「巻絹」でしょう。
ヨーロッパ付近の山地原産の多肉性山野草なので、寒さに強く、高温多湿に弱い植物です。
http://echeveria0white0rose.blog.fc2.com/blog-entry-401.html

植物の遺伝子組み換えは以前から実用化してますが、

植物の遺伝子組み換えは以前から実用化してますが、実験動物の遺伝子組み換えは可能ですか??補足どんな実験がされていますか??

物凄く代表的な例で言えばGFPたんぱく質を導入したラットなどでしょう。
緑色に光るネズミとかをニュース見た事あるのではないでしょうか?あれが正しくそうです。
他には特定の遺伝子を作用させないように作ったノックアウトマウス、なども有名です。
ただ、動物系は管理も飼育も面倒なので植物程幅広くされていないのは確かです。

実験動物の遺伝子組換えは可能です。>

植物の葉にマジックで絵を描くと葉と共に絵も大きくなりますか?

植物の葉にマジックで絵を描くと葉と共に絵も大きくなりますか?

御指摘の通り、葉の展開に伴って絵は大きくなります。
植物の茎の先にある芽を頂芽といいます。
葉は頂芽の中で形成されてから展開しますが、細胞分裂は葉が形成される段階で完了し、葉が展開する段階では一つ一つの細胞の大きさが大きくなることによって全体が大きくなるからです。

植物の地球環境における重要性について意見ください!

植物の地球環境における重要性について意見ください!大学で環境学を学んでいます。
その中で「植物の地球環境における重要性とは?」という問題に対し、自分は・二酸化炭素を使い、酸素を供給している→生き物にとって欠かせない存在である・太陽光による熱を吸収し気温の上昇を抑える・食物連鎖の基盤となり生態系を支えているの3つを考えました。
植物の果たしている役割が3つだけではないと思いますが、それ以外に思いつきません・・・他に植物が果たしている役割や貢献など、地球環境における植物の重要性についてもっとたくさん知りたいと思います。
植物の地球環境における重要性について教えて下さい!ぜひおねがいします!

少し書きます。
君の導いたものは、光合成の結果でしょ。
今までの知見からそのまま引っ張ってきてます。
この発想は、早晩行き詰ります。
おっと…、行き詰ってたんでしたね。
この場合、光合成生物でなく、植物(コケ以上の光合成生物)なんですよね。
だったら陸生生物が、大地に生えてることによって何がもたらされるかという視点に変えます。
一本の植物、さらには草原、森林が何を生んでるかということです。
全く緑がない状態と、緑に覆われてる環境を比較しながら、考えるといいでしょう。
そうすれば、いくつか引っ張ることが出来ます。
例えば、そこでは、いろいろな環境(微気候というのもあります)が存在し、土が出来ますし、水もその環境ではある程度たもたれもしますし、多様な生き物が生活できるようになりますし、気候も緩和されるでしょうし、その環境が揺らげば新しく適応した種も生まれるでしょうし、…。
地球の営みそのものです。
少しはヒントになったかな?ところで、机で学べることはそんなに多くはありません。
とくに、この分野では、往々にして『How・どのようにして』が求めるものでもあります。
目の前の問題、課題をいかに解決するかです。
現実からのソリューション能力です。
そのためには、まずは今あるものをきちんと見て、きちんと考え込んでいくことです。
参考にしてください。

植物の実です。


植物の実です。


何の植物か名前が解りません。


教えてください。
よろしくお願いいたします。

ノブドウです!ブドウ科ノブドウ属です!ちなみに食べることもできますよ?

植物プランクトンは春と秋に増殖しますが、秋よりも春の方が増殖する理由を教えて…

植物プランクトンは春と秋に増殖しますが、秋よりも春の方が増殖する理由を教えてください!

日の長さ(日照時間)です。
春と言っても幅がありますが、例えば4月末の日照時間は8月20日の日照時間とほぼ同じです。
10月末の日照時間は2月20日の日照時間と同じくらいです。
気温の上下と日照時間の変動には、ずれがあります。
光合成に必要なのは温度よりも日照ですから日照時間の長い春のほうが植物プランクトンの増殖が盛んになります。

なるほど!!ありがとうございます。>

植物は葉からも水分を吸収しますか?

植物は葉からも水分を吸収しますか?またするとしたら、どこの機関がしていますか?

>植物は葉からも水分を吸収しますか?hiji818kiさんhttps://jspp.org/hiroba/essay/kinoshita.html葉っぱには『気孔』という小さい穴があるけど、主にガス交換や水分の蒸散をコントロールしているようです。
しかしながら液肥などの『葉面散布が効果的』だとする説があるので、いくばくかは吸収できるのかもしれない。
http://www.e-taneya.com/site/tokushu/minichisiki_17.html

光合成の妨げとならないよう、
気孔は葉の裏側に多くあるようです。
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=0634&target=number&k…
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=0710&target=number&k…>植物の葉には、主には裏に閉じたり閉まったりする気孔との名称の穴が有ります。
その穴は、陽光が有る時間帯では主に炭酸同化作用(大気中の炭酸ガスを吸収し、酸素を排出する)と葉の温度を保つ上での水分の排出:蒸散作用をしています。 と同時に、僅かな呼吸作用をも行っています。
夜間:陽光の無い時間帯には、呼吸作用と蒸散作用を行っています。
樹体が乾燥するようであれば、気孔を閉じて蒸散を防ぎます。
それ以外に、気孔より樹体に水分が不足していれば水分吸収と、その節に噴霧して与えた肥料(尿素の吸収が多く、カリやリン酸も吸収する)を吸収します。
その他には、水溶性のイオン化した鉄やマンガン、マグネシウム・カルシウムなども吸収します。
肥料の葉面散布は、即効性があり有効な手段です。
https://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RiWbUB..ZZFRAAmGaJBtF7?p=%…>植物も呼吸していることはご存じだと思います。
人間に汗腺があるように植物には「気孔」と言うのがあります。
呼吸、吸水もしているわけです。
汗をかくのと同じように皮膚呼吸をしているわけで。
気孔は主に葉の裏側にあります。表面の気孔で吸水ですね。>

植物に詳しい方に質問です

植物に詳しい方に質問ですこの植物は何ですか?

ヒマワリです。













植物の根茎の能力について教えてください。 以前、裏庭にカジイチゴが…植物

植物(花)の名前や昆虫の名前をやたら沢山憶えている方がいますが、どうやって覚…

植物(花)の名前や昆虫の名前をやたら沢山憶えている方がいますが、どうやって覚えていらっしゃるんでしょう?ストーリーなどで記憶しているわけではないだろうし、記憶力がいいというわけでもないと思うんですが・・・。
子供の頃に図鑑などを眺めているうちに覚えてしまっちゃうんでしょうか?でも新種のものも沢山ご存じだし・・・。

植物の名前を覚えることに限ってお答えさせていただきます。
私も仕事柄植物の名前を覚えるのは必須事項なのではじめは苦労しました。
単純に実物や写真と名前を覚えたつもりでも、元来愚鈍なもので、すぐ忘れてしまっていました。
そこで、その植物に関するエピソードなり、利用法なりいっしょに学ぶようにしました。
例えば「シキミは植物毒素では唯一劇薬指定されている。
」とか、「マンサクの名前の由来は(先ず咲く)ともいわれる。
」や「マツは建材としても優れており俗に、石より三年保つ。
」などです。
私は単に名前だけを覚えるよりもこちらの方が身につきました。
蛇足ながら、ついでにある程度の科名(科の特徴)まで覚えると、未知の植物を推察する場合に、重要な手掛かりになりますよ。

「好きだから」覚えることができます。他人に強要されて覚えなくてはならないのと違い、興味を持ち、自分の意志で調べた知識は記憶に残ります。調べている時の集中力はケタ違いです。テスト直前の「一夜漬け」はその場しのぎの記憶程度なので、記憶には残らず、知識の蓄積もありません。
ウチでは昆虫のほか、淡水魚とウサギがいます。昆虫はそれなりに観察や飼育経験がありますが、本格的に淡水魚の飼育をはじめたのは2015年の春、ウサギは2015年末からです。淡水魚はガキの頃に川で網を振り回して魚を捕ったり、釣りにはよく出かけたのである程度の基礎知識はあったものの、飼育に関する知識はほぼゼロでしたし、ウサギに関しては全く未知の世界でした。両者とも飼育に当たって知識は当然必要で、誰からも強要されることなく自分で必死に調べました。私は今40代前半ですが、この年になっても意識を集中して調べた知識は記憶に残ります。「新種のものも沢山ご存じだし・・・。 」は、興味があるが故、情報が入るとしらべずにはいられないのが「好き者」の性です。で、結果として知識として蓄積されていきます。>ポケモン好きがポケモン覚えたり、アイドル好きがAKBのメンバー覚えたりするのと同じです。>私は昆虫が得意分野です。画像や実物を見れば大体はなんの昆虫か分かります。どうやってと言われると、なんというか・・・もう気づいたら自然と知識として身についていましたね。好きなものは結構すぐ覚えられるじゃないですか。それと同じだと思います。小さい頃から図鑑やテレビで昆虫関係のものを見続けてきたのでその影響もあると思います。>野外で見つけて、すぐに名前を調べれば結構覚えられます。あとは穴があくほど図鑑をみていれば覚えられると思います。>すきなことって頭に残りませんか?それと同じですよ。そういった方達はそのようなことに強い興味をもってるとおもいます。さらに自分で調べたり、見たりと、それらに触れる機会が自然と多いはずです。こどもたちが、勉強はなかなか頭にはいらないのに、テレビゲームや、アプリゲームの知識が深々と溜まっていくようなもんです。>

植物は、夜間 呼吸のみをしている時 二酸化炭素しか出さないのでしょうか?人は呼…

植物は、夜間 呼吸のみをしている時 二酸化炭素しか出さないのでしょうか?人は呼吸をしている時、少量ですが 二酸化炭素も出します。
この前見た理科の問題で、ツバキの植物を一晩光の当たらない所に置いて、ツバキの体の中でつくられ気孔から出ていく酸素と二酸化炭素の量はどうなるか?というのがあって、答えが 二酸化炭素だけが出ていく。
だったんです。
そうなんですか?

そのとおりです。
植物は常に、すべての細胞で呼吸を行っています。
そして、葉緑体がある部分では、光が当たると光合成をします。
呼吸では、酸素を使用して二酸化炭素を放出します。
このとき、エネルギー源(グルコース、デンプン)からエネルギーを取り出します。
光合成では、葉緑体が光エネルギーを利用して、水と二酸化炭素から酸素とデンプンを作ります。
だから、光がないときは、呼吸のみを行い、酸素を取り入れ二酸化炭素を放出します。
光があるときは、光合成と呼吸を行いますが、呼吸より光合成の働きが大きくなるので、二酸化炭素を取り入れ酸素を放出します。
http://biology1.juniorhighschool-science.net/plant/photosynthesis.p…ツバキを含めた多くの植物はそうなので、そう覚えておけばいいですが、実は夜に二酸化炭素を放出するのではなく取り込む植物もあります。
CAM型光合成を行うCAM植物と呼ばれるものです。
サボテン科やベンケイソウ科などがそうです。
これらの植物は乾燥地帯などに生息し、昼間に気孔を開けて二酸化炭素を取り込もうとすると貴重な水分を失う危険があるので、夜間に気孔を開いて二酸化炭素を取り込み、昼間は気孔を閉じてデンプンを作ります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CAM%E5%9E%8B%E5%85%89%E5%90%88%E6%88%9…>人は呼吸をしている時、少量ですが 二酸化炭素も出します。
この文を入れられた意味がよく分かりませんが、ヒトの肺呼吸だって酸素を取り入れ、二酸化炭素を放出するためのものですよ。

多肉植物について教えてください!鉢穴なしの入れ物で育てる時、ストローを一緒に…

多肉植物について教えてください!鉢穴なしの入れ物で育てる時、ストローを一緒に植えるのは無しですか?素人のにわか知識での思いつきなので、不快な思いをされる方がいらっしゃったらすみませんm(_ _)m下の図のように、一番下に石、その上に観葉植物の土、端にストローを埋めて、通気性を良くしたり下にたまった水を排出しやすくしたり出来るのではないかという考えです。
(見た目が悪いことについては今は考えていません)(今手元にある土が観葉植物用だけなのですが、やはり多肉植物用を用意するべきでしょうか)この場合起こりうる問題はありますか?根や土にとって良くない環境だったりしますか?バカな事を書いていたらすみませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m

いろいろ発想ひらめかせて植物を育てていくのって素敵です。
失敗したりもするけど、工夫してよりよい環境を作ってあげる、っていう事はだいじですね!・穴が開いてない鉢に水をたっぷりあげる・水が溜まる・ストローで底まで空気の通り道を作る ←ここが問題よく多肉の育て方できく「水はけよく」というのは、もちろん通気性が大事なんですが、ストローで底に空気をあててもすでに水に埋まっちゃってるのでもうアップアップです。
根は基本的に空気に触れていないとダメ、と考えた方がいいかもしれません。
・ストローから水を捨てるこれは、たぶんやってみたらわかるかもしれませんが、鉢を傾けて水を出した方がたぶん早いです。
笑(ストローよりもキレイに水を捨てられます)マックとかスタバでアイスの飲み物買って、残りの水を捨てる時、ストローつけたまま傾けないですよね。
質問者さんの案を受けて私が考えたのは、穴があいてるビニールポットに植えてから穴のない鉢でカバーする、という2重鉢です。
こっちの方が水捨てやすそうかなって。
どうでしょう?

うーん。この場合、あまり意味がないかと思います。
それをする位なら、深めの容器の鉢底にゼオライトなどをたっぷり入れたものの方が良いような。私も小株のカット苗や葉挿しのうちは、穴なし容器にゼオライトを敷いて用土を被せたもので、窓際で育ててますよ。
それでも、水をあげすぎちゃうと根腐れすると思いますし、ある程度大きくなったものは、穴あき鉢に植え替えてますが・・。>アイデアを出すのは素敵なことですね。通気性っていうのは上から水をあげることによって空気も中に入ることです。鉢穴が無いと水が外に出ないので空気が中に入っていきません。根も土の中で呼吸をしています。そういう意味で鉢穴は必要なんです。底面灌水(鉢底から吸水するしくみ)というものがありますが、根のためには上からの灌水の方がより良質な酸素を取り込むことが出来ます。

生物や植物の学問にはあまり詳しくないので、おおまかな知識ですが、、。>この場合、鉢底に溜まった水は、
ストローが刺さっていてもそのままです。
どうやって排出するのでしょうか。
ストローを口にくわえて吸いますか?
私だったらイヤですが…….

このストローは、
水はけや通気性に殆ど影響しないと思われます。
つまり、ストローがあろうとなかろうと、
ここに植えられた植物は
かなりの確率で根ぐされを起こします。>

植物油脂 ショートニング 違い

植物油脂 ショートニング 違い植物油脂とショートニングは同じものですか?違うようでしたら分かりやすく教えていただければ嬉しいです。

同じです。
植物油脂の別名がショートニングなので。

植物の事、詳しく方おられませんか?

植物の事、詳しく方おられませんか?知人から頂きましたが名前が分かりません。
その方は、多肉植物だと言われてました。
名前が知りたいです宜しくお願いしますm(_ _)m

多肉植物は何万種類という品種がほとんど品種管理をされずに巷に出回っているから、名無しの株はもう名前は見つけられないと思っていい。
が、一応写真のものは花蔓草かもしれんね。
http://www.yasashi.info/a_00059.html屋外でよく日に当たりながら育つ品種だから、室内水差しでは日光不足でダメになりやすい。
出来れば鉢植えで屋外管理、もしくは庭スペースがあるなら水はけ良く日に当たるところに植えておけば、初夏までにその3倍以上に増えるだろう。

植物の成長運動について

植物の成長運動について生物Ⅰを勉強していて疑問に思ったことがあります。
植物は強い光のあたる陽生植物のほうが光飽和点も高く、早く成長します。
それは葉の陽葉と陰葉でも同じことがいえるところまではわかりますが、成長運動の不可逆的な変化の理屈が疑問です。
ある参考書では「ある植物の芽生えに一方向から光を当てると、光の当たる側の成長速度より、その反対側の成長速度のほうが大きいので、光の方向に屈曲する。
」とありました。
なぜこの場合のみ光の当たらない側のほうが成長速度が大きくなるでしょうか?(;;)よろしくお願い致します。

光屈性は、・植物が光を感知し、・光の当たる部分と当たらない部分で成長に関連する因子の濃度や構成に差ができ、・成長速度に差が出るというメカニズムで成り立ちます。
有名な話として、生物Ⅰの教科書に載っているであろうオーキシンと光屈性の関係について議論があります。
一つは、成長を促進するオーキシンが光の当たらない側に移動し、光の当たらない側でオーキシン濃度が上がる=成長を促進、といったものです。
これは古くからある仮説ですが、科学の発達に伴いこんな反論も出てきました。
オーキシンの濃度は光の当たる側と当たらない側では変わらないが、光の当たる側でオーキシンの作用を抑制する物質が合成され、光の当たる側の成長が抑制される。
という仮説です。
この2つのどちらが正しいかと言われると、今のところなんとも言えないというのがひとつの結論ですね。

植物の発芽の疑問

植物の発芽の疑問私は自由研究をしています。
今回は植物の発芽の条件を変えるとどのような結果になるのだろうと思って実験を進めました。
温度、水、空気の条件の中の水を変えて水、酢、しょうゆ、食塩水(20%の食塩)、クエン酸水溶液(20%のクエン酸)重そう水溶液(10%の重そう)の6つで対照実験しました。
使った種はカイワレダイコンで結果は水以外発芽しませんでした。
私の観察方法が悪かったのか何か科学的な理由があるのかわかりません。
誰か教えて下さい。

植物の発芽には、水分が必要ですよね。
種子の中に水がしみこまないとならないわけです。
そうでないと種子は水があることを知ることができませんから、発芽してよいかどうかも判断?できないことになります。
ここで、水がしみこむかどうかというのは「浸透圧」という概念が関係してきます。
簡単にいうと、溶液を透過したりしなかったりする性質の「半透膜」を境にして、溶液の濃度が低い側と高い側があるとします。
高濃度溶液|半透膜|低濃度溶液みたいな状態だとすると、低濃度溶液側から高濃度溶液側の一方通行で溶液はしみこむのです。
種子の皮の下にある細胞の細胞膜は半透膜です。
種子細胞内の溶液が高濃度で、周囲の溶液が低濃度である場合、種子に溶液がしみこむことになります。
ここからは推測なのですが、実験では周囲の溶液のほうが高濃度で、種子細胞の溶液が低濃度だったということが考えられます。
すると、種子には水は浸み込めないことになります。
そうなると、種子は水がないと判断して、発芽しないということです。
この仮定を立証するには、溶液の濃度をいろいろ変えてみることです。
浸透圧は溶液の種類には関係ありませんので、植物に害のなさそうな水溶液、たとえばブドウ糖あたりの水溶液に統一して、濃度を0.1パーセント、1パーセント、5パーセント、10パーセント、20パーセントなどと変えて、どの濃度より薄ければ発芽するのかを調べてみるといいでしょう。
なお、食塩水のように、植物に害がある水溶液を使うと、ものすごく濃度を薄くしない限り、ほとんど発芽しないと思われます。

温度や空気の条件をどのように変えたのかが分かりませんが、「水以外で発芽しなかった」のは妥当な結果だったと思います。

植物が根から水を吸水するには、「浸透圧」の原理が用いられています。植物の根の内部の溶液のほうが、根の外部の溶液よりも濃度が高いときに水は根の内部に向かって移動します。

よって、しょうゆや食塩水、クエン酸水溶液などの高濃度の溶液中では、植物は吸水できず、成長もありません。

また酢には細胞を殺してしまう作用があるので、植物には有害ですので、もちろん成長もありません。

よって、水のみで成長が見られたのは妥当であると考えられます。>

植物の生活環について質問です。

植物の生活環について質問です。
「植物のステージには3nのステージが組み込まれているものがある」とのことなのですが、それはどのような植物なのでしょうか…3nと聞いて胚乳のことかと思ったのですが、胚乳は胚ではありませんし、ステージには含まれませんよね?調べてみても該当する植物がみつからず、質問させていただきました。
よろしくお願いします。
補足書き忘れましたが、タネナシスイカなどの生殖ができない植物以外で探しています。
よろしくお願いします。

被子植物の胚乳のことを述べているのでは?胚乳は生活環では無いけれど「植物のステージには3nのステージが組み込まれているものがある」とは被子植物の胚乳は重複受精によってでき、これが(裸子植物の)単相の胚乳に取って代わったということでしょう。
なお種無しスイカも核相は2nで、補足は必要ないでしょう。
(核相と倍数性は区別すべきとされています)

植物性乳酸菌のヨーグルト

植物性乳酸菌のヨーグルト家で作れるらしいですが、すぐ手に入る材料で作る作り方を教えて下さい。
ネットで調べてみたら、[米糖]で作るとありましたが、[米糖]がどこで売っているのかわかりませんでした・・・。

↓植物性乳酸菌ラブレをご家庭で密造しちゃってるページ。
http://www.nda.co.jp/memo/labre/↓乳酸菌の採取からやってる本格的なページ。
http://www18.ocn.ne.jp/~seganuma/page019.html種菌にする乳酸菌にもよるかもしれませんが、別に米糖じゃなくても、たいていの糖なら乳酸菌のエサになると思います。
なので、市販の植物性乳酸菌ヨーグルトで「生菌」という表示のあるものを買ってきて(ラブレの方のページ参照)、40℃ぐらいに温めた牛乳や豆乳と混ぜて置いておけばできると思いますよ。

植物の根茎の能力について教えてください。

植物の根茎の能力について教えてください。
以前、裏庭にカジイチゴが繁茂した際、一旦すべて刈取り、掘り起こせる根を取り去り、更に一年間出る芽をそれこそ目の敵に取り去った結果、根絶は出来てはいませんが、まったく気にならない樹勢となりました。
さて、素人ですが、植物は葉の光合成でのエネルギー、根から吸い上げるエネルギーの二つがあると思います。
地上をすっかり取り去っても、根に蓄えた(表現は妥当ですか?)エネルギーでまた芽吹かせて茎、葉を出すエネルギーはスゴイと感じます。
例えば、強い雑草として有名なドクダミなどは地上を根こそぎにしていった場合、いつかは枯れるんでしょうか?地上を根絶やしにした場合の根の蓄えによる再生には植物の種類で大きな違いがあるのですか?よろしくお願いします。
補足回答には感謝しますが、質問への回答にはなっていませんでした。
よってワタシからはBAが選べませんでした。
ごめんなさい。

植物は光合成ができなければ、どんな植物も枯れます。
ですので地上部分を根気よく除去することができればいつか必ず勝利が訪れます。
でも根気が続かないのが人間なんですよねぇ^^;他で質問されてましたが地上部分から根まで枯らすラウンドアップ等グリホサート系の除草剤をしばし根気強く塗ってやるのがベストだと思いますよ。
芝生用の選択的除草剤よりは効果が強く確実です。
他の植物にかからないように注意は必要ですが、土壌には影響しませんので例え芝生が枯れてもすぐ復活しますよ。

補足読みました。
以下回答の補足です。

カジイチゴ、ドクダミ、とその他の植物から感じられているように植物の種類で根茎の能力に大きく違いがあります。

他にはチガヤ、ヤブガラシ、竹などが非常に再生能力の強い植物です、宿根系の植物ですね。
また弱い(と言うより普通)ものでは一年草がそれに当たります。

またその能力を利用し、根伏せ(根だけのものから地上部分を作らせます)といった木の増やし方もあります

ちなみにですが我が家に生えたヤブガラシの地下茎をたどって掘り起こしたことがありますが、缶コーヒーくらいの太さで、4メートル程もありました・・・強いわけです。。>ドクダミの場合は、地下茎を張り巡らしているので、地上を根絶してもダメです。
地下茎にかなりの養分、エネルギーを蓄えているので。

地下茎を持たない植物は、そういう意味では根絶は簡単ですが、種による繁殖力は旺盛です。
例えば、種の発芽のばらつきがあってすべて1年後に発芽するんでなくて2年後3年後5年後というようにランダムに発芽して根絶が難しいものがたくさんあります。>

多肉植物初心者です。最近多肉植物を育ててます。葉挿し、挿し木して…植物

植物に関して質問です。

植物に関して質問です。
元々寒さに弱い植物を寒さに強くする方法とかあるんですか?植物に関してレポートをまとめようと思い立ちこのような質問をしました。
植物の種類、方法はどのようなものでも構いません。
どなたか詳しい方がいらしたら是非よろしくお願いします。

がっつら強くする方法はありませんが、若干強くする方法はあります。
少しずつ寒さにあわせると、植物が寒さになれてくるのか、通常では耐えられないであろうと思われる温度でも大丈夫になります。
それから、水のやり方ですね。
寒くなるにつれ、徐々に水やりを控えていくと、耐寒性が増します。
私が思うに、冬野菜がおいしいというのに共通しているのではないかと思います。
寒くなってくると、植物自体が凍害から身を守るため、糖分を多くします。
徐々に寒くなってくると、糖分(または凍りにくくする物質)を多く作り出し、蓄えるのではないかと思います。
水分を控えることによって、植物内の水分が少なくなり、凍りにくくなるのではないでしょうか。
たとえばサンセベリアですが、耐寒性が10℃ということですが、冬越しの仕方によってはもう少し低い温度まで大丈夫なようです。
http://www.yasashi.info/sa_00009g.htm↑新聞紙に包んで暖かい場所・・・とありますが、私がもっていた本には、新聞紙に包んで押し入れに入れておくと、0℃近い温度まで耐えられるということが書いてありました。

勉強になります!ありがとうございました。>品種改良です。イネについて調べて下さい。これだけで100枚はレポートを書けますよ。笑>耐寒性は遺伝的に決まっていて、例えば耐寒性の弱いバナナを北海道で露地に植えると、どんなことをしても冬を越す事は出来ないでしょう。
ただし、少肥、少水、強光線で植物を鍛えると多少は耐寒性が強くなる場合はあるとは思います。と言うか、その植物が遺伝的に持っている耐寒性を十分に発揮できるのでしょう。軟弱に育てると耐寒性が弱くなります。

他の方法は育種です。耐寒性の強い個体を選んでいくか、他の寒さに強い種類を交配して耐寒性のある品種を作りだします。こちらの方が確実でしょう。>

植物の分類について。

植物の分類について。
植物が藻類、コケ植物、シダ植物、裸子植物、被子植物のように進化していった道筋を陸上生活への適応の面から説明してください。
という問題なのですが、私の解答としては、「藻類は水中にしか存在しないため乾燥対策ができず、コケ植物に進化したが維管束がないため体を支持できず、シダ植物に進化したが胚がないため有胚生殖ができず、種子植物に進化したところ、子房がないため胚の保護ができない裸子植物から胚の保護ができる被子植物へと進化した。
」と考えたのですが、どうでしょうか?足りない要素、直した方がいい文脈、間違った解答などがあれば教えてください。
※この問題は答えがないです。

藻類は水中にしか存在しないため乾燥対策ができず、コケ植物に進化した→藻類が水中に存在する以上乾燥対策の必要はないはず。
シダ植物に進化したが胚がないため有胚生殖ができず、→間違いです。
コケにもシダにも胚にあたるものがあるでしょう。
コケもシダも有性生殖をしていますよ、無性生殖はコケ、シダ、裸子、被子を問わずあります。
子房がないため胚の保護ができない→胚ではなく胚珠でしょう。
胚は受精卵が分裂してできる植物の赤ちゃん(幼小物)です。
胚は受精後にできる。
子房がないため胚珠がむき出しになっている。
(胚珠は種子になる部分で受精前です)。
(オゾンができたおかげで、)陸上での紫外線の脅威が減った、。
まず藻類(緑藻類)の仲間がまず上陸した。
最初に上陸した植物はコケ植物とされている。
コケ植物は体全体で水分を吸収する。
そのために生育範囲は水辺など湿度の多い環境に限られている。
次にシダ植物が表れた。
シダ植物は体を支える茎(機械組織)、水分を隅々まで運ぶ維管束、土壌から水分を吸い上げる根、表皮からの蒸散を防ぐクチクラ層等乾燥対策を備えて、陸上深くに進出した。
ただしシダ植物の受精には、雨水などの外界の水が必要である。
前葉体は乾燥に弱く、また造精器でできた精子は造卵器まで前葉体の上のうすい水の膜を泳いで卵に到達する。
だからシダ植物は外界の水分から離れられない。
種子植物は雌性配偶体は胚嚢として胚珠の中に作り、雄性配偶体は花粉という形にして全体を送粉することにした。
シダ植物の前葉体のような危険な段階はなくなった。
また受精はイチョウとソテツは精子による受精だが、精子は雌花にできる液体の中を泳ぐので外界の水に依存するわけではない。
針葉樹や被子植物は花粉管受精である。
被子植物は胚珠が子房でおおわれていて、外界から保護されてい。
花粉管は柱頭から入って珠孔まで伸びる。
被子植物では花弁や萼を発達させ、また蜜などを出して昆虫により確実に送粉をしてもらったり、また果実を発達させて動物に散布してもらったりする植物が多く表れ、大きく進化した。
が維管束がないため体を支持できず、シダ植物に進化したが胚がないため有胚生殖ができず、種子植物に進化したところ、子房がないため胚の保護ができない裸子植物から胚の保護ができる被子植物へと進化した

観葉植物の冬の日照について

観葉植物の冬の日照についてこんにちは、冬の観葉植物について質問です。
現在アグラオネマを2種類育てているのですが、日照不足に悩んでいます。
特に片方は葉に緑色の部分が増えたり葉先が黄色くなったりして深刻な状況です。
日光をたっぷり浴びせたいとは思っておりますが、この時期外に出すことはできませんし、かといって室内は決して明るいとは言えません。
また家が東向きなため特に曇っている日などはお昼過ぎから結構暗くなります。
ビニール袋などをかぶせて昼間だけ外に出すことも考えましたが、自分ですら寒いので諦めました。
なにか良い案などございましたらぜひご教示お願いいたします。
また、観葉植物用のライトの購入も考えておりますが、天井などにつける照明ではなく、コンセント式のスタンドなどでピンポイントに植物だけ照らせるものなどございましたらそちらも合わせて教えていただければ幸いです。
長文になりましたが何卒よろしくお願いいたします。

「植物育成灯 口金E26」で検索すれば出てくるでしょう。
http://item.rakuten.co.jp/kyodoled/10000246/ ホームセンターで確認したところ、LEDが4個ついたものが販売されているそうです。
しかし、問題はネットで直接買ってくださいといわれたことです。

植物の種まきの期間につきまして。

植物の種まきの期間につきまして。
何か植物を育ててみようと思い、ふと気になった事があります。
ガーデンイングとか事がなく全く無知で申し訳ございませんが…植物の種類によって種をまく期間が決まっていますよね?(4月とか8月とか)その期間を守らなければどうなるのでしょうか?そもそも発芽自体しなくなるのでしょうか?期間通りに種まきした場合と全く違う期間にした場合とで違いを教えて頂けますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

植物には発芽適温と生育適温が有ります更に単年性・多年生が有ります。
春に播く単年性植物を夏に播いた場合は花が咲かずに冬に成って枯れてしまいます。
(生育遅れ)春に播く多年生植物を夏に播いた場合は生育量少ないので越冬力が弱くなります。
(生育遅れ)晩秋に播く玉ねぎを晩夏に播くと春に抽苔し花が咲いてしまい収穫不能。
(生育が進み過ぎて抽苔)早春に播くホーレン草を盛夏に播くと発芽しません(発芽温度が違う)合田草を播いてもその年には開花しません(低温に遭わないと花芽が出来ない)タネの袋に播種時期が書いてあります。
それを守って播種するのが良いのですよ!

種まき時期。よく言われることが彼岸の頃。

春まきは彼岸、または八重桜の咲くころ。
秋播きも彼岸、20度前後が多いですね。

種類によって発芽温度があるので育てたい植物を検索するか、種の袋に書いてある育て方をよく読む事が大事です。

温度、日光、水分があれば発芽(発根)しますが、後の生育はそれぞれの植物によります。環境もありますね。

たとえば熱帯性のものは秋播きしても育たない。
発芽してもすぐに冬が来るので枯れる。
しかしハウス栽培では気温も高く日光もありそのまま開花まで育ちます。

まずは主様がどのような環境で苗起こしから出来るか、環境を考えてから植物を選んで、播いてみることが良いと思います。>温度さえ確保できれば発芽します。発芽適温というのがあります。

ですが、発芽はしてもその後の生育に問題が生じる場合があります。

例えば、苗が蒸れてダメになったり、寒さで傷んでしまったりとかそういうことです。>

植物に関係する仕事について

植物に関係する仕事について現在、就職活動を間近に控えています。
就職に対する意識が今まで薄かったせいか、皆んなより出遅れてる感じがして少し焦っています。
その中で何とか就職する仕事を探すために、まず自分の興味のあることから探してみることにしました。
私は、植物やインテリア、健康、美容などに興味があります。
そして、植物とこれらを組み合わせた仕事などがないかなと思い、色々調べてみましたが中々自分の思うような所は見つかりませんでした。
植物関係の仕事と言っても、園芸店などではなく、植物による癒しの住空間を提供する仕事などです。
その他にも、植物関係で興味深いお仕事があれば教えてほしいです。
また、植物ではなくても、健康や美容関係で興味深いお仕事があれば教えてください。
質問がアバウトな面が多々ありますが、どうかよろしくお願いしますm(_ _)m

植物を取り扱う雑貨店、園芸療法、植物リース業花屋さんや園芸店でも最近は雑貨品も取扱い、昔からの園芸店とはまた違ったショップも増えてきていますよ。
http://www.garage-garden.com/

植物恐怖症のいい克服方法って何かありませんか?

植物恐怖症のいい克服方法って何かありませんか?自分は物心ついた頃から植物が苦手でした。
原因は不明ですが見ると鳥肌が立って寒気がします。
当然家族や友人にも全く理解されず変人扱いされてきました。
特にシダとか南国系が苦手でモウズイカのような大きいやつも苦手です。
日常生活ではなるべく視界に入れないようにしてやり過ごしてきました。
植物恐怖症の原因は何でしょうか… 克服方法はありますか?

お役に立てないと思いますが、気を和らいでほしいので私のことを話します私は、植物ではなく「きのこ」と「道路」です きのこが生えてると、叫んで逃げたくなりますてか、逃げます道路は、例えば道路(歩道)を歩く、立つ(信号待ち)などで、異常な恐怖感を覚え、震えますこれらは、生活にそこそこ支障が出るのですがきのこの方は軽症まで行く方法は、見まくるでした見まくっていたら群生していなければ、ちょっと怖いな…レベルまで落ち着きました参考までに本題の方について原因については、個人的には2パターン想定できます一つは、トラウマです。
記憶にならないほど幼少期に、植物に関するホラーなものを見たり、植物でショックを受ける(植物に何かついていたなど)ことと一つは、考えにくいのですが、脳の誤作動です何故か、植物が危険なものと感知してしまうのですトラウマの場合、私と同じなのですが治せるものとそうでないものに別れます安心できるものを用意するというのも手です(お守り的な)長文な上、役立たずな回答で申し訳ありません

植物細胞と動物細胞で

植物細胞と動物細胞で動物細胞にしかないものは中心体とゴルジ体であってますか?

動物、植物細胞とも核内に小胞体がありますが、動物細胞のみ核外(細胞内)にわ「小胞」と呼ばれる器官があるのではありませんか。
小胞体とは別物です。

訂正です。小胞体は、いずれも細胞内の核外です。>

植物は光合成で成長するということになっています。

植物は光合成で成長するということになっています。
すると植物の体を作っている炭素は二酸化炭素を経由しての大気由来のものということになります。
ここで疑問なのですが、土壌は落ち葉などが腐ったものですから炭素が相当含まれています。
また、肥料などの成分を見ても炭素は主要成分として記載されています。
しかしながら、植物の体は大気由来だとしているわけですから、土壌とは炭素が二酸化炭素になるまでさらなる酸化の機会を待っている状態ということなのでしょうか?浅学で申し訳ありませんが、もし植物が根から炭素成分を吸い上げてなにかしら合成しているということがあればお教え下さい

植物は根からアミノ酸も吸収できることが判明しています。
アミノ酸には炭素が含まれるため、その炭素も利用されているでしょう。
特に寒帯の湿地では有機物の分解が遅く、有機物の形態の窒素が多いため、アミノ酸の吸収は意味があります。
※アスパラガスの例は、地下茎に蓄えられた養分で成長しているので事例としてはそぐわないと思います。

ご回答ありがとうございます。

ああ、なるほど・・

つまり、窒素吸収のための媒質みたいな感じですね。
>野菜で申し訳ないが、実例を幾つか。
アスパラガス(白いの)
これは遮光環境で育成します。(土寄せといいます)
光合成しないで、植物が育ちますよね?
つまり、植物細胞の炭素は大気由来以外のも含まれています。

教科書で光合成の説明をするときに、二酸化炭素→酸素、あれ?炭素は?
という質問の答えとして、植物が吸収する、と有るだけです。
また、光合成しないOr出来ない状況では、植物は酸素を消費する呼吸をします。
しかし、光合成出来る環境でも植物は呼吸を別途しています。
結論、昼は呼吸<光合成なんで酸素が増えます。
調べると色々とおもしろい事になってます>

シダ植物やコケ植物が、種子植物と違って 胞子で増える理由を明確にできるような実…

シダ植物やコケ植物が、種子植物と違って 胞子で増える理由を明確にできるような実験はないでしょうか。
理由はインターネットなどでも出てきたのですが、それをどのように実験にするといいのか思いつきません。
どなたか考えていただけないでしょうか。
参考に。
植物には,コケ植物やシダ植物のように胞子で増える植物と,裸子植物や被子植とよばれる種子で増える植物があります.植物が進化してきた過程で,まず,胞子で生殖する植物が現れ,種子で増える植物はその後に現れました.コケ植物は古い時代のやり方を今でも使い続けているのです.今でも,胞子を作る植物と種子を作る植物の両方がいるのは,胞子と種子にはそれぞれ異なる利点があるからです.胞子はただ一つの細胞でできた,1ミリにも満たない小さなものです. 一つの植物から何十万,何百万個も胞子を作ることができますので、多くの子供をのこせる可能性がある一方、胞子には栄養がほとんど無いので、自力で発芽し大きくなるのは難しい、という欠点があります.一方,種子は固い殻の中に,「胚」とよばれる次の世代の小さな植物をとじ込めた複雑で大きな構造です.種子には栄養分が多く含まれる場合も有り、自力で発芽したり、土壌中に栄養が無くても発芽してある程度まで大きくなることができます。
このような理由などから、種子は胞子に比べて生存する能力が高いと考えられますが,胞子ほどたくさん作ることはできません.種子の方が、胞子よりも、大人にまで成長できる可能性が高いのですが、コケ植物のように小さな植物にとって,種子のように,大きくて複雑な構造の子供を作るのは大変で、効率のよいことではありません.また、植物の進化の歴史の中で、コケ植物が登場した時には、種子のような複雑な構造物を作るための遺伝子セットを、まだ持っていませんでした。
(日本植物生理学会 みんなのひろば より) 種子は、陸上の乾燥しやすい環境に適応するために獲得した繁殖形態です。
「植物の生活環」で検索したり、高校生物の教科書や資料集に出ています。
文だと分かりづらくなりますが、一応解説しますね。
生殖法には、細胞の合体がない無性生殖と、細胞の合体を行う有性生殖があります。
ヒトの場合は、精子と卵が合体(受精)するので、有性生殖ですね。
ここで、用語の説明 胞子をつくるからだを胞子体 精子や卵のほうに合体する細胞を配偶子 配偶子をつくるからだを配偶体といいます。
「~子」は単細胞の状態を、「~体」は多細胞の状態を表しています。
おそらく質問者が「胞子でふえる植物」と考えられている思われる、シダ植物の場合、こんな感じです。
胞子体(通常見かけるヤツです)の胞子のう↓<減数分裂> 胞子↓(成長)<体細胞分裂> 配偶体↓この一部の細胞が配偶子(精子,卵細胞)↓<受精> 受精卵↓(成長)<体細胞分裂> 胞子体というサイクルになっています。
これに対し、おそらく質問者が「種子でふえる植物」と考えられている思われる、 種子植物の被子植物の場合、こんな感じです。
胞子体(通常見かけるヤツです)の胞子のう にあたるもの(雄しべのやくの花粉母細胞,雌しべの胚珠の胚のう母細胞)↓<減数分裂> 胞子にあたるもの(花粉四分子,胚のう細胞)↓(成長)<体細胞分裂> 配偶体にあたるもの(花粉,胚のう)↓この一部の細胞が配偶子(精細胞,卵細胞)↓<受精> 受精卵↓(成長)<体細胞分裂> 胞子体というサイクルになっています。
見た目の形や大きさなどの特徴がまるで違うため、異なる名称がついていますが、実質的に、両者はほぼ同じように胞子でふえる(合体なしの)無性生殖と、配偶子でふえる(合体ありの)有性生殖を交互に繰り返す、同じふえ方をしていると言えるわけです。
共通の子孫から、陸上の乾燥した環境でも耐えられるように適応したタイプが種子植物であり、そうならずとも生きられる場所を選んで生きていくように適応したタイプがシダ植物やコケ植物といってもよいかもしれません。
(yahoo知恵袋 abcdefghijahomuさんの質問に対する chomo_555さんの回答より)補足自由研究の参考にしたく、質問しました。

>シダ植物やコケ植物が、種子植物と違って 胞子で増える理由を明確にできるような実験はないでしょうか。
ありません。

多肉植物初心者です。
最近多肉植物を育ててます。
葉挿し、挿し木してます。

多肉植物初心者です。
最近多肉植物を育ててます。
葉挿し、挿し木してます。
挿し木した部分を乾燥させて根っこが生えるのを待ってたのですがなかなか生えず土に植えて寄せ植えしたのですが葉がぐったりしていたので少量の水やりをしました。
水やりの頻度はどれぐらいですればいいですか?また日光浴はさせたほうがいいですか?葉挿しなんですが赤ちゃんがでているものがあり中には2センチぐらいに育った子もいます。
そろそろ違う場所に植えたいのですがその際水やりはしますか?またあげる頻度を教えてください。
中にはなかなか赤ちゃんが出てこない葉挿しもあり失敗なのかなと心配です。
はやり気長に待つしかないのでしょうか。
赤ちゃんが出てない葉挿し、出てる葉挿しの容器は別にしてあります。
赤ちゃんが出てない葉挿しは室内の日かげにおいてあり水は与えてません。
よろしくお願いします。

多肉植物だけには限りませんが、挿し木の基本として、日当たりは多いほど、水は乾き目なほど発根が良いと言われます。
しかし程度問題で、日当たりが強すぎ、あるいは乾き過ぎで挿し穂が水分を消耗しすぎて萎んでしまうと、根付きが遅れるか発根しない事になります。
適度に湿っていて、光も適度にある環境が理想です。
冬は日差しが弱いので日光にはよく当てた方がいいと思います。
湿り気はまったく乾燥していれば根が出難いので軽く湿っているのが良いのではないでしょうか。
葉挿しの方はもし過密で徒長する恐れがあるになら今植え広げなければなりませんが、そうでなければ春になるまで待った方が良いでしょう。
植え替える場合、葉を挿して芽が出たばかりでまだ小さいので、水はすぐやった方が良いです。
頻度は上に書いた挿し木の場合と同じです。
乾き気味とは言えますが、どのくらいの頻度かはあなたの育てている環境で違うでしょうから、何とも言えません。
多肉植物はどれでも葉挿しが出来るわけではありません。
まず、出来る種類なのか確認する事です。
出来る種類でも成功率が低い場合もあるし時間のかかる種類もあります。
葉挿しの簡単なベンケイソウ科の白牡丹などは1~2週間でもう芽らしい物が出ますが、ハオルチア属のある種は2年間待っても根だけで芽は出ませんでした。
まだ芽が出ていない葉挿しも上の挿し木の場合と同じです。
冬は出来る限り日光に当てて、水遣りも軽く湿る程度にやります。

多肉植物で失敗するケースは水遣りにあります。

土の水分が欲しいカラカラになる前に水遣りをした方がいいでしょう。
他の観葉植物より、水分は少なくていいです。

私は一緒に、色々の植物の水遣りをしてしまうので、それぞれの水分量を加減してやります。

多肉植物はほんの少量だけ、気持ち分だけ、やった気になっています。
レース越しで、直接 日光が当たる所ではないのなら、窓辺に置いています。

葉挿しもやっていますが、窓辺のレース越しで育っています。

多肉植物は基本 ほっておく感じがいいと思います。言い方は可笑しいですが、本人任せです。

知らない内に葉挿しが成長して驚くことがあります。気を揉まず、見守ることもありな植物かもしれませんね。

直接、多肉植物の葉に水を掛けないことも大事です。

気温が高くなった春に屋外に出しますが、葉焼けをしないように、屋根の下、軒先などの日光が当たりすぎない所に置き、育てています。>

植物の名前を教えてください。なんとか紫だったような、、宜しくお願…植物

植物細胞のゴルジ体は、光学顕微鏡では観察できないのはなぜですか?

植物細胞のゴルジ体は、光学顕微鏡では観察できないのはなぜですか?

「光学顕微鏡では観察できない」というのは実際にはウソです。
下記ページに光学顕微鏡で撮った写真があります。
https://jspp.org/hiroba/essay/ueda.htmlしかし、個々の写真で使われている蛍光タンパク質による標識法、あるいはやはり植物のゴルジ体を染色可能な蛍光抗体法といった手法は、生物学の歴史の中では比較的最近になって登場したものです。
(なお本題とは外れますが、高校生物の教科書や参考書には、しばしばひどく古臭い記述が残っていることがあります。
)植物のゴルジ体は動物とは形状が大きく異なります。
動物細胞では中心体のそばに大きな塊として存在するのに対し、植物細胞では非常に小さなものが細胞内に散在しています。
おそらく、植物のゴルジ体は、光学顕微鏡しかない昔の時代には見ることができなかった、電子顕微鏡が登場してはじめて存在を確認できた、ということかと思います。
https://www.sotokoto.net/jp/essay/?id=92http://ameblo.jp/carogela/entry-10862571996.html

詳しい説明等ありがとうございます。>

植物を撮りたい。
CANON PowerShot SX510 HSと、CANON IXY 620Fで迷ってます。

植物を撮りたい。
CANON PowerShot SX510 HSと、CANON IXY 620Fで迷ってます。
予算は2万円位まで。
育ててる植物を、接写多めで撮りたいですが、カメラ初心者なので簡単で機能は少ない方がいいかなと考えています。
SX510はデザインが気に入りました。
620Fは、オートでキレイに撮れるらしいので初心者には良いなと思いました。
あとクチコミが良かったので。
気になるのはSX510は私には使いこなせなさそうで心配です。
620Fはデザインがいまいちなのと、スマホとそんなに変わらないかな?と心配です。
ご存知の方それぞれのアドバイス頂きたいです。

使いこなすって、結局は目的は植物、つまりマクロ中心での利用ですよね。
どっちの機種でもオートで撮影すればいいです。
スマホ付属のカメラと専用機は全く違います。
好きなのでいいです。

SX170isは最短撮影距離が短く、接写には向いていそうです。
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/sx170is/spec.html>

観葉植物の病気?詳しい方教えてください!

観葉植物の病気?詳しい方教えてください!パキラだと思われる観葉植物を植え替えてから具合が悪そうなんです。
うちではパキラさんと呼んでいるので、以下パキラさんとします。
3月に小さいビンに入ったパキラさんを頂き、窮屈そうだったので小さい植木鉢に植え替えました。
はじめは葉がちょこんと出ているだけだったパキラさんも、どんどん大きくなりました。
その植木鉢も窮屈そうになったので、先月もう少し大きい植木鉢に植え替えました。
ところが、新しく出てくる葉が縮れて歪な形をしています。
所々、茶色の斑点のようなものもあります。
原因はなんでしょう? 元気に大きくなってほしいのでとても心配しています。
どのようにすれば元気になりますか??どなたか教えて頂きたいです!お願いします!

シェフレラ(カポック)さんのように見えます。
観葉植物には往々にしてあることですが、新芽が出来て小さい時に何かしらの外部からの刺激で傷むことがあります。
小さな時のダメージは成長とともに大きく見えます。
新芽は柔らかく触っただけでも傷つくこともありますし、植え替えの時に知らず知らずに傷んだ可能性もありますね。
傷ついた葉は戻りませんから、新しい葉が展開して何事もなく普通の葉が出てくれば問題はないと思います。
蛇足オーガスタを外で鉢植で育ててますが、新芽の先っちょが何者かに喰われましてアナーキーになってしまいました(T_T)。

植物の自家受粉と自家受精の違いを教えて下さい。

植物の自家受粉と自家受精の違いを教えて下さい。
又、自家受粉するが自家受精しないとはどのような事でしょうか?

被子植物では、受粉は花粉が雌しべの柱頭につくこと、受精は花粉管の中の精細胞が胚嚢と受精することです。
受粉してから受精するには、花粉管が伸びて精細胞を胚嚢に運ばなければなりません。
それらが何らかの理由でできなかった場合は受粉しても受精しないということになります。
自分の花粉が受粉しても花粉管が伸びない、花粉管の伸長が止まるなどの自家受精しないしくみを持つ植物もあります。

植物に興味を持つ女性は好感持てますよね?

植物に興味を持つ女性は好感持てますよね?

ほら!そこに珍しい植物がその大きい葉っぱの影にもっと前に屈んで見てごらん?ムッチムチのいい尻してるなぁ、、、しかも毛がはみ出てるし、、、(///∇///)デレー

植物より、そのお尻と脚に興味がありますね!>そうですね。巨大なお花畑である長崎ハウステンボスは、女性をターゲットにして再生に成功した、と報じられましたし、

我が神戸市の六甲山高山植物園も、もう一丁「女性受けする施設」として、オルゴールミュージアムを設置しています。

動物を飼う人には時々自己満な行動を取る人がいますが、植物は目に見える反応が無いから、側で見たり写真を撮る人に全責任が在る、というのが「ミソ」だと思います。>私も花や庭木は好きです。でもこの写メはなんですか?>

昼間、植物の呼吸により出される二酸化炭素は、光合成に必要な量に達さないかぎり…

昼間、植物の呼吸により出される二酸化炭素は、光合成に必要な量に達さないかぎり、植物体内で直接光合成に利用され、体外には出ないのですか?

植物の体内だけで、二酸化炭素のやり取りはしないと思います。
昼間、植物は光合成と呼吸を同時に行っていますが、呼吸量(二酸化炭素を出す量)は昼も夜も常に一定です。
光合成量(二酸化炭素を吸収する量)は、光の強さに比例して増えるので、わずかな光でも光合成は行っていますが、呼吸量より少ない場合もあるし、光が強くなれば呼吸量を上回って光合成がさかんになります。
光合成も呼吸も、体内で二酸化炭素をやり取りしているのではなく、光合成は空気中に含まれる二酸化炭素を吸収したり、呼吸は空気中へ二酸化炭素を出しているので、天気が悪い場合は、光合成量より呼吸量が上回っていますが、僅かでも光合成は行っています。
光合成に達しないという考え方ではなく、わずかな光でも光合成を行っているので、見た目は光合成をしていないように見えると思います。
また、光合成はある一定の光の強さになると、一定の光合成量になりますが、それでも呼吸は一定に行われています。
二酸化炭素を葉の気孔で出入りしているだけで、体内でのやり取りは行っていないと考えた方がいいと思います。

植物人間は光合成をしてますよね?

植物人間は光合成をしてますよね?友人に「動けないってことはなんも食べてないってことだから、栄養は光合成でつくってるんでしょ?」って言ったら、「人間が光合成出来るわけないだろw」と言われました。
どうやって栄養をとってるんですか?デンプンを作って生きてるんじゃないんですか?

しませんよ、植物人間でも人間、葉緑体なんてありませんよ。
点滴や食べさし等で食べさせてるので栄養は光合成で補っているのではありません。

植物の絶滅危惧種は、ほぼ気候など環境要因でおこるんですか?

植物の絶滅危惧種は、ほぼ気候など環境要因でおこるんですか?動物は乱獲、弱肉強食での食べるものの突然の出現・持込みなんかが主な理由だと思うんですがDJおっさん遅刻組

植物の場合は急激な気候の変化によるものですね、標高200メートルに群生していた雑草が今や400メートルまで移ってきています、植物は自分の適温地帯に移動するので気温が上昇すればどんどん標高の高い場所へ移ります、高い場所は無限に続きはしないので最後は絶滅となってしまいます、動物の場合は種類にもよりますが増えて困ってます、イノシシ、日本ジカ、カモシカ、アナグマ、タヌキ、などなど畑を荒らしまくってもはやどうにもなりません、鉄砲持っている猟友会の方々は80歳前後のひとばかり、これでは駆除は期待できませんね、政治家の先生方も見向いてはくれませんのでお手上げ状態であります。

植物の花が綺麗なのには何か理由があったりしますか?

植物の花が綺麗なのには何か理由があったりしますか?

花が美しいのは、花粉を運んでもらう昆虫や鳥の目につきやすくするため…と考えられます。
美しい花を咲かせる植物、つまり被子植物の仲間が繁栄し始めたのは中生代の白亜紀(恐竜がいた時代)ですが、そのころからこれらの被子植物は、昆虫や鳥に花粉を運んでもらって受粉するように、目立ちやすい花を進化させた…と考えられています。
同時に、ハナバチの仲間が出現したのは、やはり白亜紀で、つまり花を昆虫は、お互いに利益を得るように、いわば同時に進化していった…と考えられています。
対して針葉樹などの裸子植物の花があまり目立たないのは、これらの花が基本的に昆虫や鳥ではなく、風によって花粉が運ばれる風媒花が多いためです。

植物の名前を教えてください。
なんとか紫だったような、、宜しくお願いします。

植物の名前を教えてください。
なんとか紫だったような、、宜しくお願いします。

>植物の名前を教えてください。
shinkai2015さんはんだま・・・https://www.okireci.net/foods/okinawan-spinach.html日本語でなんていうんだ??

水前寺菜
https://www.google.com/search?q=%E6%B0%B4%E5%89%8D%E5%AF%BA%E8%8F%9…>

植物の光合成って太陽光だけですか? それとも、太陽ではない光(電球…植物

多肉植物ハオルチアの株分けの正しい方法について。

多肉植物ハオルチアの株分けの正しい方法について。
去年の秋に購入したハオルチアに子株がふたつ付き、鉢も窮屈そうだったので調べてみたら株分けという方法を知りました。
詳しく書いてあった物を参考にし、やってみたのですが、本当に大丈夫なのか?と今更不安になり色々ネットで検索………あれ、どこもやり方が統一されていない(根は乾かす、ハオルチアは根がしっかりしてるから乾かさない、乾いた土に入れ10日は水をあげない、水はすぐにあげたほうが良いetc)……と焦り本も購入…もう何が何だかわからなくなってきたので詳しく知っている方に直接聞いてみようと思い相談させていただきました!!ちなみに状況としては5/5 500円玉くらいの大きさの親株に2つの子株、お互いがきつそう・土は十分乾いている状態で鉢から出し、土を取り除き子株を割く・太い根を残して取ろうとした際一つは失敗…・もう一つは取れかかってしまったのですがなんとか太い根と一緒に割く(失敗でしょうか…?)・数時間乾かし土に入れ放置5/6もともと水分が足りなかったのかしぼんできていたのでさらに10日もあけるのが不安になり再検索・すぐに水をあげなくてはならないという情報を見つけ慌ててたっぷりの水を与えるそれから変化なし、か、心なしかさらにしぼんでいる気が…5/8発根まで土に入れないほうがいいというのを見つけ、根が切れてしまった株だけ出して土の上で寝かせる現在に至ります…もっと正しい知識を持ってからやればよかったと後悔ばかりです…今からどういった対処をすれば良いのか教えていただける方、よろしくお願いします!!

まず、ハオルチア属(硬葉・軟葉とも)ですが…多肉植物ではありますが、・長期(3週間以上)の乾燥は良くない・通年、半日陰の場所で、強い直射日光に当てない・葉に半透明部分のある品種(軟葉系)は乾燥に弱い・根が太く、長く地中に伸びていく‥という特徴があります。
根も乾燥に弱いので、しぼませないように育てるには…<鉢底まで乾ききる直前に、タップリ水やり>が基本。
ただ、土がカラカラになっても、2週間程度であれば十分耐えてくれます。
<植え替えの基本>土が鉢底まで乾いてきたら、植え替え作業します。
※土が湿った状態だと、細かい根が切れてしまいます。
長期乾燥させないよう、根のついている株は放置せずに、できるかぎり早く、土に植えてあげましょう。
※根がカラカラにつぶれてしまうと、再発根を待つしかありません。
★根がなくなって、再発根させる場合の手順陽の当たらない半日陰にそのまま置きます。
暗所OK。
※土の上ではなく、お皿などに置いておけば、土や菌からのダメージを防ぐことが出来て、安全です。
※根のない状態で水につけると、腐って枯れます。
株の下部(根のついていた部分、葉のつけね部分)から白根が少しずつ伸びてきます(1~2週間)。
根がはっきりと確認できる長さ(5mmくらいが目安)になったら、すみやかに乾いた土に置くように植え付けて、タップリお水を与えてあげましょう。
あとは通常の水やりペースでOKです。
<追伸>直射日光が当たるところしか置き場がない場合は100均(ダイソー)さんの園芸コーナーに「遮光ネット(黒色・50%遮光)」があります。
ハオルチア置き場の棚にまく、かけておくなどして通年、やわらかい陽光が当たるようになさると◎ですね☆<参考写真>ハオルチア栽培や、強い西日を防ぐのに便利な遮光ネット

わかりやすく丁寧な回答どうもありがとうございます!
さっそく根が無い子株は別の場所へ移動させました。

親株なのですが乾いてた株を鉢から出す際にまた乾かしてしまったので…根が潰れて水が吸えていないのか、もうしばらく様子を見たほうがいいでしょうか??

いまもう一度水をあげたくてうずうずしています…(;^_^A>

植物に詳しいかた教えて下さい。

植物に詳しいかた教えて下さい。
花苗の寄せ植えを頂きました。
このふたつの花と植物の名前をそれぞれ教えて下さい!両方とも現在、背丈は20センチほどです。
分かるほうだけでも結構です。

左側は、プテリス・アルボリネアータに似ています。
http://edodes.com/blogplant/2009/01/post-1595.htmlイノモトソウ科の常緑シダ植物です。
http://happamisaki.jp-o.net/green/others/puterisu.htm済みません、白い花は、ナデシコ科だと思いますが現在不明です。

早速ありがとうございます!
左側は多分プテリスというものですね!
よく似ています♪

右も確かにナデシコのような感じですね!
普通のナデシコより小花で、花の直径は1.3センチほどです。
ナデシコの品種改良されたものですかね(^_^;)>

観葉植物が枯れてしまいました。
まだ緑の葉も少しありますが、葉がない部分は復活…

観葉植物が枯れてしまいました。
まだ緑の葉も少しありますが、葉がない部分は復活は難しいでしょうか…?水のあげすぎか、先日場所が悪く日光に当ててしまったのも悪かったのかもしれません。
どなたか詳しい方教えていただけると幸いです。

>観葉植物が枯れてしまいました・・・ID非公開さん・・・フロリダビューティーかなぁ・・・https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83…>まだ緑の葉も少しありますが、葉がない部分は復活は難しいでしょうか…?葉がない幹の先端を1-2cmカットしてみましょう。
切り口が水分を含んで瑞々しさを保ってるならまだ、救えるかも。
ただし、適正環境で適切な管理すれば、の話ね・^^;ドラセナ類は総じて、高温多湿を好むし日照も比較的・強光にも慣らせば耐えられます。
主さんの敗因は慢性的な日照不足+不適切な水分コントロールでしょう。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121860927…https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q131844694…

ありごとうございます!知識不足から可哀想な目に合わせてしまったことを猛省します…(p_-)頑張って復活させたいと思います!ありがとうございました!!!!!>

植物って文句も言わないし、こちらが植えた場所を「嫌だ!」とも言わずに従ってく…

植物って文句も言わないし、こちらが植えた場所を「嫌だ!」とも言わずに従ってくれる。
そして、その場所で綺麗にまとまってくれて。
ものも言わずにただひたすらに生きて行く。
本当にいい生きものだ!植物だけだよ、文句も言わないのは。
こんな可愛いものはないですよね?

綺麗に育てようと思えば手間がかかってイライラすることもありますが、それは置いといて、そもそもの植物自体は謙虚ですが力強い存在だと感じます。
弱って来ると、生きるために必要ないところを切り捨てて何とか生き残ろうとし、環境が改善されたら見違えるように復活する様子から生命力に満ち満ちている、ポジティブな印象を感じます。
一方で生に貪欲と言うか、環境が良ければ止まることを知らず、とにかく大きくなろう、生息域を拡大させようとする様子にはちょっと恐怖を感じる時もありますが(廃墟とか見ると「人がいなくなったら緑が全部飲み込んでいくんだなぁ」とか感じます)。

逞しいですよ人間よりも。人間は人のせいにしたり、文句を言わないと気が済まない、ビービーわめきながら生きている。そうしないとやっていけない動物。
何も言わずにどんな環境であろうと自力で生き抜こうとする植物には頭がさがる。人は及ばないですね、この生き方に。

それに、手をかけた分、それにちゃんと素直に応えてくれて、美しい姿を見せてくれる。こんな可愛いもんないですよ。

もしダメになったら、あー、ごめん!私が悪かったとこちらに反省を促し、自然環境の中でどうやって生きていけばいいかを教えてくれます。私の中では植物は先生ですね。

日々、人に噛み付いたり、暴言吐いたり、すべてを人のせいにして文句を言いながら生きている。自力でやろうともせず、感謝の気持ちも忘れて。そんな人間を見ていると、無言で力強く生きてる植物の姿に、カッコイイなあとさえ思います。>hasemamaさんに共感します。とても雄弁ですよ~。それを受け取れるアンテナが人にあるかどうか。そして人は僕【しもべ】のごとくお仕えし、ご機嫌麗しく成長していただくことに至福の喜びを感じます。

ご主人様であり、恋人の様な、子供の様な、カウンセラーさんの様な、、、。自分が育てていない株にもつい「幸せですか?」と心の中で尋ねてしまいます。

「咲いてくれてありがとう」>植物はカワイイですね。
それだけじゃなく動物は、植物がなければ地球上で生存できません。

・地球は40億年前にできたそうですが、植物が創る酸素で大気ができ、上空にオゾン層ができました。そして紫外線を上空で食い止めました。
動物が地上に上がってこられたのは、ずっと後の4億年前です。

・植物がつくる酸素も有機物も、それを食べるしか動物は生きていけません。

植物は口がないので、音声で「嫌だ!」と文句を言わないダケです。

・動物に食べられるのが嫌だと思えば、毒を作ります。
最近、野生ジカが増えており、山の下草をどんどん食べてしまいます。それが嫌な植物は、毒を作りました。ある地域では、毒草のコバイケイソウやマルバタケブキしか残っていません。
・縄張り争いもしますよ。
セイタカアワダチソウやいくつかの植物は、自分の種しか生育できないような毒素を回りの地面に生成します。だから一気に広がります。
・チョウにも抵抗しますよ。
虫に食べられると、それが嫌がる毒素を造ります。それを感じた周辺の草も同じ毒素を造ります。
・植えられた場所が気に入らなければ、すぐに枯れます。ある種の植物は、気に入らないと、ほんの小さな体でも、花を咲かせ種をつくって、他の土地へ子孫を送ってから、自分は枯れます。

そんな植物への敬意と感謝をもって、かわいがりたいものです♪>植物は文句を言いませんが、自分に適った場所でなければうまく育ちません。適応できない環境に置かれたら枯れるだけです。反抗して命を絶つのです。即ち植えた貴方に反抗しているのです。>植物に限らず、生き物はいとおしいですね。

>こちらが植えた場所を「嫌だ!」とも言わずに従ってくれる。

ただ、意思表示の意味では、暗に示唆してくれています。

今の環境ではないよ、移動させてほしいなど、人間が気づかずにいますと、枯れてしまいます。

本当に注意深く見守ている人に育てられたら、植物も幸せでしょう。

ただ、人間も万能ではありませんから、何度かの、失敗を重ねて試行錯誤の結果、この環境ではこういう方法の方が良いなど、学習をして行きます。

人間だけでなく、すべての生き物に愛情が注げたら良いとは思っています。>ええっ、文句言いますよ。うるさいくらい。
夢枕に立つ輩もいます。

暑いだの、水くれだとか、虫が付いたから何とかしろとか・・。

妥協案で解決するようにはしてますが、気難しいやつは去ります。

こっちも忙しいんで、懐くものだけが残って茂るんですね。

有無も言わせずに何でも従わせる主様主導権的なオーラがほしいと思いました。>

画像の多肉植物の状態はどうでしょう?

画像の多肉植物の状態はどうでしょう?10月初め位に花屋さんで3種300円くらいの小さい寄せ植えの多肉を買ってきて、植え替えて観賞用にしようと思ったのですが、作業が下手で、現在画像のような状態になっています。
作業中に葉が一枚、また一枚…と取れてしまい、取れた葉が黒ずんできたので、それを除去して今画像のような状態です。
今まで植物には興味もなく、土も他の鉢植えに使っていた物を入れました。
多肉って丈夫というか、手間が掛からないと思っていたので、画像のような状態にしてしまって何とか助けてあげたいと思っているのですが、これからできる手立てはありますか?…そもそも、何という名前なのでしょうか?対処法調べようと思ったのですが、名前が分からず自室に置いていて、朝は10数度、帰宅後は20度くらいの室温です。
日当たりは良くも悪くもなく、水やりは週一くらいで根元にスプレーしています。
画像右の子は、若干ブヨッとしている感じです。
ちなみに、左の子で直径3.5cmくらいで、まだ小さいです。
補足画像が登録されていませんでした質問しなおしました

>画像の多肉植物の状態はどうでしょう?ycbktさんこんにちわ~ *^^*ドラドラさんから素晴らしい回答を頂けて良かったですねw私も勉強になることが多くて、よく拝読させて頂いています。
今更って言えば今更なんですが・・・^^;沖縄在住なので、センペルビウムなど高山系のではなく、エケベリア系の暑さに強い多肉ちゃんのみをいくつか育てています。
ビギナー以上中級未満ってトコですかね~・・・ちょっと、私なりの意見を述べてみます。
◆土も他の鉢植えに使っていた物を入れましたエケベリアについてはそれでもOKだけどサボテンにはマズいと思う。
サボテンの土でエケベリアは育つけどね~◆自室に置いていて、朝は10数度、帰宅後は20度くらいの室温です。
日当たりは良くも悪くもなく・・・NG・多肉やサボテンは周年・屋外管理が基本です(降雪地域を除く)日照もさることながら気流も大事で、室内では消耗品”になってしまうので、外へ出しましょう。
葉焼けしない程度の日照量を主さんが把握しなくちゃ。
それぞれ自生地”を調べてみましょう。
それぞれ、本来はどのような環境の地に自生しているのか”を知ることによって、どのように管理していけばいいのか見えてくるんだよ。
https://a-t-g.jp/succulent-plants-4894◆水やりは週一くらいで根元にスプレーしていますNG・ロゼットの中心/生長点に水が溜まって腐る・・・多肉の植え替え作業は難しいよねぇ・・・ちょっと触っただけで葉っぱがボロボロ取れるのとかあるし。
先の細いピンセットは必需品で、自分は株元に土を寄せたり細根の隙間に土を詰めるのなんかに最適なんで、バーベキュー串を愛用してます・笑)https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%99%E3%82…コレ↑ 超!使いやすいよ~ お試しあれ!

植物に詳しい方!知人から最近貰ったものなのですが、育て方が全くわかりません!…

植物に詳しい方!知人から最近貰ったものなのですが、育て方が全くわかりません!この植物の育て方と名前を教えてください!お願いします

良い物をもらわれましたね。
さて、おそらくはラン科植物のデンドロビューム属、ノビル系と呼ばれるタイプだと思います。
処置としてはやはり水苔植えにして欲しいと思います。
時期としては、まだ根の先の根冠が動いてますから今からでもOKだと思います。
鉢は写真の様な素焼で無くて、プラ鉢でもビニールポットでもOKです。
添付した写真の様に水苔で根をくるむ様にして植込みます。
左のバルブ(茎)は中間でカットして植込みむしましょう。
デンドロビュームも苗の時代は水を好みます、硬くしぼったオシボリ程度の湿り気が常に有る様にしましょう。
10度以下にならない、明るい場所で管理しましょう。
施肥は出来たら、来春以降にされる方が無難の様に思います。
以上、3年もすれば花が咲くかも知れません。
栽培に関しては以下のJOGAのHPへ左の「洋ランの育て方」へ進み「デンドロビュームのノビル系」を参照下さい。
https://www.joga.or.jp/以上、参考に。

植込みの図を添付しますので参考に。>知人もよくこんなのをくれたなぁって思うんですが・・・

デンドロビュームです。
根元を湿った水苔にくるんで暖かい所で管理すればいいです。
苔が乾いたら霧吹きする程度で。

上手く育てて開花までに5~7年はかかります。
初心者だと無理なので返すか処分するのをお勧めします。>この鉢は機能していません根本は枯れているので。

多くの気根が出ていることでそのことが分かります。

水苔を巻いて明るい場所で管理すれば良いのですが
全くの素人であれば難しいかもしれません

それにこれから寒くなるのでなおさらです。>デンドロビウムの様ですね。>デンドロビウムの一種でしょう。>

植物の光合成って太陽光だけですか?

植物の光合成って太陽光だけですか?それとも、太陽ではない光(電球、LEDライトなど)でも光合成は行われるのですか?明日テストで勉強しているのですが、ネットで調べてみてもよくわからなかったのでよろしくお願いします。

光合成は行われます。
植物によっては、特定の波長の光で良く育つって事があるようですね。
それを利用してLEDで野菜を作ったりしてる会社もありましたよ

電球やLEDの光でも吸収できる波長があれば(普通は含まれています)、光合成します。>

植物の種類を教えてください。 鉢を貰ったのですが、葉っぱが白くなっ…植物

植物の名前.

植物の名前..写真の植物の、名前がわかれば教えていただきたく*よろしくお願いします。

エケベリアの七福神だと思います。
育て方http://sodatekata.net/flowers/page/1508.html

植物は光合成だけでどうやってエネルギーを得ているのですか?

植物は光合成だけでどうやってエネルギーを得ているのですか?光合成以外にもしているのでしょうか?

植物も動物と同じように呼吸をしてミトコンドリアでエネルギーを得ています。

この植物の名前を教えてください。

この植物の名前を教えてください。
カフェの庭に植えてあったものです。
とても可愛いと思ったのですが名前がわからないので、どなたか教えてください。

>この植物の名前を教えてくださいkanadream0078さんモクビャッコウ(木百香)ですね・http://gardecojapan.com/2016/11/04/post-287/この黄色の残骸・・・既に種子ができてるので、ちょこっと頂いておいてはどうでしょう?粉のように細かいので、紙封筒にでも入れといてください。
安易に発芽しますよ。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121652939…

木白虹(モクビャッコウ)ではないでしょうか。>

観葉植物の育て方について

観葉植物の育て方について新築祝いで観葉植物をいただいたのですが、今まで観葉植物を育てたことがなく、いただいた植物にも特に名前の札や育て方の説明もついておらず、どのように手入れすればいいのかわかりません。
瓶を含めた全体の高さは20cmくらいで、瓶にはWECKと書いてあり穴などは無いです。
お分かりの方、植物の名前と毎日のお手入れについて教えてください。
液体肥料をあげたり、いずれ植え替えが必要になるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

>新築祝いで観葉植物をいただいたのですが・・・sanoa_nanaさん① シェフレラhttps://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83…②ペペロミアhttps://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9A%E3%83%9A%E3%83%AD%E3%83…

このようなスタイルを「ハイドロカルチャー」といい、良いコンディションを保つのは、ビギナーさんにとっては難しいと思います・^^;
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101697146…>

多肉植物ですが

多肉植物ですが貰い物で名前が調べても分かりません分かる方いましたら教えて下さいよろしければ育て方などもよろしくお願いします

>多肉植物ですが貰い物で名前が調べても分かりませんend********さん私も↓ガステリアの「何か」に賛成です・^^v/https://www.google.co.jp/search?tbs=simg:CAESlwEJRzd8sJt0HtUaiwELEK…札落ちは近いってだけで、種の同定は不可能だと思ってください。
管理は準じて問題ないです。
屋外・直射日光下で育てられるものが多いので、室内管理は止めときましょう・^^;https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83…水の与えすぎには、くれぐれも注意して下さいw

アロエ属の何か、です。

トゲのほとんどないタイプのように見えます。

育てやすいタイプなので
特に特別な育て方もないと思いますが…
冬になったら寒さに当たらないようにするくらい?

詳しくは検索してみてくださいね^^>ガステリアの何かですね子宝とか、その辺の品種が近そうですただ、ガステリアはハオルチアと同様にタグがない場合は品種不明として扱います水はけの良い用土に植え、秋?春は明るい日陰?日向、夏は明るい日陰に置きます>

植物園にpet同伴ができますか?

植物園にpet同伴ができますか?

普通の植物園ならペットの持ち込みは禁止しています。
例:福岡市植物園http://botanical-garden.city.fukuoka.lg.jp/sougou/nyuenannai.htmlお願いの欄に、犬・猫の持ち込みを禁止しています。

植物は太陽の光エネルギーを使って無機物から有機物を合成しますが、この合成は植…

植物は太陽の光エネルギーを使って無機物から有機物を合成しますが、この合成は植物の細胞のどの部分で行われますか?

光合成を行うのは、植物の細胞の中にある葉緑体という部分ですね。

植物状態の人って何か装置に繋がってたりしますけど機械を外すと死ぬこともありま…

植物状態の人って何か装置に繋がってたりしますけど機械を外すと死ぬこともありますか?そんな死ぬような機械につながった状態でも意識不明のまま何年も生きることもあるのですか?

植物状態のひとは原則器械につながれることは無いし「つなぐ必要がない」状態です。
管理上必要な「ルート(導尿用のカテーテルや胃瘻カテーテルなど)」はつながれることがありますが、機械ではありません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%B7%E5%BB%B6%E6%80%A7%E6%84%8F%…「「植物状態」は、一般的には大脳を広範囲に損傷し、大脳が機能出来ない状態にあるが、生命維持に必要な脳幹、中枢神経系、循環器・呼吸器・消化器の臓器は正常に機能している状態で、自発的な呼吸・循環・消化がある。
」 上記URLより

栄養の管理や排せつ管理など適切な生存環境を整えれば当然長期間生存が可能です。実例として数十年レベルの方は普通にいます。>

植物ホルモンを合成する菌を教えてください。

植物ホルモンを合成する菌を教えてください。

『イネ馬鹿苗病菌』のことでしょうか? 植物ホルモンのジベレリンを合成して徒長を引き起こし稲株を倒伏させ収量減を招きますが、この病気の研究からジベレリンが発見され、ジベレリンの名は菌の学名 Gibberella fujikuroi から命名されました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8D%E9%A6%AC%E9%B9%BF%…

植物の種類を教えてください。

植物の種類を教えてください。
鉢を貰ったのですが、葉っぱが白くなってきてなぜ白くなるのか調べようと思いましたが何の鉢なのか全く分かりません。
この写真を見て、なんの植物か分かりますか?また、出来たら白くなってる理由も教えてください。

>植物の種類を教えてくださいyoshimi09191219さんシンゴニウム/シンゴニューム”です(^^♪https://www.google.com/search?q=%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%8…

葉っぱが白くなる・・・葉焼け”かな・・・

コッチ@沖縄では周年・屋外で育てることができますけど、さすがに直射日光にはなれないので70%程度の遮光が必要です・・・が・・・本州にお住まいならコチラほど日照が強くないはずなので、特にこの時期にガラス越しの光で葉焼け”って考えにくいけど・・・

これまで管理されていた環境の日照量”と主さんちに来てからの日照量”が違えば、起こり得ることかもしれません。
もうちょっと、ガラスから距離を取ってみてください。
レースのカーテンは不要ですが、夜間の冷え込みが10℃は切らない環境で管理を。>

植物図鑑とオオカミ少女と黒王子 どっち見に行く?植物

植物状態に置かれた人間が、将来目が覚めるかどうかがわかるような神経学的な基準…

植物状態に置かれた人間が、将来目が覚めるかどうかがわかるような神経学的な基準はありますか。

「植物状態」とは、脳幹(brain stem)だけが生きている状態ですよね。
将来目が覚める保証は見出せませんが、目が覚めたことなら脳波の波形に出てくるので分かりますよ。
脳波は、大脳の活動の指標ですので。

 尤も、「植物状態」に見えるクランケに大脳の血流が一定程度維持されているかは、ある程度の予測指標になるかもしれません。血流がなければ大脳の細胞は壊死するわけですから。>たぶんない。。。。。。。。
植物状態自体が異常な状態だから。>

植物図鑑はいい物語ですか?

植物図鑑はいい物語ですか?また共演していた岩田剛典さんと高畑充希さんは付き合っているとの噂ですが、この2人なら許せると思いませんか?

植物図鑑、原作はもちろん、映画も最高でした!!見てよかったなと思います。
絶対もう1回見に行きます。
岩ちゃんと充希ちゃん、付き合ってませんよ。
共演したことからそのようなうわさが流れていますが、交際はしていません。

面白いですよ。
2人が付き合ってるかどうかは
分かりませんが、仲は良いですね。
もし付き合ってたとしてもお似合いだと思います。>話はいいのに。この配役はないよ。岩田って、にいちゃんは高学歴らしいけどなんでしゃべんないの?>

”植物のゲノムの塩基配列が分かれば、枯死するまでに合成されるATPの総量が分かる…

”植物のゲノムの塩基配列が分かれば、枯死するまでに合成されるATPの総量が分かる” この文章は間違いなのですが、何が間違っているのかわかりません!例などありましたら教えていただきたいです。

同じ遺伝子を持つ植物であっても枯死するまでに合成されるATPの量は植物の生育環境で異なります。
同じ親株から枝をとって挿し木にした株は同じ遺伝子を持ちますが、陽当たりのよい場所に植えれば大きく育ち多くの細胞からなる株に成長し、日陰に植えれば成長は悪く細胞の少ない小さな株にとどまります。

観葉植物を置いている床に白い粉のようなものが落ちています。
鉢の周りに落ちてい…

観葉植物を置いている床に白い粉のようなものが落ちています。
鉢の周りに落ちています。
0.2mmくらいです。
よく見ると時々動いているので何かの幼虫なんでしょうか?そこに時々赤っぽい茶色っぽい羽のついた虫のようなものもいます。
大きさは0.5mmくらいです。
朝になるとぱっと見てわかるくらい白いものが多数おちています。
いったいどこから出てきて、どうすればいいのでしょうか。

>観葉植物を置いている床に白い粉のようなものが落ちています。
鉢の周りに落ちています。
0.2mmくらいです。
よく見ると時々動いているので何かの幼虫なんでしょうか? そこに時々赤っぽい茶色っぽい羽のついた虫のようなものもいます。
大きさは0.5mmくらいです。
朝になるとぱっと見てわかるくらい白いものが多数おちています。
いったいどこから出てきて、どうすればいいのでしょうか。
>いったいどこから出てきて?観葉植物に着く害虫は窓を開けていても侵入しますが、購入した段階で植物のどこかに幼虫や卵が、潜んでいる場合がほとんどです。
「購入した商品に害虫が潜んでいるなんて許せない」と思われるかもしれませんが、自然界においては、いろんな生物が微妙なバランスを保って共生しているのが普通です。
害虫はたとえ、居たとしても、繁殖に適した条件がないと植物を枯らしてしまうほどのことはありません。
カイガラムシ、ハダニは室温がたとえば25℃以上と高く、空気が動かない状態で、よく繁殖します。
部屋の明るさが十分でなく植物の体力が落ちているときも大繁殖します。
例えば五月の連休時に数日、家を締め切ってお出かけになる時や八月の里帰りの時期などです。
害虫の繁殖を防止するためには植物を置く部屋を明るく、風通しの良い状態に維持することです。
適切な水やりを行うことも植物の体力を保持するために重要です。
>何かの幼虫なんでしょうか?白い繭をかぶったコナカイガラムシの可能性が高いです。
カイガラムシ症状:ミカンコナカイガラムシはほとんどの観葉植物に発生します。
枝や葉に白い綿のようなものにくるまれて動き回っている肌色の虫(体長0.5mm位)です。
この虫は茎や葉を這い回り樹液を吸い、自分に必要なアミノ酸だけを吸収して、後はお尻から排出してしまいます。
糖分を含むこの排泄液は葉をべたべたにしてしまいます。
ベンジャミンには茶色の小豆粒のようなカイガラムシ、シェフレラ(カポック)には薄茶色のゴマ粒のようなカイガラムシも着きます。
これらは成虫になったら動き回らず、一箇所にへばりついて樹液を吸い続けます。
葉や枝に着いた樹液は無害ですが湿度の高い場所ではこれに黒いカビが生え、枝や葉を黒くしてしまいます(スス病)。
住宅やオフィスでは、そこまでなるのはまれですが、むしろ、放置すると床に排泄液が落ちて、それに埃がつき床を汚す方が問題です。
>どうすればいいのでしょうか。
対策:ミカンコナカイガラムシのように成虫でも動き回るものはモスピラン、ベニカDのスプレー剤(以上住化タケダ園芸)がよく効きます。
固着しているカイガラムシは硬い殻をかぶっており容易に薬剤が浸透しないため退治が難しいのですが、ベニカDは比較的よく効きます。
この場合、薬剤を噴霧する前に硬いブラシ矢指先でなるべく除去した後に噴霧してください。
残念ながらこれ以外の家庭用園芸薬剤ではほとんど効果がありません。
庭木用のカイガラムシ駆除剤はありますが、間違ってもそういうものは使わないで下さい。
マシン油(商品名ボルン)剤は植物を油でベタベタになり、そんな植物は見る気もしなくなります。
庭木のカイガラムシ防除でよく使うアクテリック剤は、臭いがきつく部屋の中に置くものに撒くと気分が悪くなります。

植物って、蛍光灯の光でも光合成できますか?

植物って、蛍光灯の光でも光合成できますか?

>植物って、蛍光灯の光でも光合成できますか?akitoshi2879さん出来るらしいですよ・・・光が強ければ。
http://www.photosynthesis.jp/faq/faq1-6.htmlでもねぇ~・・・電気代がかかっちゃいますでしょ!?太陽光はタダだしw

植物ホルモンは、すべて細胞内に存在してるんですか??

植物ホルモンは、すべて細胞内に存在してるんですか??補足回答ありがとうございます。
細胞外っていまいち想像できません、、。
なぜなら、細胞ってすべてくっついて存在していますよね?しかもすべての器官は細胞でできているのだから、細胞外ってどうゆうことなんでしょうか、?

植物ホルモンを作る細胞自身だけでなく、細胞の外に出されて他の細胞にも作用する物質ですから、細胞の外にも存在し得ます。

全てぴったりくっついているわけではなく、細胞間隙というすき間があります。>

植物は光合成をすれば基本的には成長しますか?

植物は光合成をすれば基本的には成長しますか?

成長します岩肌などにしがみ着いて育つ植物などほぼこの光合成しかありません。

植物細胞にある液胞に貯められる、不要物(代謝産物)とは、たとえばどういうものが…

植物細胞にある液胞に貯められる、不要物(代謝産物)とは、たとえばどういうものがあるのですか。

アントシアニンなどの光合成色素以外の植物色素は一般に液胞に蓄えられます。
他にも糖や有機酸などが蓄えられますが、液胞の最も重要な役割は細胞の体積を保つことなので、その意味では液胞に蓄えられる最も重要な物質は水だと言えるでしょう。

植物がなぜ緑色なのかという問いに対して

植物がなぜ緑色なのかという問いに対して葉緑体が緑色の色素を持つからという答えは間違ってはいないですか?

植物がなぜ緑色なのかという問いに対し、葉緑体が緑色の色素を持つからという答えは間違いではないでしょう。
しかしこの問いが、なぜ緑色の色素を持つのか、という意味であれば、その答えは答えになっていません。
問いかけをした人の意図をきかないと分かりません。

植物図鑑とオオカミ少女と黒王子

植物図鑑とオオカミ少女と黒王子どっち見に行く?

植物図鑑?おすすめです。
岩ちゃんめちゃくちゃかっこいーです

植物や動物について勉強をしたいのですが、 植物のほぼ全種類、動物の…植物

植物について質問です。

植物について質問です。
家で育てていた植物を誤って落としてしまい折れてしまいました。
折れて落ちてしまったところを土に埋めてあげればそのまま根が張って育ってくれますか?回答お願いします(泣き)

多肉植物なので、根は貧弱でしょう。
つまり、根に対する依存度は低いので、とりあえず、軽く土をかぶせれば、大丈夫だと思います。

植物と動物の違い。

植物と動物の違い。
植物は光合成などで自分でエネルギーを産生するが、動物は自分ではエネルギーを産生しないという区別を考えたのですが、これは間違っているのでしょうか。

光合成をしない植物もあります。
自分でエネルギーを生産しないのは動物だけでなく、他の従属栄養の生物もあてはまります。
現在の分類では植物や動物以外に分類されている生物がいろいろいます。

動物、植物以外にもあるんですね。
しりませんでした。
ありがとうございます。>動物と植物の境界・定義・違い
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010316355>

植物病理についての質問です。

植物病理についての質問です。
全身病徴と局部病徴と内部病徴の違いがよく分かりません。
分かる方がいましたら教えてください。

まず、対比するのは全身病徴と局部病徴、外部病徴と内部病徴です。
全身病徴は植物体全体に現れるのに対して、局部病徴は一部のみに現れます。
(局部病徴の例:下位葉の黄化)外部病徴はぱっと見た際にわかる病徴のことです。
先程挙げた全身病徴や局部病徴が複数ある場合には、大抵最初に外部病徴が挙げられます。
何故なら病気を診断する際に見た目で分かりやすく、素早く手間無く検討をつけられるからです。
内部病徴は植物体を切り開いた際に見られる病徴のことです。
導管の褐変などがそうですね。
農学系の方だとお見受けしましたが、このような説明でお解り頂けたでしょうか。
この回答が後進の方々の一助になれることを願っております。

この植物は一体なんという名前でしょうか?

この植物は一体なんという名前でしょうか?どこかで見かけたりはしますが・・・。
育てるにあたって、水やりや栄養を与えることについて調べたいので、どなたか名前をご存知の方よろしくお願いいたします。

>この植物は一体なんという名前でしょうか?yfbqr088さん・・・先の方は日本語理解できないんでしょうかねぇ・・・『観葉バナナ』=『観賞用バナナ』 私には同じ文言には見えないんだけど。
バナナの葉っぱに似てるから年配の方はそんな風に呼ぶ方も多いのに。
同じバショウ科なんだから当たり前よね!?植物の名称は↓既に出てますね。
ストレリチア・ニコライ; 通称「オーガスタ」です。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83…>育てるにあたって、水やりや栄養を与えることについて調べたいので・・・育て方など、平素の管理をお尋ねですので、後出しジャンケンですが、私もお邪魔します。
オーガスタなど、バショウ科の植物を育てるのは比較的、ポイントを押さえればカンタンです。
◆耐寒性の下限値を考慮して、それ以外は周年・屋外の直射日光下で育てるってのが管理環境としては最適◆非常に乾燥に強いので、水やりは鉢土が完全に乾いてカラッカラになってからでも十分間に合う・継ぎ足し灌水は厳禁◆施肥は1年に1回やればイイぐらい、多肥栽培厳禁ってか、不要◆強風に注意・あおられ続けると葉っぱがホウキみたいに裂けてしまう失敗例から学ぶって大事だよ。
名称を元に、過去質の検索もやってみて。
ネットをググると「耐陰性があり室内でも育てられる」なんて書かれてることが多いけど、コッチ@沖縄はストレリチア産地で、こっから全国へ出荷しているので、農園なんかあちこちで見れるけど、ネット検索で得る情報とは真逆だよ。
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83…http://www.town.haebaru.lg.jp/kankou/docs-kankou/2015012900178/http://tokaten.ti-da.net/c180659.htmlhttps://chiebukuro.yahoo.co.jp/search/;_ylt=A2RCL5nDN2FaDTkAWRZOY.B…

ありがとうございます。助かりました。管理の仕方まで書いてくださって重ね重ね感謝です。育て方も楽そうなので安心しました。>ストレチア・ニコライです。ストレチアオーガスタで流通します。https://www.bloom-s.co.jp/kanri/ogasuta.htm検索するにあっては、観葉植物オーガスタでもでてきます。調べて見てください。>オーガスタ・ストレリチアです。観葉バナナですね。
https://shopping.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%8…>ストレリチアの「オーガスタ」だと思うが。
かなり大きくなるので、肥料はやらないほうが良いかも。>

先日観葉植物を頂きました。
小さな葉が沢山出て細くツルのように伸びてくるのかな…

先日観葉植物を頂きました。
小さな葉が沢山出て細くツルのように伸びてくるのかなと思っていましたが、葉が鮮やかな黄緑からカラカラの深緑へと変わってきました。
これは水が足りないのでしょうか?水のあげすぎでしょうか?観葉植物の名前も分からずどうしていいかわかりません。

>観葉植物の名前も分からずどうしていいかわかりませんayapiiiii11さん文章で一生懸命・説明されるより、画像1枚貼ってくれた方が、私たち回答者にとってははるかに答えやすいです。
皆さんはご自身のしたこと”しか文章にできませんが、画像はすべきではなかったこと”や足りなかったこと”・あるいはしてほしかったこと”など、皆さんが文章にしなかった/できなかった部分を我々回答者に伝えてくれるからです。
この返信ボックス↓の左上↑アイコンの真下の「太陽と山のマーク」をクリックしてください。
すると↓真下にアップロードボックスが出てきますから、画像を指定して送信です・^^v/

写真があると回答も付きやすいですし、名前も分り易いし、調べやすいですよ。>写真をアップされると回答が付きやすいですよ。>

植物は光合成で二酸化炭素を吸収し、酸素を出し、呼吸では酸素を吸収し、二酸化炭…

植物は光合成で二酸化炭素を吸収し、酸素を出し、呼吸では酸素を吸収し、二酸化炭素を出していますが、これらは全て空気中に出ているのか、植物体内で循環しているのかどっちですか?またそうなる理由も教えてください

「気孔」が閉じている間は植物の細胞質内に蓄えられておるじゃろうな。
https://jspp.org/hiroba/essay/kinoshita.html

植物プランクトンが大量発生するとそれらの死骸により赤潮となり海面に太陽の光が…

植物プランクトンが大量発生するとそれらの死骸により赤潮となり海面に太陽の光が届かなくなりますが、大量の植物プランクトンは太陽の光と二酸化炭素を吸収して酸素を放出するため、二酸化炭素削減には良い案じゃないのですか?

ご質問内容は大変良い視点だと思います。
大量の植物プランクトンが光合成により二酸化炭素を吸収するのはその通りです。
ただ、重要な点として、吸収した二酸化炭素を長期間に渡って大気に戻さないということが必要になります。
例えば、樹木が光合成で二酸化炭素を吸収・固定しても、燃やしてしまえば大気に戻ってしまいます。
外洋の場合、植物プランクトンの死骸はマリンスノーとなり沈んで深海に運ばれます。
そうすると数百年から数千年は二酸化炭素が隔離されることになります。
一方、赤潮は多くの場合、沿岸の浅い場所で起こるので、死骸となって海底にたまったものも次の年、あるいは数年のうちに戻ってきてしまうので二酸化炭素の隔離という意味ではあまり効果が無いということになります。
なにより漁業などへの被害が大きいので問題とされています。
それならば外洋でプランクトンを増やせばいいじゃないということになり、地球工学の分野では人工的に植物プランクトンを増やす取り組みなども行われています(海洋鉄散布参照)が、人工的に増やした場合に他の生態系への影響は予期できませんので、現在はロンドン条約で商業的な取り組みは禁止されています。
以上、ご参考になれば幸いです>それらの死骸により赤潮となり植物プランクトンの大量発生自体が赤潮かと思います。

植物や動物について勉強をしたいのですが、

植物や動物について勉強をしたいのですが、植物のほぼ全種類、動物のほぼ全種類載っている本やサイトなどはありますか?あれば教えて頂きたいです。
別々でも大丈夫です。

植物図鑑には定番があります。
それは『牧野新日本植物図鑑』牧野富太郎監修です。
この図鑑は原色版やポケット版など何種類かありますので、アマゾンでお調べになると良いでしょう。
その時は、著者名の「牧野富太郎」で調べると、偉大な植物学者の図鑑以外の著書も出てきますので、参考になる本もあることと思われます。

有難うございます>